東金東クラブ (旧東金東サンダース)ブログ

2015から東金東サンダースと豊成ビクトリーズは、登録名を東金東クラブに変更しました。

新人戦一回戦  

10/26 パラマウント杯 一回戦

○5-3 山武ブリスキーボーイズ

新人戦の一回戦 一昨年の新人戦 自分にとって初采配となったゲームで大敗した試合と
同じカード山武ブリスキーボーイズさんとの対戦です。

練習試合でゲームを作れていたのでエースナンバーを託した4年生のH君を先発にしました。
正直、自信を持って送り込んだのですがブリスキーさんの上位打線 さすが労金県大会に
出場しているチームのレギュラーも含まれているだけあって良い打者が揃っています。

4本の集中打を浴びて3失点の立ち上がりでした。

しかし、エラーや四死球で取られた点では無く相手の力があっただけなのでこの失点は、
仕方なかったと思います。

裏の攻撃で4年生 Y君の先頭打者HR で1点返します。

今年のチームのテーマのひとつとして走塁が有ります。
結果としてホームランになり前の塁を常に狙う積極的な走塁で新チームとして目指してきた走塁でした。

しかし、場面は3点ビハインドの初回 先頭打者です。
ツーアウトでしたらOKです、しかしノーアウトですからあの場面は、100%セーフでなければ行くべきでは無い場面です。
走塁としては、コーチャーを見て判断しているので三塁コーチャー含めた全員が野球をもっと覚えなければいけない場面でした。
次のステップで教えて行きたい部分です。

その後もワンナウト3塁と攻め立てますがここで1点差に迫れなかったは、非常に痛かったです。

ここから我慢比べになりますが良く耐えきったなというのが正直な所です。
3-1 のまま試合が進みますが流れは一進一体でどちらに転んでもおかしくないと思っていました。

耐えている内に相手ミスも有り一点返せました。

時間もあまり無かったので5回裏の攻撃で最低でも追いついておきたいと思っていました。
相手投手とても制球良く四死球貰えなかったなかで打って逆転出来た事は、良くやったと思います。

6回の表を無事に抑え自分としては、新人戦の初勝利となりました。

このチームは、低学年から連合でやっていますがロッテ旗はコールド負け、
エアーフロント春8位、冬15位と力の無いチームでした。

正直、公式戦 一勝が難しいと思っていましたが投手にしても野手にしても同じ位の力の選手が多く
チーム内での競争があるのが強みです。

今日は、出発前に背番号の話を選手にしました。

中学・高校の野球になるとまず背番号を貰う事が目標になる事、次に一桁の背番号をもらう事が目標になる事、
そして特別な番号・・・背番号『1』の重み。

少年野球でも背番号を大事にして欲しい、自分のつけたい背番号を付けられるように頑張って欲しいという話をしました。

まだまだ、力の無いチームですが新人戦の目標 ベスト4まであと一勝です。

ひとつひとつ目標をクリアしていけるよう来週も頑張りましょう。
スポンサーサイト

Posted on 2014/10/27 Mon. 10:32 [edit]

category: 2014

tb: 0   cm: 2

  

○6-5松尾ブルーウイングス(5年生以下)
○7-1松尾ブルーウイングス(4年生以下)
○4-1松尾ブルーウイングス(6年生以下)

●2-4 波崎ジュニアーズ(南総大会 高学年)

10/11
山武郡市でここ数年もっとも安定して成績を残しているチームのひとつ
松尾さんと練習試合をやって頂きました。

まず5年生以下の試合。
先発は、主将のヤマト。 3回までは、球速は無い物の制球良く打たせて取るピッチングが
出来ていましたが4回にスタミナから来るのか制球を乱し一気に三失点・・・課題ですね。

前半、接戦でしたが我慢比べになると自分達から負けに行ってしまう・・・弱いチームの典型でした。

しかし、二番手の4年生 ハヤナがここからゲームを作り最終回に逆転する事が出来ました。

松尾さんは、練習試合はあくまで公式戦の為の練習というスタイルで勝敗に拘った
采配されていなかったので勝敗は、関係ないと思いますが4回に三点差をつけられた所から
最終回までゲームを作れた所は、良かったと思います。

新人戦に向けてのチームの形がひとつ出来たのは収穫でした。

続いて低学年。
この試合は、守備が良かったですね。 ノーエラーだったと思います。
正直、バッテリーで勝ってきたチームですがチームとして成長してチーム全体で
戦えるようになってきました。
まだまだの部分は、沢山有りますが春先から比べるととても成長したと思います。
もう一段上がるには、チーム内での競争が不可欠ですので今は、ベンチのメンバーも
腐らずレギュラー目指して練習して欲しいと思います。


最後に6年生以下。
選抜の試合と重なった事も有り、6年生以下を三試合目に無理言って入れてもらいましたが
こちらの選抜メンバーは、試合当初に間に合いベストメンバー、松尾さんは途中から
選抜メンバーが加わったので6年生の試合は、本当の意味で練習としてやって頂きました。

内容的には、一番 悪かった試合でした。 本来、6年生に関しては、もうきつく指導する事は、
無いのですがサインミス、アウトカウント間違い・・・走塁ミス・・・ずっと怒りっぱなしでした。

自分の指導が悪いのは分かっているのですがこのまま中学に行っても苦労するだけだと思います。
もう一度、しっかり何をいままで教わって来たのか思い出して欲しいと思います。

この日は、色々 自分自身でも答え合わせというか松尾の監督さんに聞いてみたい事が有りました。
お話させて頂きとても勉強になり有り難かったです。

10/13 南総大会高学年
全国大会にも数回出場実績のある名門 波崎ジュニアーズさんとの対戦でした。

先発がノーアウトから4連続四球でしたが盗塁封殺 2個と初回を0点で切り抜けます。
4連続四球のあとリリーフしたマブが持ち味を発揮してくれて試合を作ってくれました。

そして、連盟主催の大会では、ベンチに回っていた6年生の活躍なども有り1点先制。
良い流れで中盤まで進みます。

しかし、こちらのミスも絡んで3点一気に取られ逆転されてしまいました。
結局これが決勝点になってしまい最終回に1点返しましたが敗戦してしまいました。

良い試合だったと思います。
しかし、勝てる試合でしたし勝たせてあげたかったです。

ろうきんで代替わりしていますが、自分の中では南総大会が終わるまでは、
しっかりと6年生も練習してもらうという気持ちが有りました。

試合後に選手とは、色々な話をしました。

今年の6年生に関しては、東中学区の子だけなので皆、同じ中学に行きます。
ただ、硬式に進むか迷っている子もいますし、中学から野球部に入る子もいると思います。

色々、伝えたい事は有りましたがこのチームで戦った仲間を大切にして欲しいと
伝えたつもりです。

今年も招待があれば、シニア杯に出場するつもりですが、そこは勝ち負けに拘らず
自分のやってきた少年野球をシニア関係者の皆さんにお披露目するくらいの
気持ちで戦ってくれれば良いと思います。

来週には、来年以降どうするかの話も決まってくると思います。

私自身も来年はどうなるか分かりませんがこの代の選手達には、
たくさん苦労させてしまったなと思うと同時に何とか無事に公式戦を全う出来た事に
ホッとしています。

卒部まで残り僅かですが少しでも後輩達に何かを残していってくれるように期待しています。

Posted on 2014/10/14 Tue. 12:29 [edit]

category: 新入部員募集

tb: 0   cm: 0

  

10/4 練習試合

●1-8 八日市場中央SP(A戦)
○11-2 八日市場中央SP(B戦)

春先にやって頂きコテンパンにされた八日市場さんとの練習試合でした。
遠い所、遠征頂きありがとうござました。

一試合目 A戦。
八日市場さんは、秋の匝瑳市大会を見事勝ち抜きろうきん旗県大会への出場が決まっています。
春やった時もそうでしたが大きい選手が多く、サンダースが小ぶりな事も有り中学生と対戦しているような感覚でした。

バッテリー、内野守備、バッティングどれを取ってもレベルがひとつ違うといった感じです。

こちらもショートに良い守備がありましたが八日市場さんの先発の選手が
サードに回った時の守備、とても良い守備でした。
(三塁線の強い当たりを前に落として素早く送球。)

好みや目指してやる野球で違うと思いますが間に合うのであれば、
私は、逆シングルで捌くより三塁線の当たりは、足を使って体を入れて欲しいと思います。

どちらがアウトに出来るかの確率の問題だと思います。
うちのサードには、散々、言い続けて来ましたが最後まで出来なかったプレーです。

八日市場さん 今までの大会 ベストメンバーで臨めた大会がほとんど無かったようです。
県大会で今までの鬱憤を晴らすべく勝ち進んで欲しいと思います。


二試合目 B戦。
先週、大敗したメンバーからポジションを大幅に入れ替えて臨みました。
この布陣で戦えれば守備は、安定してくるとなと思っている布陣でした。
(ただ、自分の野球観で無いなと思っている部分を妥協しているのですが・・・)

初先発となった4年生のハヤナ。
彼は気持ちが強いというより動揺、緊張とは無縁と思われる性格だと思っています。
まだまだ、課題は有りますが潜在能力的には、とても期待しています。
今日は、3回 1失点と結果を出したのでまたチャンスをあげたいと思います。

ただ、三振か四球かという投手では、今の少年野球は勝てないと思っていますので
エースになるには、安定した投球が出来るようになる必要が有ります。

冬場しっかりやって来春には・・・期待しています。

二番手は、先週 先発したやはり4年生 ユウヤ 一回一失点でしたが
今の所、一番計算出来る投手です。
こちらも冬場 しっかりやって来春にはとこちらも期待しています。

打つ方は、この時期にしては、良く打てた方だと思います。
特に、数少ない5年生の一人 カイトから二安打出たのは良かったと思います。

新チームは、強いチームでは無いですがレギュラー争い、ポジション争いという観点では、
非常にバランスが取れていてこれから伸びる可能性があるチームだと思っています。

試合に出れないからと諦めるのでは無くて、努力してレギュラーを勝ち取って欲しいと思います。
下から這い上がって来た経験は、大舞台になればなるほど生きてきます。

是非、全員諦めずに頑張って欲しいと思います。

Posted on 2014/10/06 Mon. 10:33 [edit]

category: 新入部員募集

tb: 0   cm: 0

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード


▲Page top