東金東クラブ (旧東金東サンダース)ブログ

2015から東金東サンダースと豊成ビクトリーズは、登録名を東金東クラブに変更しました。

日報杯山武郡市予選 初戦  

千葉日報・関東学童山武郡市予選一回戦
〇6x-5 九十九里Jrオーシャン

日報杯と関東学童の予選が一緒になって三年目でしょうか?
県大会まで通じる大会が減ってしまい
春先にろうきん以外の成績が決まってしまうので世代交代をどのように進めていくかが勝負になってしまいます。

初戦の相手は、盟友九十九里さん
練習試合の時は、人数的にも相当苦労されているという印象でしたがここに来て新戦力が加わり
チームとしてのまとまりも出て来ているように思いました。

この試合は、流れが相手に行ったりこっちに行ったりで最後までもつれる展開でした。
初回ツーアウトランナー無しから先制を許し最初に主導権を握ったのは九十九里さん
二回に長打を絡めて逆転した後は、終始こちらに流れがありました。

この試合は、結構 難しい采配が必要な試合でしたが一三塁から失点覚悟の盗塁阻止と
大事な場面でのスチール 根拠がある中での作戦でしたが失敗していれば完全に監督の責任だったと思います。

6回終わってあと2分という所で5-3で最終回に入ります。
6回の守備で三者凡退に抑えられればほぼ勝てると思っていましたがランナーを出してしまったので最悪、同点
ミスが出れば逆転まであるかなと思っていましたが悪い予感的中で同点に追いつかれます。

ここからは特別ルールに入った時を意識して戦いますが何とか裏の攻撃で一点もぎ取りサヨナラで準々決勝に進む事が出来ました。
公式戦なので一番大事なのは結果・・・良く勝ちきってくれたと思います。
負けていれば立ち直るのに相当苦労したと思います。

それ以上に成長した部分というか・・・守備の要の選手にうまく伝えられていなかったがずっと気になっているプレーが有って
そのプレーをきっかけに最終回同点に追いつかれてしまいました。

かなり、きつい言い方をしたと思うのですがあの場面であの言葉をかけられた事でかなり印象に残ってくれていると思います。
練習等で10回言うよりもあの場面で言った事に意味があってきっと変わってくれると思います。
きっと、中学高校でも野球を続けてくれる選手だと思います。上でやるには、ここだけは直さなければいけない部分なので一緒に直せるよう頑張って欲しいと思います。

この選手とは別の選手ですが試合後に少し練習を行いこの日は解散したのですがもう日も傾いた頃、用事がありホームグランドに行った所、
まさかと思いましたが練習している選手がいました・・・まだ低学年ですが上手くなる訳だよな・・・野球が好き 上手くなりたいとはこういう事
こんな選手がうちのチームに居てくれている事をとても嬉しく思いました。
スポンサーサイト

Posted on 2017/04/24 Mon. 09:45 [edit]

category: 2017

tb: 0   cm: 0

春季南総大会開幕  

春季南総大会 一回戦

●1-7 辰巳ハニーズ

昨年は準優勝させて頂いた春季南総大会の開会式及び一回戦を戦ってきました。
相手は、ここ数年これでもかという位当たっている辰巳さん
毎年、練習試合もやらせて頂きとても親交のあるチームです。

今年も全日本学童予選の決勝まで進んでいますが惜しくも一点差で敗戦してしまったとの事です。

試合の方ですが正直、もったいない試合だったという印象です。
力の差は有り、なんとかロースコアで終盤にいってあとは、勝負のあやのような物がこちらに味方してくれるという展開で無いと
勝つチャンスは無いかなと思っていました。

二点先制された場面は不運なあたりが続いたのでこれは仕方なかったですが
何とか1点返して1-2で迎えた中盤の5失点 ツーアウト3塁からのエラーでそこから崩れてしまいました。
あそこを守れれば終盤もしかしたかも知れませんね。

大事な所でミスしない為に練習してミスが無いチームが勝ちあがっていくこれが出来るようになるのが
強くなったという事でこれが出来ないのだから実力不足・・・ここはこれで仕方なかったと思っています。

しかし、ミスした後 どういう気持ちでプレーするか・・・今日の試合も取り返すチャンスがありましたが
そういう気持ちが見えませんでしたのでその選手には公式戦の試合中では有りますがきつく叱りました。

今年のチームでは間違いなくチームを引っ張る立場の選手ですので代償は大きかったですがこの試合をきっかけに変わってくれると信じます。

この試合のあとは小学校に戻り 個人個人 課題と思っている部分の練習をしました。

練習の手応えというのがあるのですが前日の練習は、とても手応えが無かったです。
試合後の練習は、かなり手応えが有りました。
課題ごとに分かれて練習するには沢山スタッフが必要ですが皆さんよく協力してくれているので助かっています。

来週には、千葉日報の予選が始まります。
一年の1/3 がもう終わりました。
6年生に残されている時間は、ろうきんで県大会に行けなければもう5か月も有りません。

悔いの残らないようにここからもっともっと頑張って欲しいと思います。

Posted on 2017/04/17 Mon. 09:45 [edit]

category: 2017

tb: 0   cm: 0

天候  

ここの所、天候が悪く練習試合も流れ・・・なかなか思うようにチーム強化出来ていないといった状況です。
先週の日曜日は、試合出来る天候だったのですがチームレクと重なってしまいました。
・・・とは言え チームワークを高めるためにもレクの類は必要だと思っているのとこういうのも含めて少年野球なので
選手達が楽しそうにしている姿を見れたので良かったと思います。
朝早くから準備くださった保護者会の皆様、お疲れ様でした。

立て続けにレクの話ですが・・・始業式の後にマリンスタジアムに試合観戦&フィールドキャッチボールイベントが有り
参加してきました。

憧れの球場・・・ここで昨年試合をした事が遠い昔のように思えます。

今週は、抽選が二つありました。

ひとつめは、昨年準優勝した南総大会・・・これでもかという位 厳しいブロックに入りました。
一回戦の辰巳さんとはここ二年で本当に良くこの大会で当たっています。
今春も練習試合をさせて頂き、力の差をとても感じました。
どこまで喰らいつけるか・・・チームが変るきっかけになってくれればと思います。

二つ目は、日報・関東学童予選 こちらは一回戦で盟友との対戦となります。
この大会が終わると6年生にとっての連盟の公式戦は、ろうきんだけになります。
一戦一戦大事に戦って欲しいと思います。



Posted on 2017/04/10 Mon. 17:58 [edit]

category: 2017

tb: 0   cm: 0

全日本学童山武郡市予選終戦・・・  

3/18 全日本学童山武郡市予選 準々決勝

●7-4 城西・白里連合

3/19 練習試合

〇8-2 九十九里Jr オーシャン(A戦)
〇8-2 九十九里Jr オーシャン(A戦)

今年は、祝日が土曜日と重なっている日が多く連休が少ない中、数少ない三連休の初日
全日本学童山武郡市予選を戦いました。

翌日の練習試合と3/20は、TOSHO杯の役員としての仕事があったので忙しかったです。

まず全日本学童山武郡市予選 相手は、先週も書きましたが低学年の頃から連合していた
城西・白里さんと5年生以下で連合していた城西さんです。

力の差は有りますのでどこまで喰らいついていけるかというのが戦前の予想でした。
初回に先制してすぐに追いつかれてしまいます。

2回に不運なあたりと四球が絡み下位打線でアウトを取る事が出来なく上位に回してしまい
一挙、4失点・・・このパターンがあると非常につらいのですがそこからは良く粘ったと思います。

しかし、中盤に2点加点され万事休す・・・どうやったら逆転出来るか常に考えていましたがどうしても
下位打線の部分で繋がりがなく3点差以上の逆転は厳しいなという所での追加点だったので非常に痛かったです。

しかし、コールドにならずに7回まで行き最終回の攻撃・・・やっとチームがひとつになれたというか
これが東金東の野球という攻撃を展開します。

3点返し尚もツーアウト満塁で長打が出れば同点 という所まで行きますが最後はライトゴロでゲームセットでした。
ずっとあのテンションで攻撃というのは難しいですがベンチの雰囲気や選手の気持ち先輩達がやってきた野球に負けない雰囲気を最後に作れたと思います。

まだまだ、未熟なチームですが一個ずつ階段を登れているいると思います。
ただ、他も成長するので同じスピードで成長しても追いつけないという話を試合後にしました。
課題は、はっきりしているのでこれからどこまで本気で選手達が取り組めるか奮起してくれる事を信じています。

続いて九十九里さんから申し込みがあり練習試合を行いました。

昨日の雰囲気を忘れずに・・・まぁ 出来なかったかですね・・・
言われれば出来る事も自分達では出来ない 変ろうという意識が無い・・・一部の選手だけが一生懸命・・・
私が本気で伝えられてなかった部分もあるのかなと反省していますが・・・・ちょっとひどかったです。

よし一歩進んだぞと思うとまた元に戻って・・・慣れてはいますが成長するというのは本当に難しいです。
言い続けるしか無いので出来るまで言い続けたいと思います。

最後にTOSHO杯の結果です。

優勝:豊田キッドシャークス
準優勝:豊畑スポーツ少年団
三位:八日市場スポーツ少年団

という結果でした。

準決勝はレベルの高い白熱した試合をみさせて頂きました。
閉会式まで残りたかったのですがここで役員やっている場合では無いなという事で先輩達に任せて練習に戻りました。

やっぱり準決勝・決勝に残らないとダメですね。。。 頑張りましょう。

Posted on 2017/03/21 Tue. 10:27 [edit]

category: 2017

tb: 0   cm: 0

全日本学童山武郡市予選開幕  

全日本学童山武郡市予選

一回戦

○20-8 東金ジュニアーズ

昨年チームとして最大の目標にしていた大会 全日本学童予選が開幕しました。
全国一万5千チーム参加の国内最大のトーナメントと言われていましたが今は、1万2千チーム位の参加のようです。

これでも大変な規模ですがわずか5年の間に急激にチーム数が減っています。
小子化の影響は、もちろんあるのですが野球をやる子供、スポーツをやる子供の減少は歯止めが効いていないようです。
チームでも色々、工夫はしていますが単独チームで出来る事は限られている・・・という現実はありますがやるしかないですね。

東金市としても最大7チーム有りましたが昨年は、二チームまで減りましたが新規チームとして昨年の新人戦から出場している
東金ジュニアーズさんとの対戦になりました。

初回に幸先良く3点先制します。
新チームでの練習試合、TOSHO杯等を通じて守備に関してはある程度、自信もついてきていたので3点あれば優位に進める事が
出来るだろうと思っていました・・・

前日練習、当日のノックでも安定感が有りこのチームは守備は、及第点まで来たのでもう一段上の事を大会後に教えて行けるかなとも思っていました・・・

しかし、この試合 なぜかとても緊張していたようで練習でも見た事ないようなエラーを連発していきます・・・そしていつも踏ん張る所でタイムリーを
浴びと初回に同点に追いつかれ・・・そして二回に5点差をつけれれと散々でした。

公式戦なので本来は、落ち着かせる為にマウンドにも行きますが今日は敢えて行きませんでした。
ここまで経験出来ないような経験をしているんだから自分達で乗り越えられるか見て見たかったと言う気持ちが強かったです。

この点差を逆転するには、7回までやれば出来ると思っていましたが、時間があるのでこの時点で行っても5回までかなと・・・下手したら4回・・・
そうなると3回の表の攻撃 ここで同点に追いつかなければ焦りから苦しくなるかなと思いましたが3回に全員で繋ぎ一挙に逆転してからは、
ようやく守備も落ち着きを取り戻し終わってみれば大差での勝利というゲームでした。

同じ市内のチームという事で同じ小学校から敵味方に分かれている選手もいるのですが良い所見せよう、絶対負けたくない 
こういう部分が緊張に繋がり序盤のバタバタになったようです。

試合前に、練習以上の事をやろうとしても出来ない練習した事を100%出す・・これを今日の試合の目標にしようと言っていたのですが全く裏目に・・・

とは言っても公式戦 勝つ事が一番大事です。
そして、5点差を逆転して勝った・・・なかなか出来る経験では有りません・・・今日の試合の経験を次に活かしていければそれで良いと思います。

さて、次戦はまた同じ市内の城西さんと白里さんの連合チームが相手です。
うちを含めたこの三チームは、低学年の時は連合していましたし城西さんとは5年生チームでも連合でした。
またまた複雑な相手との対戦になりますがうちの6年生二人が意地を見せられるか勝機があるとしたらここだと思います。

まずは、チーム最初の目標 公式戦一勝・・・小さな一歩ですが前に進む事が出来ました。
次の目標に向かってがんばろう!

Posted on 2017/03/13 Mon. 09:55 [edit]

category: 2017

tb: 0   cm: 0

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード


▲Page top