東金東クラブ (旧東金東サンダース)ブログ

2015から東金東サンダースと豊成ビクトリーズは、登録名を東金東クラブに変更しました。

まさかまさか・・・  

11/28 友・遊ボール大会(3年生以下)

○九十九里Jr オーシャン
○東陽スポーツ少年団
○成東ファイターズ
●大網オリオン

11/29 九十九シニア杯 準決勝(6年生以下)

○ 5-4 松尾ブルーウイングス

まずは、11/28 土曜日から
普段 練習を一所懸命やっている3年生以下の大会がありました。
結果は、見事に3勝1敗で準優勝という結果でした。
(負けて大泣きだったとの事・・・君たちは強くなる 頑張れ!)

無料で参加させて頂いているだけでも申し訳ないのにトン汁やお菓子・ジュースなどまで
頂いてしまい主催してくれた九十九里Jrオーシャン関係者の皆様に大変感謝しております。

東金東クラブにも未就学児童含めたくさんの将来有望な子供達が参加してくれました。
何人かはすでに入部届けまで書いてくれて入部してくれるようです。

新入部員獲得の為にこれからも色々やりますので皆さんご協力ください。

次の日、はじめての経験ですが練習をやっていると「野球関係の方ですか?」と小さな子供が一人でグランドに来ました。
「入部したいのですが書類とかありますか?」とたまたま体育館の方に行った私に話しかけて来ました。
聞くと3年生・・・ とてもしっかりしていてビックリしました。

彼とは運命を感じましたので是非、入部して欲しいと思います( ̄^ ̄)ゞ


11/29 大変な一日になりました。

いよいよ大会も最終日・・・ 松尾さんとの対戦です。

この代ではここまで公式戦 1勝2敗 1勝も特別ルールからのサヨナラ勝ちでした。
この試合は、ろうきん旗予選からの成長を実感出来た試合になりました。

こちらの先発の6年生は、球速は先週程走っていませんでしたが緩急が上手く使えていて
コントロールも良く非常に良い立ち上がりを見せます。

打線の方も取りこぼす場面がいくつかありましたが5回を終わって4-0と主導権を握って
試合を進める事が出来ました。

しかし、相手は松尾ブルーウイングス 簡単に勝たせてはくれません。

ヒット、エラーなどでチャンスを作られ6回表に一気に同点にされます。

この回は、負けパターン時にある負の連鎖が止まらない状態だったのですが
ここからが成長した部分・・・あえてマウンドに行きませんでしたが選手同士が
声を賭け合い、何とか同点止まりで切り抜けます。

裏の攻撃でまたもやってくれました6年生 8番バッターの一振りが決勝点となりました。

確かに非常にもろい部分も出たのですが一段上がったんだなと感じました。

この大会は、投球回数制限が無いので6回も先発を続投させましたが5回の投球時に
いっぱいいっぱいだなというのは感じていました。
完投・完封という経験をさせてあげたいと思ったのが私の甘い部分だったと思います。

結果、勝てたから言えるのですが選手達には良い経験になったと思います。

名前負け・・・東金東サンダース というと非常に強かった時代がありました。
しかし、ここ数年は、名前負けする事がありました。
昨年から少しずつ少しずつ実績を積み重ね 山武郡内では名前負けする事は無くなってきたと思います。

特に地元の九十九シニア杯でここまで活躍出来た事は、少年野球を卒業した父兄、選手達に
東金東 復活というイメージを少しでも持ってもらえたかなと思うと自分としても少しホッとしている部分があります。

上手く言えませんが監督一年目に選手は一生懸命やってくれましたがあまり勝てずチームとしても
ボロボロの状態を作ってしまい申し訳ないという気持ちをずっと引きずっていました。

そこから色々な人の理解の上で連合・合併という方向に舵を切り今の状態に持って来れた事で
自分のやり方としての結果を見せる事が出来たのかなと思います。

今日の決勝戦の前にベンチからスタンドの大応援団を見てそう感じました。

長い一日は、準決勝の後からなのですが東陽さんの町内行事の関係で準決勝 第一試合 12:00 ~
第二試合を14:30 ~ 決勝は場合によってナイターと聞いていました。
しかし、準決勝 第二試合で成東さんが勝った場合は、子供会行事の為、決勝後日と当日聞きました。

と言う訳で第一試合を勝った後、準決勝終了まで待機となったのですが準決勝 第二試合が
物凄い事になり特別延長 2回でも決着つかず抽選にまでもつれ込みました。

この間に照明点灯で20分位待ち時間があったので第二試合が終わったのは17:00 近かったです。

抽選の結果、東陽さんが勝ち上がりよしやるぞとなり、シートノックを終え最後の試合に向けてチーム状態は最高潮でした。

集合直前・・・バツっという音と共に照明が落ちてしまいました。
この時期の17:20 分頃ですので真っ暗です。

結局、 照明は復旧出来ずに残念ながら決勝戦は後日に延期となりました。
ただ、これでお互いベストメンバー ベストの状態で決勝戦が戦えますので結果良かったのかなと思います。

決勝は、12/12 10:30 ~ 成東スタジアムの予定です。 応援よろしくお願い致します。
スポンサーサイト

Posted on 2015/11/30 Mon. 09:15 [edit]

category: 2015

tb: 0   cm: 0

パラマウント杯&つくもシニア杯  

11/22 パラマウント杯 (5年生以下)
○10-1 芝山リトル 

11/23 つくもシニア杯 (6年生以下)
○11-2 山武ブリスキーボーイズ
○ 5-1 大網オリオン



今年も残す所、下記の三大会となりました。

4年生以下 エアーフロント(連合で出場)
5年生以下 パラマウント杯
6年生以下 九十九シニア杯


例年ですと新人戦はとっくに終わっていてシニア杯 2つが12月にあり忙しいのですが
九十九シニア杯が前倒しで行われているのと新人戦が後ろ倒しになった関係で11月が忙しくなっています。
今年の12月は、千葉シニア杯が無くなった関係で少しさびしいですがみっちり練習出来そうです。

11月は、学校行事がとても多い月です。
今は、小学校単位のチームという方が少なく3つ4つの小学校から成り立っているチームが多いと思います。
この小学校の行事を全て加味していくと土曜日は、大会が進まないという事態になります。

もちろん学校優先が基本なのですが今年は天候不順も重なり大会運営 本当に大変そうです。
そんな中、何とか各大会終わりが見えてきました関係者の皆様のご尽力に感謝致します。

残りの大会が少ない中、5年生のパラマウント杯、6年生のつくもシニア杯 ともに準決勝に残ることが出来ました。

まずは、22日のパラマウント杯

この試合は、後攻でしたが3回表まで0-1 でリードを許す展開でした。
先制されたのは、ここの所、非常に頑張っている選手を先発で起用しますがそこで守りの方でミスが出てしまいました。
その後も危うく2回目のミスという場面がありましたがぎりぎりの所で踏ん張ってくれました。
沈黙していた打線も3回、4回と相手投手を捕えはじめ、5点づつ取り 5回コールドというゲームでした。

今日、先発に抜擢した選手には厳しい言葉を掛けました。
競争無くしてこのチームの成長は無いと思っています。
その為には、彼の成長が必要です。

なかなか、癖というのは治らない・・・少し不器用な分、苦労しているようです。
諦めたらそこで終わりです。
出来ない事を出来るようにするために練習する。
一緒にこの冬がんばって乗り越えて欲しいと思います。

打線の方は、序盤淡泊でしたが基本に帰って攻撃しようと言った後は圧巻でした。
皆、良く振れていて主砲不在ではありましたが打線として機能していたと思います。


次に23日のつくもシニア杯。

日程変更、相手チーム変更・・・色々ありましたがようやく初戦を迎えました。
相手は、好敵手 山武ブリスキーボーイズさん

昨年の新人戦
今年の練習試合初戦
夏場の練習試合

と対戦していますが3勝1分 ではありますがいつも接戦で切磋琢磨してきた相手です。

先発には県大会以来の登板となる6年生を満を持してあげます。
2回投げて降板させましたが良い投球でした。

県大会で今日の感じで投げていれば・・・
終わった事を言っても仕方ないですがそう思ってしまう投球内容でした。

打つ方は、2打席連続ホームランなども有り効率よく得点出来ました。
後半、守備の乱れも有り2点返されますが5回C で初戦を無事に乗り切れました。

好敵手相手にこれだけの試合を出来たのは成長を実感出来て素直に嬉しかったです。

山武ブリスキーボーイズさんは、毎年そうですが良い選手が出てくるチームです。
今年の6年生も4人ともセンス溢れ素晴らしい選手だと思います。

試合後に少し話を聞いた所、進路ほぼ決まっているようですが中学に行っても頑張って欲しいと思います。
活躍楽しみにしています。


そして、場所を松尾運動公園に移動して準々決勝を戦いました。

相手は、大網オリオンさん

前の試合で城西さんと特別延長の末、13-7で勝った直後の対戦でした。
大網さんとも練習試合では勝っていますが公式戦では、Aチーム初対戦となりました。

この試合でも先発は、6年生をあげます。
前の試合と少し打線を組み替えて臨みました。

初回、組み替えた部分が上手く機能して幸先良く1点を先制します。
3回に昨日の練習で一番やってはダメと言っていたプレーで同点に追いつかれますが
その裏の攻撃で1点加点して2-1 と大接戦になってきました。

この大会は、投手に投球回制限がないのでそのまま完投も頭をよぎりましたが
5回で前の試合と合わせてどんなに投げさせてもここまでという投球数に達したので5回で降板させました。

試合の流れ、自チーム投手の出来を見てもプレミア12では無いですが・・・
逆転されれば継投ミス何やってんだと言われる場面でした。

継投を決めた裏の攻撃で3RHR が飛び出し引き離す事が出来ました。
そのまま、本調子では無いように見えたリリーフもきっちり投げ切ってくれて試合終了となりました。

お互い、打て打てのチームなので試合展開は早かったです。
7回やった中では今年、一番だったように思えます。

大網オリオンさん 春先やった時とは別チームでした。
特に6年生が非常に伸びているなという印象でした。

この時期に6年生が伸びてくるのは指導者が辛抱強く諦めないで教えてきた結果だと思います。

大網さんの場合、高校野球で活躍している選手が多い事でも証明されていると思いますが
とても良い指導をされているからこそだと思います。

また、大網さんの選手とも試合後 少し話をしました。
何人かはもう進路決めているようでしたがこちらも中学・高校での活躍楽しみにしています。

私の前の監督さんは、色々なチームの選手の進路や状況に非常に詳しいという印象があります。

正直、よくそんなに覚えているなと思っていたのですが私も3年目になって特に対戦が多かったチームの選手は、
直接、教えた事は無くても卒部する時期になると気になるようになってきました。

山武郡市という狭い地域ですので他チームであってもこの中から甲子園・プロと夢が見られるのは、
少年野球との関わり方のひとつかなと思います。

いつかそんな選手が現れて、小学校の時はどうだったとか飲みながら言うのを楽しみにしています。

今日は、長くなりましたが来週はつくもシニアの準決勝です。
2年連続でここまで進むことが出来ました。

この大会の目標 「6年生と1試合でも多く! 決勝まで4試合!」 もう一試合勝てば達成出来ます。

相手は・・・松尾さん 今年の経緯からこれ以上ない相手と対戦させて頂けます。
集大成 悔いの残らないように頑張りましょう。

Posted on 2015/11/24 Tue. 10:46 [edit]

category: 2015

tb: 0   cm: 0

新入部員募集  

今週末は、天候が悪く大会消化出来ませんでした。

全国的に野球人口の減少が騒がれている中、現場に身を置く身としては、
切実な問題として実感していました。

ただ、少しずつでは有りますがようやく下げ止まりして回復基調にあるように感じています。

友遊ボールという千葉県独自の競技があります。
柔らかいボールをメガホンで打つという野球の要素を取り入れた競技です。

実は、非常に奥が深く極めようとするとかなり練習が必要なのですが
山武郡市内ではあまり盛んでは無い事も有り家や公園で遊んでいる感覚で参加できます。

11月28日(土)に山武郡市内でもイベントが有りいくつかのチームが参加する予定です。
東金東クラブとしても参加を予定しております。

この機会に興味ある方は、是非参加してみませんか?

3年生以下である事。
怪我などした場合に応急処置以上の対応が出来ない事。

以上の事を了承頂けれればどなたでも参加頂く事ができます。
HP からご連絡頂くか当日、8時に東小の正門側に飛び込みで来て頂いていも構いません。
たくさんの参加お待ちしております。
当日は、午前中で終わる予定ですが希望があればそのまま体験会を実施致します。

Posted on 2015/11/16 Mon. 11:27 [edit]

category: 新入部員募集

tb: 0   cm: 0

パラマウント杯 2015 一回戦  

11/7 パラマウント杯(新人戦) 一回戦

17-1 ○ 大網オリオン

山武郡市内の大会では、ろうきん旗とパラマウント杯の2大会だけが開会式が有ります。
今回は、色々有り日程が大幅に変更になった為、小規模になってしまいましたが
開会式があると大会という感じがして良いですね。

関係者の皆様、ありがとうございました。

山武市内には、いくつかの良い球場がありますが1,2を争う球場 成東スタジアムで開会式直後の第一試合を戦いました。
今の小学生は、とても良い球場で野球が出来て羨ましいです。
こういう球場で野球が出来る事に感謝してもらいたいと思います。

試合の方ですが相手は、低学年の頃、ロッテ旗の決勝、夢まる旗の準決勝 共に一点差で勝利とこの代のライバルとして
しのぎを削って来た大網さんといきなりの対戦になりました。

まずシートノックを見ての感想ですがやはり簡単に勝てる相手ではないなと思いました。

先発には、エース格と期待している選手をあげます。
結果、3回ノーヒットで先発の役割を果たしてくれました。

ここの所、非常に安定した投球を続けています。
一段、階段を上れたように思います。

この子に関しては、2年生の頃から将来のエースとして我慢して我慢して育ててきたつもりです。
もう少し緩急を上手く使えるようになる事、ランナーを置いた時の投球、投球テンポ 課題は沢山あります。

全ては6年生の時にどのような投手になっているか・・・この冬が勝負です。
もう一段上に行けるように頑張って欲しいと思います。

打つ方ですが良く打ちました。

相手ミスもいくつか有りましたが全員、甲乙つけがたい打撃で先発全員安打 途中出場の選手も全員安打と
持ち味を存分に発揮してくれました。

結果、4回コールドで無事に初戦を突破出来ました。

但し、1失点した場面の取られ方が最悪でした。

課題の集中力 隙を与えててはいけない場面で生まれた失点です。

打線は水物・・・いつでも打てるわけでは無いです無失点なら負ける事は有りません。
1失点でも負ける時は、負けます。

得点差に関係無く一試合 1時間30分余り きっちり集中出来るチームに選手になって欲しいと思います。

Posted on 2015/11/09 Mon. 08:37 [edit]

category: 2015

tb: 0   cm: 0

ろうきん旗 終戦  

11/3 ろうきん旗 千葉県大会 2回戦

● 0-7 富里R エンジェルス


8月の終わりにはじまったろうきん旗 2ヶ月に及ぶ戦いの幕を閉じました。

少しでも一日でも長く6年生と一緒に野球をやるを合言葉に臨んだ大会でしたが
予選がはじまる前は、ここまで来れるとは正直、思っていなかったです。
頑張った選手、スタッフ、保護者、応援してくれた全ての人に感謝致します。

試合の方ですが残念ながら初回で全てが決まってしまった展開でした。

予選、練習試合通じて8月から急成長してチームを引っ張ってきた主将。

先発させますがいきなり4連続四球 コントロールが定まりませんでした。

途中、盗塁阻止が有り1死満塁で投手交代をしましたが代わった投手が本塁打を浴び
初回にいきなり5点ビハインドとなりました。

主将に関しては、ここまで緩急を巧みに操り相手を翻弄して一試合の平均四死球は
1~2と安定していただけに信じられない投球内容となりました。

予選が終わった頃から球速が急に上がって来ていて本人も手応えを感じ
速球で押す事が少しずつ多くなってきました。
この辺が悪い方向へ行ってしまったように思えます。

ただ、彼の成長なくしてここまで来れなかったのは事実で彼を先発にした事に後悔は全く有りません。

試合後にMeeting をしましたがスコアボードに並んだ数字を見ながら
このチームの事を振り返ると涙を堪える事が出来ませんでした。

4年生、5年生、6年生と順調に成長していき県大会に出場するまでになりました。

全く勝てなかった4年生の頃。
少しずつ勝てるようになった5年生の頃。
そして県大会に出場するまでになった6年生。

どん底を経験しているこども達です。
練習は嘘をつかない事を知っているこども達です。

ここまで連れて来てくれて本当に感謝しています。

これからは、卒部までの間は、後輩達の為に何かひとつでも残せるようにそして少年野球を
楽しんで卒部していって欲しいと思います。

そして、最後まで東金東クラブで野球を続けた事を誇りに思って欲しいと思います。

Posted on 2015/11/04 Wed. 08:52 [edit]

category: 2015

tb: 0   cm: 0

南総&東総ジュニアカップ  

南総大会三回戦(6年生以下)

● 3-4 小轡ジュニアーズ

5年生の大会が続いて県大会を控えている6年生に満足な練習をさせてあげられていません。
どこかで6年生の試合を入れたかったのですが日程的に無理だと思っていましたが
5年生大会の日程が変更になり県大会前に南総の強豪 小轡さんと南総大会の試合を組んで頂けました。

小轡さんは、九十九地域で唯一全日本学童で全国大会に出場したことがある名門チームです。
私が監督になってからは、代表チームでははじめての対戦になります。
今年のチームも6年生が多く強いとは聞いていました。

試合前のシートノックで大体、相手の力が分かります。
シートノックを見た限りでは、相手の方が守備に関しては完全に上だなと思いました。
こうなると打ち勝つしか無い訳ですがバッティングに関しては試合後の感想ではほぼ互角だったと思います。

守備力の差 特に外野守備の差で敗戦したという印象です。
序盤こちらにつきが有り試合の流れ的には勝てた試合だったかも知れませんがノーミスだった小轡さん
いくつかのエラーがあった東クラブ・・・チャンスの回数を見ても負けて当然の試合でした。

実力・気持ち・・・どちらにおいても完敗でした。

これでこの代の南総大会が終わりました。
南総大会は、レベルの高い大会で優勝するのは難しい大会です。
それでもいつかは・・・とは思います。


東総ジュニアカップ1回戦 (5年生以下)

● 1-2 村上ファイターズ

続いて先輩が今大会の実行委員長という事ではじめて東総ジュニアカップに参戦しました。
相手は、こちらも超名門 村上ファイターズさんです。

東金東の県大会最高成績はベスト8なのですが6年前のろうきん旗 優勝した村上さんに
ベスト8でやはり1-2 で敗戦しています。

先輩達の借りを返す・・・とあの時とはスタッフも選手も完全に入れ替わっているので
そういう因縁は無いのですが一人で張り切っていました。。

試合の方は、序盤からお互いにチャンスを作りますが決定打が出ずに0-0 のまま7回まで進みます。
最終回の攻防 ようやく1点先制しますが裏の攻撃でミスが出てしまいサヨナラ負けとなってしまいました。

5年生のこの時期にこれだけの相手とこれだけの試合を公式戦でさせて頂いて参加させて頂いて良かったと思います。

正直、このまま敗戦なしで冬場を迎えるよりもこの敗戦で自分達に本当に強いという力は無く
上には上がいて自分達の弱い部分を修正しなければ勝ち進めない事に気がついてくれたと思います。

試合後のミィーティング、練習 選手達が変わった どこか慢心があったのが無くなってきたのを感じました。
勝った試合でも色々、課題が有りそこを指摘しますがやはり実際に負けないと本当の意味で選手達は気が付かない物だと思います。

練習と言うのは、長所を伸ばす場所でもあるが出来ない事を出来るようにする事に意味があると思っています。
全員が三拍子揃った選手にはなれないと思いますがある最低限、これだけは皆が出来ないとダメというポイントが野球には有ります。

今日の悔しさ、今日、選手達で話し合った野球に取り組んでいく気持ちこれらを忘れずに冬場の練習をしっかりやって来春には、
本当に力あるチームになって欲しいと思います。


ろうきん旗 開会式

11/1 ナスパスタジアムでろうきん旗の開会式が有りました。

ナスパ二回目ですが本当に素晴らしい球場です。
県大会の開会式は、スポ少3回、ロッテ旗、関東学童 そして今回と6回目になります。

やはり、ろうきん旗と千葉日報は、千葉県の花形大会という事も有りとても素晴らしい開会式でした。

いよいよ明日、初戦を迎えます。
相手は、富里Rエンジェルスさんに決まりました。
この代のさんむカップ初戦で対戦していて0-10 で敗戦しています。

相手の方が力は完全に上だと思います。

ただ、野球は実力がある方が必ず勝つスポーツでは有りません。
最低限、勝つチャンスがあるチームを作ったつもりです。

自分達の力を信じて精一杯やって少年野球の集大成を応援してくれる全ての方に見せて欲しいと思います。

Posted on 2015/11/02 Mon. 08:12 [edit]

category: 2015

tb: 0   cm: 0

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード


▲Page top