東金東クラブ (旧東金東サンダース)ブログ

2015から東金東サンダースと豊成ビクトリーズは、登録名を東金東クラブに変更しました。

練習試合・・・  

3/26 (土)

●0-2 久住サニーズ


3/26 寒の戻りで寒かったですが久住さんとこの代 4度目の試合を行いました。

初回に先制された2点を返せず敗戦してしまいました。

先制された場面は、消極的なプレーも有りましたが相手の力が有り仕方ない失点ではありました。
その後、チャンスは作りますが相手チームの守備力に阻まれどうしても追いつけない状態で試合終了となりました。

これで久住さんとは2勝2敗 もう一度 機会があれば対戦させて頂きたいと思います。

この試合は、代表決定戦への予行練習というか練習試合ではあるが公式戦のつもりでやるぞと言って臨んだ試合でした。
非常に選手も緊張していて普段通りのプレーが出来ない選手もいましたが大変良い経験になったと思います。

采配的にもやはりというかこのレベルの相手に勝つにはというのが再度分かり私も反省する部分がありました。
練習試合でこれだけ緊張感を持って試合出来ている事に感謝しております。

最近、遠征が続いていますがこれは先々の事を考えて意図的に組ませて頂いている部分もあります。

保護者の方達にはご負担になっているかと思いますがご理解頂ければと思います。
来週も強豪チームと練習試合させて頂ける事になりました。

練習試合というのは、相手がいないと出来ない事です。
今回も無理を言ってうちの為にスケジュールを調整して頂いております。

相手チームへの敬意と感謝の気持ちを持ってこれからも応援お願い致します。
スポンサーサイト

Posted on 2016/03/28 Mon. 09:09 [edit]

category: 2016

tb: 0   cm: 0

第36回 全日本学童山武郡市予選 優勝  

全日本学童山武郡市予選結果

準々決勝
○12-4 白浜スポーツ少年団

準決勝
○9-1 九十九里Jrオーシャン

決勝
○2-0 城西クラブ

3/19 は雨天順延となり3/20 、3/21 の二日間で三試合を行いました。

ずっと照準をこの大会に当てて活動してきましたのでまずは、山武郡市予選優勝という結果に
ホッとしているというのが正直な感想です。

試合の方ですがまずは準々決勝の白浜スポーツ少年団戦

試合前から白浜さんは試合慣れもしているのでかなり警戒して臨んだ試合でした。
良く打たれましたが負けずに良く打ってくれたので勝てた試合でした。

白浜さん 振りが鋭くこの冬かなり練習しているのが良く分かりました。
ちょっとした所で得点差は開きましたがやはり強いチームだと思います。

そして、準決勝の九十九里Jrオーシャン戦
低学年の頃から切磋琢磨してきたチームです。
大会前にTOSHO杯でも対戦していますが若干、化かし合い的な部分も有り
手の内を少し隠しながら・・・といつもは難しい対戦相手です。

今日の試合は、そんな事言ってられないので全部出し切った形でした。
こちらも研究されつくされた感が有りましたが流れが良く1点、2点、1点と毎回得点を重ねて完勝出来ました。
初回に先制された所からすぐに2点取り返したのが大きかったです。

そして、決勝は、さんむカップ、パラマウントに続きこの代としては
三度目の決勝での対戦となった城西クラブ戦。

ここまで接戦を制してきたので勢いがありましたね。
勢いそのままに初回に猛攻を受けますが1死2塁3塁のピンチを0点で凌げたのが大きかったです。
中盤にもぎとった2点を守りきり優勝する事ができました。

マクドナルドトーナメント出場まであと1勝 後悔しないようにやれる事を全てやっていこうと思います。

Posted on 2016/03/22 Tue. 09:26 [edit]

category: 2016

tb: 0   cm: 0

  

3/12
○18-1 豊畑スポーツ少年団
○14-2 八日市場スポーツ少年団

3/13
●2-4 白子・小轡連合


今週から全日本学童山武郡市予選が開幕しましたがうちはシードの為、試合が有りません。

13日は、東総の2チームと練習試合を12日に行いました。
2チームともに母校の先輩が監督をされているチームです。

13日は、練習予定でしたが日ハムの代表決定戦で敗れた白子・小轡連合さんから
申し込みがあり急遽 1試合行いました。

12日の試合は、両試合でスタメンを入れ替えて6年生12人全員にチャンスを与えたつもりです。
主軸で4人位は絶対外せない選手は、いますが残りの4枠、5枠のレギュラー争いが熾烈です。

バッティングの良い選手、守備の良い選手、足の速い選手 それぞれに特徴が有り
相手チームを見ながら先発を変えているという嬉しい悩みが有ります。

三拍子揃えばレギュラーなのですが皆、良い所を伸ばそう、悪い所を直そうと四苦八苦している状況です。

9人固定で経験を積ませていった方がもしかしたらチームとしては勝てるかも知れません。

しかし、競争出来る環境で選手個人個人が努力を続けるこの方が伸びるかも知れません。

目標に向かって努力を継続するというのがこのチームの根本にありますので選手のモチベーションを
保てるようこれからも競争出来る環境を作っていきたいと思います。

試合の方は、それぞれの相手チームの主力に一人ずつ試合に参加出来なかった選手がいた事もあり両試合とも快勝でした。
東総のチームとは県大会以外ではほぼ対戦しない事も有り色々、試せて収穫のある二試合になりました。
また、暖かくなったら今度はベストメンバーで対戦させて頂きたいと思います。

そして、正直 全日本が終わるまでは、一番練習試合をする事は無いと思っていた白子・小轡連合さんとの試合。
相手チーム 南総代表候補一番手ですので手の内さらすような事はと思っていたので
正直、戸惑いましたが色々考え受けさせて頂きました。

昨年も負けているうちが言う事ではないですが正直、かなり強くなっていました。

今日の試合は、負けてしまいましたがまずは山武郡市予選を勝つため、そして代表決定戦で勝つため
非常に有意義な試合になったと思います。

そしていよいよ来週から全日本学童に入ります。 うちとしては、二日間で終わってしまうのであっと言う間です。
相手は、白浜さん うちと同じように昨年一年 5年生で戦ってきたチームです。

この年代としては、結果はあまり出ていませんが力的にはとてもあるチームだと思っています。

一戦必勝 全てはこの大会の為にやってきました。 絶対に勝ちたいと思います。

Posted on 2016/03/14 Mon. 08:31 [edit]

category: 2016

tb: 0   cm: 0

TOSHO杯 二連覇達成!!  

3/5 (土)九十九里町営

TOSHO杯 準決勝
○7-1 九十九里Jrオーシャン

TOSHO杯 決勝
○2x-1 富里ラディソンエンジェルス

3/6 (日)練習試合

○14-1 ツインドルフィンズ (A戦)
●0-8 ツインドルフィンズ (B戦)城西クラブと連合

TOSHO杯の準決勝・決勝を土曜日に船橋のツインドルフィンズさんとの練習試合を日曜日に行いました。

まずは、TOSHO杯の準決勝
相手は、九十九里Jr オーシャンさん
相手チームにも小さい頃から見てきた選手が多く、最終学年かと思うと感慨深いものがあります。
どちらかと言うと守備のチームという印象がある九十九里さんですが良くバットが振れていました。
前の試合を見ていてかなり警戒して臨んだゲームです。

初回、ツーアウトから1点先制 これが本当に大きかったです。
ここで試合の流れを掴むと着実に加点していき4回までで7-1となりました。
あと1点でコールドですがどうしても1点が取れずに最終回まで戦いました。

力的にコールドになるような実力差は無いのですが良い展開で進んだので決勝を考えると
早く終わって欲しかったというのが本音です・・・しかしやはり九十九里さんは簡単には勝たせてくれませんでした。

少年野球の場合、優勝するには最終日 ほとんど準決勝・決勝のダブルになります。

この場合、準決勝の戦い方が重要で投手が3人いないとなかなか優勝は出来ません。
それでも3人 エース級が揃うというチームはほとんどないです。
うちも5人位投手はいますが今は、2人が力的に抜けていてもう一人が今後の課題です。

指導者も勝ちたい、こども達も勝ちたい 親御さんも勝ちたい
その中でいかに将来を考えていかに無理をさせないか・・・これを決断出来るのは監督だけです。
難しいテーマですがこどもの体調、体力、前日の状況、一番近くで見ている者として決断していきます。


続いて決勝戦

相手は、ろうきん旗 千葉県大会で敗れた富里ラディソンエンジェルスさん
県内でも強豪として名前を轟かせているチームです。

確か、この代もエアーフロント 春・冬と連覇していたと思います。
(冬はうちは出場していません)
今大会、開催にあたって何で富里?と一番聞かれたチームですが一学年下の後輩がコーチで冨里さんに居ます。

相手チームのレギュラーにインフルエンザの子がいたという事も有りどちらかと言うと
こちらが押し気味に試合を進めますがノーアウト満塁のチャンスを潰した直後に1点先制されます。

その裏に長打をきっかけに1点取り返します。

その後にもう一度 ノーアウト満塁のチャンスを迎えますがまたまた無得点となり最終回の攻防に移ります。

7回裏の攻撃 ヒット、四球 でノーアウト一塁二塁 バントも考えましたが当たっていたので
そのまま強硬策で行くとサヨナラタイムリーとなりました。

見事に TOSHO 杯 2連覇達成しました!!

チームとしてひとつにまとまり最高の状態で全日本学童予選に入れます。

但し、攻撃面での課題は沢山残りチャンスを確実に物に出来るようになってくれば本物だと思います。
私含めてチームの課題として取り組んでいきたいと思います。

また、冨里さんにおいては遠方よりスケジュールを調整して最後まで参加して頂き大変、感謝しております。
富里さんが参加して下さった事で大会がとても華やかになりました。
来年以降もこりずにご参加頂きたいと思います。


今年もTOSHO杯 事務局としてやらせて頂きましたが手前味噌ですがとても良い大会になりつつあります。
準備は本当に大変ですが来年以降も継続出来ればと思います。

関わって頂いた全ての方に感謝 申し上げます。

続いて日曜日は、船橋のツインドルフィンズさんと練習試合を行いました。
まずは、単独でA戦 先発は課題となっている三人目を育てたいという事で昨日投げていない選手をあげます。
彼も昨年はエースナンバーをつけていた時期もありましたが秋口から調子を崩し気味だったのと
守備での貢献度が高い事からマウンドからは遠ざかり気味でした。

今日の投球内容は、昨年来では一番と言える内容でこの位投げてくれれば十分任せられます。
バックも成長していて彼が投げる時でも十分 守れるようになっていました。
チームとしてひとつ成長した部分です。

船橋のチームとは何度か対戦していますがこども達のランナーコーチがどこのチームも上手ですね。
小さい頃からの積み重ねで一朝一夕で出来る事ではありません。

試合の方は、大勝しましたがとても見習う点が有り良い練習試合になりました。

続いて5年生以下の練習試合を行いました。
低学年の頃は、白里さん含め3チームで連合していましたが5年生以下は2チームで連合する事になりました。
城西さんとうちが連合とは数年前では考えられない事だったと思います。

野球人口の減少は本当に切実ですが社会情勢を変える力はありませんので現場としてやれる事をやっていくだけです。

試合の方は、低学年の頃は城西さんに任せっきりでしたがはじめて指揮をとらせて頂きました。
打てませんでしたが守備の方は、今日はじめて一緒に練習をしてはじめて試合に臨んだにしては良くやっていた方だと思います。

特に新4年生は、練習といっても遊びのように遠くからは見えていましたが
しっかりと練習していてとても成長していました。この間ノックした時も感じていたのですが・・・

最初から内野の動きなどは分からないのは当然として自分達の課題が見えたのでは無いでしょうか?

試合を重ねて成長出来るチームだと思います。
こども達も試合があるから頑張れると思います。

思った以上に面白いチームが出来るかも知れません。

DSC_0244_convert_20160307102255.jpg
DSC_0254_convert_20160307102444.jpg

Posted on 2016/03/07 Mon. 10:32 [edit]

category: 2016

tb: 0   cm: 0

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード


▲Page top