東金東クラブ (旧東金東サンダース)ブログ

2015から東金東サンダースと豊成ビクトリーズは、登録名を東金東クラブに変更しました。

全日本学童と練習試合  

最近の試合結果

全日本学童山武郡市予選

山武ブリスキーボーイズ ● 0-4

練習試合

A戦 小轡ジュニアーズ ● 3-5
C戦 小轡ジュニアーズ ● 4-10

全日本学童残念ながら2回戦で敗退です。
私は、低学年の練習で試合を見には行けなかったのですが相手バッテリーは
相当レベルが高かったようです。

シードチームはさすがに力があるようですが、相手と同じ練習量では差は埋まらないので
選手個人、個人が今回の敗戦の悔しさを忘れずに上手くなるにはどうすれば良いのか考えて
今後の練習に取り組んで欲しいです。

練習試合でC戦も組んで頂けました。

前回もそうですが初回の入り方が悪く点差がついてしまいました。
散々、練習した守備とくに送球で慌ててエラーし大量点に結び付けられてしまいました。

ただ、最近特に教えていた0ストライク、1ストライクの時は、打てる球を
積極的に振っていく、守備はエラーをしても良いから積極的に前に出る、リードを大きく取るは、
出来るようになった選手も多かったです。

全員でやらなければ意味が無いので何度も何度も諦めずに刷り込んで行きたいですね。

負けましたが実力的にはそんなに差は無いと思いますのでこれから一か月で最初に大会に
向けてまとめていけば結果も出てくると思います。

最後に待望の低学年新入部員候補君が体験で来てくれました。
一人増えるとレギュラー争いも熾烈になってきますので是非、正式入部してくれる事を
願っています



スポンサーサイト

Posted on 2012/03/26 Mon. 17:04 [edit]

category: 2012

tb: 0   cm: 0

公式戦開幕  

全日本学童山武郡市予選 一回戦を応援してきました。

白里ウエーブ 9-4 〇

低学年も試合を見学する事で守備体系や声の出し方などを
学んで欲しいという思いでこの日は、午後練習を試合応援とする事になりました。

子供達に解説付きで応援する予定でしたが雨が時折、降っていたため、
屋根があるスタンド部分で応援していて狭かったので解説はほとんど出来なかったです。

というのは、言い訳で白熱する試合展開についつい見入ってしまいました

試合は、ミスから2点先制されて重苦しい雰囲気で進みましたが
何とか中盤で逆転、追加点と入り9-4で勝つ事が出来ました

相手の白里ウエーブさんには、新人戦、練習試合と連敗しているので
何とかリベンジを果たす事が出来ました

結果的には点差がつきましたが、試合を通してどちらに転んでもおかしくない展開でした。
こういう時は、ビックプレーで流れが決まってしまう事も多いですが先にビックプレーが
飛び出したのは、白里さんでツーアウト満塁から右中間へのライナーをジャンプ一番で好捕されました

抜けていれば、試合が決まる場面だったので流れが相手に行くかなと思いましたが
その後、バッテリー中心に踏ん張り何とか後半の大量点につなげる事が出来ました。

この辺は、精神力があるなと思った場面でした。
特に、ワイルドピッチ、パスボールが無く盗塁も二つ刺してランナーを簡単に進ませなかった所が
守備面では、大きかったと思います。

ただ、ミスも多い試合だったので、次の試合は、自分達の力を十分に発揮出来るよう
頑張って欲しいです

Posted on 2012/03/19 Mon. 13:02 [edit]

category: 2012

tb: 0   cm: 0

練習試合 3.11  

vs 九十九里パイレーツA戦 12-4 〇
vs 九十九里パイレーツC戦 5-12 ●

先週の金曜日から降り続いた雨の為、土曜日に予定されていた
八日市場中央さんとの練習試合は中止となりました。

C戦に限って言うとこれで3試合連続で中止・・・

誰か雨男でも居るんですかね~と話していた所、
去年までは、こんな事無かったとの事でした。

ん? 去年は居なくて、今年からコーチになったのは・・・私しか居ません

自称、晴れ男ですのでこの話は気にしない事にします

日曜日は、C戦組まれていなかったのですが、パイレーツさんC戦可能との事で
急遽、C戦も組んで頂けました

低学年チームもようやく、実戦です!!

待望のチーム初ヒットは、三遊間に綺麗な流し打ちでした。
打ったのは、いつも大きな声で練習を盛り上げている一年生のS君!!

何か持ってるなとは思っていましたが、やっぱり持っていますね~
1年間、頑張った成果です、練習は嘘つかないのでこれからも頑張りましょう!

試合の方ですが、高学年は先制されてからの逆転勝ち

じっくりは、見ていませんが下位打線の所でツーアウトからヒット⇒盗塁⇒エンドランで
一点取った場面は、良い攻撃だったと思います。

低学年は、逆に先制してからの逆転負け

今日の試合、高学年もそうでしたが立ち上がりに慌ててしまって大量点を取られています。
プロでも難しい立ち上がりですから仕方の無い部分もあると思いますがいかに平常心で
試合に入っていけるかも今後の大きな課題の一つだと感じました。

逆に同じ小学生、初回は大量点のチャンスですね。

一番バッターのプレッシャーの掛け方含めどのような攻撃が良いのかは低学年の試合を
勝って行くには、重要になってくるかなと思います。

ちなみに、私も高校時代は一番バッターでしたが初球から打って行くタイプでした。
逆に守っている時に、一番バッターにじっくり粘られるのは非常に嫌でした

今、思うと後者の方が良いのかなと思いますが積極性が無くなるのもなと思うと難しい所です。
機会があれば低学年コーチ陣で話してみたいと思います。

高学年の方はいよいよ、今週末から全日本学童の予選です。
力は有ると思いますので、精神面で負けないよう頑張って欲しい所です。

初戦は、低学年も応援に行く事になったので、場面場面での守備体系などを解説しながら
応援したいと思います。

練習で教えた事、理解してなかったようなので・・・

Posted on 2012/03/12 Mon. 14:24 [edit]

category: 2012

tb: 0   cm: 0

練習試合 3/3 3/4  

3/3、3/4に白里ウェーブさん、交進ジュニアさんと練習試合を行いました。

結果

白里ウェーブ 4-5 ●
白里ウェーブ 12-10 〇

交進ジュニアクラブ 12-1 〇
交進ジュニアクラブ 9-4 〇

3/4 の交進ジュニアクラブさんとの試合をじっくり2塁後方の特等席から観戦出来ました
個人的な感想は、よく声が出ているなと思いました。

映画化もされた「もしも、ドラッガーが・・・」という本を読んだ事が有るのですが著書の中で
「四球を出したい投手はいない」というような件があります。

基本的に投手自身が誰よりも、四死球を出したくないという内容です。
だから、ストライクが入らない時に「打たせろー」とか「バックを信頼して」とかの掛け声は、
投手にとっては、打たせたくないからとか信頼してないから四球を出しているのでは無いので返って「辛い」というような内容だったと思います。

Levelが高くなるに連れて駆け引きの中で四球を出したり、四球覚悟でコースを突いて勝負するという場面は出てくると思いますが基本的に小学生には、「もしドラ」の話はまるまる当てはまるように思えます。

こんな話もあって、特に捕手は常に投手の味方で投手が気持ちよく投げられるように声を掛けるんだよと
教えた事が有ります。それを覚えていてくれたのかは、別として今日の試合でのS君の声の掛け方は、
投手に自信を持たせる言葉ばかりでとても良かったと思います

結果としてチーム全体の雰囲気が良くなり捕手を中心にチーム全体に良く声が回っているなと感じました。
意味の無い声でも出さないよりは、良いですが意味のある声を多く出してチーム全体で投手を盛り上げて
いる雰囲気は、とても良いチームに見えました

捕手出身の私としては、変化球の無い少年野球では「声のリード」が重要だなと再認識した試合でした。







Posted on 2012/03/05 Mon. 14:26 [edit]

category: 2012

tb: 0   cm: 0

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード


▲Page top