東金東クラブ (旧東金東サンダース)ブログ

2015から東金東サンダースと豊成ビクトリーズは、登録名を東金東クラブに変更しました。

N・B・G・P 少年野球大会  

N・B・G・P少年野球大会 準決勝
● 2-17 城西クラブ

N・B・G・P少年野球大会 3位決定戦
○ 10-9 豊成ビクトリーズ

練習試合 C戦
● 2-3 豊田キッドシャークス
● 5-14 一宮少年野球クラブ

今日は、低学年がC戦 W
高学年は、B・G・P・G 少年野球大会の準決勝とスタッフ総動員で
とても忙しい日曜日となりました。

保護者、スタッフの皆様、お疲れ様でした。

高学年は、お隣の強豪 城西クラブとの準決勝でまさかの大敗・・・
しかし、続く3位決定戦、千葉日報の準々決勝で惜敗したやはりお隣のライバル豊成にリベンジを果たし
第3位と今シーズンはじめてのタイトルを勝ち取りました。

試合内容を聞く限り、とても手放しで喜べるような内容では無かったようですが、
同じ相手に連敗せずに勝って、3位という結果を残した事は褒めてあげて良いかと思います・・・
特にこのブログでも散々、奮起して欲しいと触れてきた5年生、大活躍だったようです。

帰り間際に、5年生と6年生に試合内容を聞いた所、「ツーベースとスリーベース打ちました、盗塁も刺しました」
「満塁で外角高めのをライトに・・・!」「デットボール 3つ当たりました!・・・」嬉しそうに話してくれました。

私は、低学年のコーチなので直接、指導する機会はほとんど有りませんが、
勝った後に子供たちが話してくれるイキイキした顔を見るとサンダーズのスタッフに加えてもらって
良かったなと思う瞬間です。

上を目指していくには、内容に拘り、常に試合の中から課題を見つけ課題を克服していくしか無い訳ですが、
精神面で強くなるには、やはり勝利はとても重要な要素だと思います。

今日の試合では、「完全に失われそうになった自信」「まだやれるという気持ち」と入り混じって
複雑だったと思いますが、最低限の結果を残した事を自信に大敗した事の悔しさをバネに次の大会に
向けて練習頑張りましょう。


続いて低学年の2試合です。

一試合目は、コーチとして2試合目は バックネット前方「超特等席」での観戦となりました。
一試合目、先発、リリーフは良く投げたと思います。

打つ方も当たりが出てきましたが、1点を追う4回 無死2塁3塁で連続スクイズ失敗・・・
打順は、下位打線だったのですが、ここは何とかしないといけない場面でした。
ヒットを打つのは練習だけでは、難しいかも知れません、だけどバントは練習と気持ちで何とかなる物だと思っています。
特にスクイズは、私はバントの中でも一番 簡単だと思っています。

下位打線で点が取れる形を作っていかないと同じ位の力の相手、力が上の相手には勝てません。
どうしてもバントが怖かったらトススクイズでも何でもランナー3塁で下位打線で点が取れる形を作っていく
必要性を感じました。 

この辺は、来週の練習で監督、コーチと相談、そして選手の気持ち(バント怖いのか)を聞いて練習していていきたいと思います。

2試合目も、両投手の出来自体は良かったと思います。
打つ方も、5点差から4連打?だったかな続いて一挙 4点を返した場面などは、バッティング練習を
沢山やっていた甲斐がありましたね

今日の試合 1番~5番まで皆、5番バッターのバットを使っています・・・(1試合目の打順で)
これだと打てると本気で思っているみたいです。
しかし、今日の当たりを見ていると確かにこのバットは!と思えます。(話題のバットでは無く、普通のバットです)

道具に頼ってはいけないのかも知れませんし、小学生の内からと賛否両論あるとは思いますが、
「あの道具なら~」ともやもやするよりは、言い訳出来ない状態で真向勝負させてあげたいというのも本音の部分では有ります。

バットの件は、今日ずいぶん話題になり、代表、監督で話し合って頂き、話題のバットを低学年、高学年に一本づつ用意して頂けるようです。
部員数も少なくなり、やりくりが大変な中、ありがとうございます。

脱線しましたが2試合目に戻りまして、最終回に7点取られて大差の敗戦となりました。
並木さんとやった時もそうでしたが、こうなると負の連鎖が止まりません。

内野ゴロひとつ、フライひとつをきちんとアウトにしていけば7点も一気に取られる事は無いのでもう一度、アウトひとつを丁寧に
必死に取る守備を鍛え直す必要があるかなと思います。

ただ、選手一人一人 今日の試合で悪かった事、良かった事を把握出来ているようですし、
要約、ポジション争いの意識が芽生えてきたようです

お互い、切磋琢磨してチーム力を上げていって欲しいと思います。







スポンサーサイト

Posted on 2012/06/25 Mon. 12:27 [edit]

category: 2012

tb: 0   cm: 2

N・B・G・P 少年野球大会  

N・B・G・P 野球大会一回戦

7-3 正気ジュニアーズ

練習試合 (C戦)

4-5 城西クラブ

今日は、前日の大雨でグランド状況が心配されましたが、高学年は第一回 N・B・G・P 野球大会の
一回戦、低学年は城西クラブさんとの練習試合と無事に行うことが出来ました。

朝、早くからグランド設営をして下さった、学芸高校野球部の皆様、城西クラブ関係者の皆様、ありがとうございました。

私は、低学年の試合に同行していた為、高学年の試合は見れませんでしたが試合内容はあまり良くなかったようですね・・・

千葉日報が終わってろうきんまで時間も有るので、モチベーションを保つのが難しい時期では有りますが
この時期に努力したチームが秋に嬉し涙を流せるチームなのだと思います。
県大会に出るチームは、レベルの高い試合をこれからどんどんこなして行きます。
普通に練習してるだけでは差がつく一方・・・もう一度、千葉日報で負けた悔しさを思い出して頑って欲しいと思います。

低学年の方ですが暫く試合が無かったのである程度は予想していましがミスも多かったですね。
試合開始直後は、声のかけ方が悪いなと気になりました。
野球は、一人では出来ないのでもっと仲間を助けてやる声のかけ方をして欲しいなと思いますし、そういうチームになって欲しいなと思います。

今日、それでも負けなかったのは、大きいし力はあるのだと思います。
明日も、二試合も組んでもらっているので子供らしく元気よく仲間と一緒に強くなるように成長して欲しいと思います



Posted on 2012/06/23 Sat. 20:20 [edit]

category: 2012

tb: 0   cm: 0

ああ、遥かなる・・・  

6/10 千葉日報山武郡市予選 準々決勝

 8-10 豊成ビクトリーズ

ライバル対決に相応しい試合内容だった思います。
2-7 からの逆転劇は見事でした。最後まで絶対勝てると思って見ていました。
それだけ、選手一人一人がたくましくなり、何とかしようとしているのがスタンドにも伝わってきました。
悪夢のような負け方をした関東学童から選手達とても成長したと思います。

レギュラーを3人も欠く中、代わりに出た選手が穴を埋め、遜色ないプレーをしたのでは無いでしょうか?
これから、ろうきんに向けてレギュラー争いも熾烈になってくると思います。

強いチームというのは、ベンチも充実しています。
試合に出れなくてもベンチに入れば、やれる事が沢山有ります。

バット引きひとつでも、きびきび出来ていれば「良いチームだな」と審判の心象もよくなるでしょう。
キャッチャーの防具の取り外しを手伝って上げられればキャッチャーの準備時間が長くなって良いプレーが出来るかも知れません。
良いプレーに大きな声で声を掛けてあげれば、選手がどんどん乗ってくるかも知れません。
頑張って、野球を勉強すればランナーコーチャーを一試合任してもらえるかも知れません。

正直、「よくやった」という気持ちと「勝たなければならない試合だった、勝てる試合だった」という気持ちが半々です。
気持ちの面では、負けなくなりました・・・次の大会まで一人一人が チームの為に考えて野球をして細かいミスを無くして
行けば必ず県大会に出れると思います。

4年生以下含め、最後の大会に向けて切磋琢磨し「持前の全員野球」で有終の美を飾って欲しいと思います。

PS: ロッテ旗の抽選があったのですが、南総に続き一回戦から優勝候補との対戦のようです。
簡単な相手では無いですが、決して勝てない相手では無いので低学年も高学年のような気迫を持って大会まで頑張りましょう。

Posted on 2012/06/11 Mon. 11:11 [edit]

category: 2012

tb: 0   cm: 0

決戦  

○ 福岡レッドパワーズ 11-2 (4回コールド)


松尾総合運動公園 ・・・ 比較的新しい球場です。
隣に小さな球場が残っていますが子供の頃、そちらで雨の中、県大会をかけて決勝戦を戦ったのを覚えています。

自分のチームのエースは故障していて、自分が先発して負けてしまいました。
相手は、曙コンドルサンズ・・・当時の東小のチームでとても速い球を投げるPが居て当時は化け物のように
見ていました・・・後のチームメイトで今も親友です。

さて、試合の方ですが今日は、小技中心に確実にチャンスをものにして安心して見てられる試合でした。
特にサード T君 ようやくお目覚めのようです。 送球のミスは有りましたが積極的な守備が出来るようになって、
一皮剥けたように感じました。 打線の中でもきっちり役割を果たし今後も期待しています。

投手の方は、調子自体は良かったと思います。 序盤は制球に苦しむ場面も有りましたが上手く修正出来たのでは
無いでしょうか? 特に松尾の場合、マウンドが低いのでどうしても前足に体重が乗らず上ずっているように見えました。
試合直前の投球練習でこの辺を修正出来るようになると立ち上がり安定してくると思います。

2番手のS君は、今日抜群でしたね。 殆どストライクで安定感が有りました。
K君とお互いに切磋琢磨してチーム力を引き上げて欲しいと思います。

いよいよ、今週の土曜日は、準々決勝 です。
相手は、シードチームの豊成・・・中学校で野球部に入ると一緒のチームになるお隣の好敵手です。
今は、県でも屈指の強豪チームになった現中3世代の先輩達もお互い切磋琢磨して数々の激戦を繰り広げたと聞いています。

先輩達の思い、保護者の方々の思い、指導者の思い、怪我で出れない仲間の思い、
悲願の県大会出場に向けて絶対に負けられない大一番です。
何度も何度も言っていますが最後は気持ちです。 
戦う闘志を持ってチーム一丸で悔いの無いように最初から全力で向かっていって欲しいです。
(余りに沢山の思いを背負わせるには、小学生の背中は小さ過ぎるか・・・)

今日の試合後の練習を見ていると、春先の良かった頃の雰囲気に戻ってきています。
(高学年の練習に見入ってしまって、Sサーン、Mさんと低学年の選手に呼ばれてしまう始末でした・・・反省)

精神的にも、技術的にも最高の状態で迎える準々決勝とても楽しみです・・・仕事で行けないのですが・・・

PS:
もう一つの思いが・・・代表の健康への思いもかかっているので皆がんばってね。
それから、H コーチ ご迷惑をお掛けいたしました

Posted on 2012/06/04 Mon. 09:35 [edit]

category: 2012

tb: 0   cm: 0

全員野球  

千葉日報一回戦

 6-0大網オリオン

大網オリオン ・・・昔からチーム名が変わっていない歴史あるチームだと思います。
(他は、成ファイ位でしょうか?)
昨年の練習試合では完敗、低学年の時の試合では、20点近く差をつけれたれていた相手との事です。

終わってみれば6対0の完勝でしたが、試合前は分が悪いかなと思っていました・・・すいません

今日の試合は、エラーが無かった訳では無いですが、皆、集中して良く守れていました。
物凄い、ファインプレーが出た訳では無いですが難しい打球を良く処理出来ていました。

個人的には、一塁後方のフライを交錯しながら取ったプレーと2アウト3塁で3塁寄りのバントを
アウトにしたプレーは、試合の流れを引き寄せたプレーだったと思います。
バッティングの方も、今までの鬱憤を晴らすかの如く、良く打ちました

今日の試合、選手は気持ちが入ったプレー、顔つきをしていました。
ベンチも声が良く出ていて皆で戦えたのではないでしょうか?
ベンチの声に乗せられて?実力をいかん無く発揮出来た事が完勝につながったと思っています。

試合に出たい・・・ベンチに入りたい・・・これからの野球人生、レベルが上がる程、
今は、当たり前のように出来ている事が出来なくなってきます。
今日の試合は、試合に出ている子も出れない子も一緒に戦う全員野球 が出来たナイスゲームでした!
明日の2回戦も、ベンチ、スタンド含め沢山の仲間が居る事を忘れずに必死に直向きに真摯に勝利を目指して
頑張って欲しいです

最後に、今日は久しぶりに保護者の方々の嬉しそうな顔を見れて嬉しかったです
県大会出場を勝ちっとって是非、祝杯をあげたいですね

Posted on 2012/06/02 Sat. 20:34 [edit]

category: 2012

tb: 0   cm: 0

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード


▲Page top