東金東クラブ (旧東金東サンダース)ブログ

2015から東金東サンダースと豊成ビクトリーズは、登録名を東金東クラブに変更しました。

高校野球観戦  

3/22 練習試合

○6-1 大網オリオン
○10-1 大網オリオン


だいぶ、暖かくなってきて球春到来といった感じです。

土曜日の午後から高校野球の練習試合を見学に行きました。
特に見せたかったのがカバーリングと声の出し方、とても参考になりました。

当日の試合は、成東×東商だったのですが両チームに自分達の先輩が
沢山居る事も有り子供達も親近感を持ち、真剣に見れていたようです。

そして、早く野球やりたいと思ったようです。

日曜日、2月に練習試合お願いしていたのですが雨で流れてしまった大網さんと練習試合を行いました。

A戦 二試合 やりましたが内容が良かったと思います。
4人位軸になる選手はいますが二試合目に大幅にメンバーを入れ替えて臨み
こちらも良いゲームが出来ました。

チーム内での競争という意識が芽生えてきたと思います。
先発投手は、常に競争になりますが野手で競争出来る環境になったのは、
自分にとって大きく、このチーム状態には中々、持って来られなかったです。

チャンスは、どんどんあげます、調子のいい選手、努力している選手を使っていきますので
頑張ってレギュラー取って欲しいと思います。

そして、練習試合の中で土曜日の高校野球を見せて頂いた効果が現れた部分が随所にありました。
特にうちのように力の無いチームですとどうしても一日でも一時間でも練習をしたくなります。
その方が上手くなるとどうしても思ってしまいます。

ただ、いくら大人が見せても口で言っても子供達は、理解出来ない時があるようです。
(指導力の無さでもあるのですが・・・)

しかし、先輩達のプレーは素直に受け入れます。

先週の予選敗退で少し目標と自信を失いかけていた選手達にとって今週は、とても良い練習になったと思います。

機会を作って頂いた代表はじめスタッフOBの皆様、そしてOB達ありがとうございました。
スポンサーサイト

Posted on 2015/03/23 Mon. 08:23 [edit]

category: 2015

tb: 0   cm: 0

全日本学童へのおもい  

3/14 全日本学童一回戦
○5x-4 白浜スポーツ少年団

3/15 全日本学童準々決勝
●2-7 松尾ブルーウイングス

神宮への道・・・ 全国1万3千チーム余りが参加する日本最大のトーナメント全日本学童が開幕しました。

初戦の相手は、白浜さん
うちと同じように6年生が少なく5年生主体のチームです。
(なぜか分かりませんが今年は、6年生がいない、少ないというチームがとても多いです)

新人戦や練習試合で何度も対戦させて頂いているので白浜さんの選手は結構覚えているのですが
シートノックを見て冬場、相当鍛えられたのが良く分かりました。
この辺は、さすが白浜スポーツ少年団だと思います。
特に守備に関しては、山武郡の中でも最も中学・高校で通用するように指導しているチームの
ひとつだと思います。

試合の方は、序盤にビックチャンスを何回か作りますが1点しか取れず1対1のまま終盤へ進みました。
4回の裏に何とか2点取り3-1として最終回へ入ります。

5回にエース格と期待している選手をマウンドに上げますがヒットに四球も絡み3失点・・・一気に逆転されました。

時間的に最終回となった1点を追う5回の裏の攻撃 ここで主砲からでしたが三振・・・
6番、7番が本当に良く粘りパスボールも絡みワンナウト2塁3塁とします。

バッターは、途中出場の8番 まずは同点を狙う場面ですがここまで練習試合含めて
細かい野球を余りやってなかった事も有りスクイズ仕掛けますが失敗・・結局三振となり
ツーアウト2塁3塁となります。

バッターは9番 初球からフルスイング 全く動じてません。
彼は、低学年の大会から大事な所でいつも打ってチームを助けてくれています。

雰囲気あるなと感じた瞬間ショートの頭の上にライナーが飛び あと30cm低ければゲームセットという
当たりでしたが2点タイムリーとなり逆転サヨナラとなりました。

試合後のミーティングの時には声が出ない程、喉が枯れていました・・・

少年野球 公式戦での1勝 全日本学童での1勝 どのチームも勝つために必死に練習しています。
勝つ事の難しさ公式戦の難しさを痛感した試合になりました。

続いて準々決勝 松尾さんとの対戦です。
この試合は、素直に力負けでした。

ノーアウト 2塁3塁を何度と無く作られますが何とかツーアウトまで取っても
タイムリーを浴びて効率よく得点されてしまいました。

こちらもチャンスは、多かったですがタイムリーが出ず得点は初回のタイムリーと本塁打による2点のみでした。

5年生投手 3枚とも使いましたが細かいコントロール ここぞという場面での制球力
ただストライク投げられるだけではダメ・・・ 守備力含めてとても課題が見えた試合でした。

現時点での自分達の力・・・これから何をしていかなければいけないかこの敗戦から学んだ事は多く
克服出来ればチームとしてもう一段あげられると思います。

試合後のミーティングでは、全日本に対する自分の思いを選手に伝えました。
少年野球をやっている限りこの大会を目標にやりたいと思っています。

マクドナルドトーナメントは県大会からなのでまだ、スタートラインにすら立った事は有りませんが
目標は高く持ってこれからもやっていきたいと思います。

Posted on 2015/03/16 Mon. 09:00 [edit]

category: 2015

tb: 0   cm: 0

チーム名 変更  

ホームページやブログのタイトルからお気付きの方も
多いと思いますが今年からチーム名を東金東クラブに変更しました。
(ブログの写真の球場も変わっていますがこれは私の夢です。分かる人は分かると思いますが・・・

20年にも及ぶ歴史が有る東金東サンダースという名前を変更するのは
大変、重たい決断でしたが選手の事を第一に考えた結果です。

ご存じの方もいらっしゃると思いますが”東金東クラブ”というのは、
現高二世代が中学軟式で千葉県大会を優勝。
現高校一世代が関東大会準優勝という輝かしい成績を収めたチームの名前です。

チーム名が変わってもサンダースとビクトリーズそしてハリケーンズを
卒団した選手が遊びに来やすいようにと東金東クラブを使わせて頂きました。

今年も人数的には、ぎりぎりですが規定に引っかからない範囲で連合として活動する事も可能でした。
しかし、新入部員を素直に歓迎出来ない部分も少なからず有り連合人数規定(10人以下のチーム)
を気にせずに活動出来るようにと今回のチーム名変更に至りました。

昨年のろうきん前に人数が増えて連合が出来ない人数になりました。
そのままでも大会出場は出来たかも知れませんが選手にルールを守る事を教えている以上、
指導者としてルールを破るという事は出来ませんでした。
また、選手がこの事で後ろ指刺されるような事がもしあったらと思うとそのまま出場という
考えにはなれませんでした。

結果としてろうきん前という時期にも関わらず、連盟の正式な手続きを踏んで
6年生に移籍という形を取ってもらいサンダースとしてろうきんには参加しました。

当時の選手・保護者・スタッフの皆さんには、非常に辛い思いをさせてしまったと思います。

豊成さんと連合をはじめたのは、現5年生が低学年の春からです。
もうすぐ二年という月日が流れます。
その間に両チームの発展と存続を何度も話し合い今の体制になりました。

連合の時からチームワークは良かったですが現在の形で活動するようになって
同じユニフォームで戦う事を子供達はとても喜んでくれています。

サンダース、ビクトリーズ、ハリケーンズに昔から関わっている方には、
申し訳ないという思いも有りますが長い年月をかけて熟考を重ね、
選手の事を一番に考えた結果という事をご理解頂ければと思います。

今年は、千葉県内だけで30チームが無くなるそうです。
わずか5年の間に100チーム以上が無くなっています。

ただ、やっている選手は、本当に野球が好きな選手が多いので野球と言うスポーツ
そのものに魅力が無い訳では無いと思います。

うちもこのままですと今年は低学年大会に参加出来ません。
今の状態から低学年の勝敗にこだわるつもりは有りません。

何とか大会に出れるだけの人数を集められるように今後も考えて行動していきたいと思います。
もし、少しでも興味のあるお子さんがいらっしゃいましたらいつでも遊びに来て下さい。

Posted on 2015/03/05 Thu. 12:04 [edit]

category: 新入部員募集

tb: 0   cm: 0

第1回 TOSHO杯 優勝  

第1回 TOSHO杯 決勝戦

○ 6-3 九十九里Jr オーシャン

2/28

先週の雨で順延になった第1回 TOSHO杯 決勝戦を行いました。
嫌な形で先制を許しますがチームのムードメーカの一撃から一気に逆転し
徐々に追いつめられる展開でしたが何とか逃げ切る事が出来ました。

この試合では、昨年の強かった頃さながらのビックイニングを作れた事、
初球から甘い球をフルスイング出来た事、最低限の守備が出来ていた事が勝因です。

九十九里は、先輩・同級生が監督・コーチで居る事も有り日頃から交流が有り低学年の頃から
何度か対戦させて頂いていますがこの学年では初めて勝つ事が出来ました。

まだ、力的には相手の方が上ですがやって来た方向性は間違っていないのかなと思います。

以前、コンパクトに間を抜くバッティングが好きと書いた事が有りますが
今の時期はとにかく強く振る事を意識させています。
(ぶれていると言われるとそれまでですが・・・)
これは、細かい繋ぎの野球が出来るレベルにまだ無いというのも有りますが
いくつかの段階を踏んで伸ばしていきたいという思いから今は徹底しています。

年明け、主将の目標は、「どんな大会でも優勝する」でした。
これを聞いた時にとても冷静に自分達の力を見れているなと思いました。
ひとつ目標を達成出来たので次の目標を持とうという話をしました。
非常に悩みながら「県大会」と出て来ました。
彼は、目標の重みや口に出す事の意味を理解しているから悩みながら口にしたのだと思います。
今年の山武郡の県大会枠や抜けているチームが二つある事を考えるととても困難な目標だと思います。
但し、不可能では無いと思っています。
今までやって来た事、これからやる事、目標に向かって努力する事を今後も学んでいって欲しいと思います。

今日は、大会副会長の先輩とスポンサーになってくれた先輩が観戦に来てくれました。
先輩からこういう大会やりたかったんだよと良い事だから続けようと声をかけて頂きとても心強かったです。

来年は、連覇を狙える唯一のチームとなりました。
どういう形でやるかは、まだ決まっていませんが次回は、もう少ししっかり準備してもっと良い大会に
していきたいと思います。

最後に、はじめての事務局で至らない点が多々あったと思いますが沢山の応援とご協力を頂いた
大会に関わった全ての人に感謝申し上げます。



Posted on 2015/03/02 Mon. 10:45 [edit]

category: 2015

tb: 0   cm: 0

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード


▲Page top