東金東クラブ (旧東金東サンダース)ブログ

2015から東金東サンダースと豊成ビクトリーズは、登録名を東金東クラブに変更しました。

卒部式  

12月23日

卒部式が行われました。
昨年も参加しましたが、サンダースの卒部式は本当に感動するイベントです。
保護者の方もこれがあるから最後まで何とか続けさせたいと思う方もいるかと思います。

2012 卒部式
午前中 親子での野球対決

母親の顔面に当ててしまう子、父親に全力投球で向かって行く子、色々いましたが
今年の6年生のお母さんは、本当に明るく最後までやじってくれました・・・

6年生チームリードで迎えた最終回・・・大人げなく?大逆転で大人の面子も保てました。
しかし、「今後の指揮に影響しますよ~」って野次?応援?は、すごいプレッシャーだったのですが・・・
今後のも考えて本気で打たしてもらいました

最後は、監督対選手 ・・・全員 三振だったと思います。 
打ち返せるもんなら打ち返して見ろ!とボールに書いてあるような気がしました。


そして、午後からいよいよ卒部式です。
代表、監督、コーチの挨拶・・・選手への想いが伝わってきて小さい頃からこの子達を
ずっと見てきたからこその暖かい言葉の数々に高学年スタッフの方達の想いが伝わってきました。

自分もそうですが、グランドにいる時、選手達は本当に我が子のように思えます。
一年しか見ていない自分がそうなので長い間見てきた高学年スタッフの方達にとっては、
本当の親子以上の感覚があるように思えます。

そして、本当のお父さん、お母さん、おばあちゃんへの手紙・・・
自分と重ねてしまい涙を堪える事は出来ませんでした。
本人は、大マジですが涙の卒部式会場を爆笑させてくれたT君の挨拶は一生忘れないでしょう

自分的にも本当に色々、あった一年でしたが6年生との思い出の備忘録として
皆にメッセージです。(子供は見ないか・・・

T.M君
皆に一番上手くなったのはTだと言われてましたね。
おまえの凄い所はどんなに怒られてもいじけず、へこたれず、向かって行く前向きな所だと思います。
それは、すごい才能なのでこれからも努力を忘れずに中学では、打倒東金東で頑張って下さい。

K.M君
6年生になってめきめき上手くなっていったと思います。最後はクリーンナップを任せられるまでに
ミート力やバントの上手さは、チームでも一番、2番だったと思います。
もっともっと、自分に自信を持って中学に行っても頑張ってください。あと、集中な集中!

K.I君
怪我の期間が長くてこのまま辞めちゃうんじゃないかと心配もした時期もあったけど労金に間に合って本当に良かったです。
試合でも練習でも元気一杯にプレーする所と人懐っこい性格でいじられている姿はとても好きでした。
勉強も野球もどちらでも一番になれるように文武両道で中学でも頑張って下さい。

R.K君
いつも元気一杯、誰よりも声を出して誰よりも野球を楽しんでいましたね。
「野球小僧」 おまえみたいな選手を育てたくて指導者になったようなもんです。
体は、小さくても守備の上手さは、十分上でも通用すると思います。
いつまでも、野球が大好きなRで上に行っても頑張って下さい。 大好きなお母さんを大切に!

K.K君
自分とほぼ一緒に入部したK 腹の中ではどう思っているか分かんないけどどんなに味方がエラーしても
どんなにチームがボロ負けしても表情ひとつ変えずに淡々と投げる姿は、大人から見ても感心させられました。
尊敬するお父さんを抜く日もそう遠くないと思います。 飛び抜けて運動神経が良いという訳でもないのに
野球があれだけ上手いのは誰よりも努力したからだと思います。
これからも努力する事の大切さを忘れずに偉大なお父さんを追い越して下さい。

Y.S君
同じポジションという事もあって唯一、技術的な指導をした6年生だと思います。
肩の強さもキャッチングも小学生離れしていると思います。 自分も長い間、野球をやってきて
何人も才能に恵まれているのに伸びない選手を見てきました。 おまえのように才能がある選手が
努力する事を覚えれば物凄い選手になると思います。 きっと中学に行って厳しい先生の指導についていけないと
思う時があるかも知れないけど諦めずに歯を食いしばって上を目指して頑張って下さい。
上手くなったYの姿を見るのを楽しみにしています。

S.T君
いつもハスキー?なのか通らない声を一生懸命出しているのが印象的でした。
キャプテンとして怒られ役で下の子の面倒も良く見てそして素直でとても良いキャプテンでした。
骨折しながらヒットを打った根性や怪我で試合に出れなくてもベンチで誰よりも大きな声で応援して
チームを鼓舞していた姿は忘れません。陸上部に入っちゃうかなとも本気で心配しましたが野球を続けてくれるようなので
大好きなピッチャーを出来るように頑張って下さい。


上に行ってもサンダースに遊びに来てくれたら嬉しいです。
上手くなった姿を是非、見せに来て下さい!!




スポンサーサイト

Posted on 2012/12/26 Wed. 12:05 [edit]

category: 2012

tb: 0   cm: 0

千葉ロッテ野球教室  

12/8(土) 東金アリーナにて千葉ロッテ野球教室が有りました。

家徳グランドにて千葉ロッテJr のコーチによる実技指導、
アリーナの武道館にて福浦選手、早坂選手、大嶺選手による質問・サイン会が実施されました。

自分の家から家徳グランドが見えるのですが大風の中、朝10時くらいから
準備してくれていていました。
今回の会を開催して頂いたナミカワ不動産販売の関係者の皆様ありがとうございました。

子供達の夢はプロ野球選手になる事という子が多いと思います。
そんなプロの選手と直に触れ合う機会は、子供達にとっては、夢のような時間だったと思います。

福浦選手は、ご存じのように習志野高校出身です。

自分と同学年で高校時代に練習試合をした事が有ります。
残念ながら福浦選手は怪我で、試合には出ていませんでしたが2番手投手(和泉君)も
球速とキレが有り何よりとてもコントロールが良かったのを覚えています。

0-1 で負けてしまいましたが小さい頃からテレビで見ていた石井監督との対戦は、
練習試合の中でも特に印象に残っている試合でした。

自分は、30代から急激に体の衰えを感じていますが
同い年の選手がまだまだ現役プロとして試合に出ているのは、想像もつかないような努力をしているのだと思います。

子供達以上に自分も色んな意味でがんばろうと思った一日でした。

Posted on 2012/12/10 Mon. 13:00 [edit]

category: 2012

tb: 0   cm: 0

6年生 ありがとう!  

11/25

千葉市リトルシニア杯

● 0-9 大森フライヤーズ


6年生最後の試合となったシニア杯 残念ながら完敗でした。

南総大会が終わった後、新チームに切替て練習を行っていた為、練習不足だったのも影響したかも知れません。

6年生には申し訳なかったのですが、理解を示してくれた6年生の保護者の皆様、選手には感謝の気持ちでいっぱいです。

普通のチームより少しだけ早く始動出来た新チームは、恩に報いるためにも
結果を残せるよう精いっぱい頑張りましょう。

今年のチームは、正直、力はあったと思います。

私にとっては、はじめて、スタッフとしてやらせてもらった年の6年生。
直接技術的な指導をする機会は少なかったですが

人懐っこく、どんなに怒られても10分後にはケロッとしている切替の早さ
後輩の面倒をよく見ていた姿、そして元気一杯、楽しそうに野球をしていた姿を忘れません。

皆、それぞれ上で続ける子、違う道に進む子 それぞれの進路で頑張って欲しいと思います野球の技術以外にも、サンダースで学んだ事がこれからの人生で役立つ事がきっとあると思います。

卒団してもずっとサンダースのOBなのでいつでも遊びに来て欲しいと思います。

ありがとう、6年生のみんな!

Posted on 2012/11/26 Mon. 09:51 [edit]

category: 2012

tb: 0   cm: 0

はじめの一歩  

パラマウントカップ 2回戦

11/3
● 6-19 山武ブリスキーボーイズ

惨敗でした・・・ 

今の実力から言って仕方のない結果だと思います。

これがはじまりだと思っています。
基礎からしっかり諦めずにやって春までに良いチームに化けるよう練習をしていこうと思います。

普通の練習では、追いつけないと思います。
工夫して集中出来る練習メニューを考えていくつもりです。

負けた試合の後の練習は、皆集中出来ていたと思います。

選手には、言いました俺は諦めないし県大会に出るつもりだと・・・

選手もついてきてくれると言ってくれました。
はじめての年でどんな結果が出るのか自分のやり方が正しいのかは分かりません。

ただ、選手を信じて自分を信じて支えてくれるスタッフを信じてやっていくしか無いので
自分の正しいと思っているやり方で最後に悔いの残らないようにやり遂げようと思います。

11/3 の午後から東小でやった練習が自分にとってのはじめの一歩だと思います。

これから先、色んな事があって色々、悩むとは思いますが自分が少年野球で教えたかった事、
教えたい事というのは、指導者である限り忘れずに原点として自分らしく指導していこうと思います。





Posted on 2012/11/04 Sun. 19:01 [edit]

category: 2012

tb: 0   cm: 0

Cチーム 最終戦  

horikawa.jpg
10/28 現Cチームとしては、最後の試合となったホリカワ杯が行われました。

予報は悪かったのですが何とか3試合消化し無事に終了しました。
朝早くから準備して下さり素晴らしい試合をさせてくれた大会関係者の皆様、本当にありがとうございました。

準決勝
○6-3 八街ジャガーズ

決勝
●11-12 交信・泉台連合


まず、準決勝相変わらず、守りのミスは出てしまった物のバッテリー中心に良く抑えました。
初回の盗塁阻止がとても大きかったと思います。
取ってからの素早さ、送球の精度 4年生とは思ない位に素晴らしかったです。

相手投手は、球速、コントロールともに素晴らしかったのですが良く打って6点援護出来たのは成長の証だと思います。
バッティングに比重を置いて練習をしてきた事がそのまま出た試合のようにも思えました。

また、この試合 第一試合で惜しくもサヨナラ負けしてしまった豊成の子供達が一生懸命応援してくれたのは
とても心強く嬉しかったです。(ありがとう!)

そして泣いても笑っても最後の試合 決勝戦です。

5-12 で迎えた4回 ・・・試合時間から考えて最後の攻撃です。
7点差・・・8点取ってこいとの監督の言葉に選手は10点取るぞ!と…頼もしくなりました。

1点、2点、3点、4点 ・・・余裕があった相手チームも明らかに焦りを感じます。
そして6点目・・・あと一点 尚もツーアウト満塁 バッターはチームの首位打者、主将のY君
走者一掃のスリーベースをイメージしました。

しかし、バッテリーエラーの間に3塁ランナーが突っ込み 本塁憤死・・・試合終了です。

とても悔しかったですが積極的に前の塁を狙えと教えて来たのでこの走塁死は、選手を責める事は出来ない
走塁でした。 良くやりました。

本当は、手放しで褒めてあげたかったのですが、立場上、次を見て悔しいで終わらしてはダメだぞと
言う事しか出来なかったのは辛かったですがこの子達は、まだまだ上を目指せるポテンシャルを秘めているので
この試合の悔しさを忘れずにこれからも頑張って欲しいと思います。

この大会の最後の気迫、攻撃は忘れません。 
そして1点差を勝てるチームを作って行きたいと思います。

春季南総大会での大敗、ロッテ旗での主力の怪我、山武郡市野球大会での惜敗、秋季南総大会での思わぬ形での敗戦
本当に色々な事があった一年間でした。

スタッフ同士でも何とかしよう、何とか勝たせてやりたいという思いから活発に意見を交わしたチームでも有りました。

選手同士でも勝ちにこだわる子、楽しくやりたい子、色々温度差があったと思います。

しかし、今日の試合は全員が何とか優勝しようと思ってプレーしてくれたと思います。
そして、何より真剣勝負でしか味わえない「野球って面白いな」という感覚を得てくれたと思います。
監督、コーチ、保護者の方、一年間 ありがとうございました。
そして、このチームで達成できなかった沢山の事を高学年に行って達成できるようまた三位一体 全員野球で頑張りましょう。


追伸:
ブログの方ですが、基本的に毎試合 欠かさず更新してきましたが日曜日に保護者会でも承認頂きまして
来年よりサンダースの監督をやらせて頂く事になりました。

責任ある立場なのでブログはこのC戦で辞めようとも思ったのですが、自分らしさというのもあるので
全試合は更新しませんが今後も続けて行こうと思います。

Posted on 2012/10/29 Mon. 22:35 [edit]

category: 2012

tb: 0   cm: 0

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード


▲Page top