東金東クラブ (旧東金東サンダース)ブログ

2015から東金東サンダースと豊成ビクトリーズは、登録名を東金東クラブに変更しました。

第39回関東学童第46回千葉日報山武郡市予選優勝  

第39回関東学童第46回千葉日報山武郡市予選大会

4/29 準々決勝 
○ 9-0 芝山リトル

4/30 準決勝

○ 8-1 南条日吉スポーツ少年団
○ 4-0 九十九里Jr オーシャン


千葉日報杯・関東学童 どちらも思い入れが有る大会です。
関東学童は、はじめて県大会に出場出来た大会で雰囲気がとても好きな大会です。
千葉日報は、ある方に千葉日報に出てくださいと最後に託された大会で4年掛かりましたがようやく約束を果たす事ができました。

特に日報杯は、個人的に相性がわるい大会で全日本・関東学童に比べて出場枠は多いのですが勝てそうで勝てない・・・
準決勝に進んだのもはじめての大会です。

この大会の準決勝というのは、山武郡では特別な意味が有りベスト4に進むと無条件で2名 山武選抜に選手を送ることができます。

個人的には、選抜はチームの強い弱いに関係なく勝てるチームを作るために最良の選手を選出して欲しいと思っていますので
正直、個人的にはこのレギュレーションあまり好きでは無いです。

特に3年前に選抜の選考会でうちの選手が2試合でスリーベース4本打っても選んでもらえなかった時は、このレギュレーションの影響が
少なからずあったのと自分の力の無さにとても悔しい思いをしたのを忘れることが出来ません。
(この事が影響したのかは分かりませんがこの選手は中学で野球を辞めてしまいました)

こんな所で書くべき事では無いのと意見があるのであれば監督会議で言うべきなのですが・・・
ベスト4に残ってから意見を言おうと決めていたのでこのタイミングになってしまいました。

色々な方達が知恵を絞って出来たレギュレーションで批判するつもりは無いのですが山武郡しいては九十九地域として
選抜の有り方について話し合う時期が来ているのかなと個人的には思っています。
選抜というのは、チームの事情を度外視した夢舞台であって欲しいと思います。

チームの話に戻りまして今日のテーマは、チームスローガンでもある「全員野球」です。

この大会・・・低学年の頃から通じてはじめてチームの大黒柱で主将の選手を体調不良で欠いて戦う事になりました。
正直、少年野球では一年間通じてベストメンバーで常に戦える事は無いと思います。

ここまで、大きな怪我も無く順調に来ていただけにこの大一番で中心選手を欠いたのは非常に不安でした。
ただ、誰が抜けても戦えるように冬場から準備して来た事がこの大会で功を奏したと思います。

そして私の想像以上に選手達が成長していて誰かに頼るチームでは無くなっていて正しく全員の総合力で勝負出来るチームになっていました。
こども達の成長が頼もしく誇らしくもありました。

投手中心に良く守り走塁の意識も高く優勝にふさわしい野球を展開してくれたと思います。

前にも書いたかも知れませんが「全員野球」 とても奥が深く野球の醍醐味を集約した言葉だと思います。

サッカーを批判するつもりは無いですがどうしても点を取った選手が目立ちます。
野球は、全員に打順の差はあるものの全員にヒーローになるチャンスが回ってきます。

だから頑張れる・・・努力の結果が目に見えて分かるスポーツだと思います。

今大会は、出番の少なかった選手含めて全員で努力して競争して来たからこそチーム力が上がり勝ち取れた大会だったと思います。
もちろん、全員試合に出してあげたいのですが試合に出れなくても一緒に競争して来たからチーム力が上がったという事を忘れないで欲しいと思います。

そして今、控えの選手はこれからもチャンスは沢山あるので腐らず努力を続けて欲しいと思います。
努力が報われる機会は必ず来ると思います。

県大会に出場する権利を得ることが出来ました

出場決定と書かないのは野望が有るからです。
とても難しい事ですが日報杯に出場出来なくなるような事があればこのチームとしての最大の目標を達成出来ます。
前回も書きましたここからが勝負です。 

もう一度、基本からやり直して県大会で躍動出来る力をつけて欲しいと思います。
スポンサーサイト

Posted on 2016/04/30 Sat. 22:38 [edit]

category: 2016

tb: 0   cm: 0

公式戦ラッシュ  

4/24 練習試合
○17-2 大野ファイターズ(鹿島)


4/23 全日本学童千葉県大会の抽選会、4/24 スポーツ少年団千葉県大会の抽選会と練習試合
来週もひとつ抽選会と抽選会が続きますが皆さんのご協力のおかげでチームには最小限の負担で
予定をこなせています。

まず、全日本学童千葉県大会の抽選会 各地域の代表は、だいたい分かっていたので今更では
有りますがさすが全日本学童 今年勢いがあるチームと名門チームしか残っていません。

抽選結果は、千葉県のHPにアップされるまでのお楽しみになりますが強いチームばかりの中でも
何チームか初戦で当たりたくないチームがありました。

その何チームかの中の1チームを見事引き当ててくれました・・・
かなり厳しいブロックに入ったと思います。

とは言っても個人的にこの大会は、、千葉県上位とかそういう事を目指す大会では無く
”優勝”全国大会出場を目指す大会だと思っています。

どんなに強い相手でも倒さなければ優勝は出来ませんので抽選結果は、あまり気にしていません。
力と力のぶつかり合いになると思いますが自分たちの力を100%発揮出来ればそれで良いと思います。
このトーナメントを勝ち抜けたら文句なしの千葉県一だと思います。

念願のワッペン頂けましたがもう一回り大きいワッペン目指して頑張りましょう。

24日は、鹿島の大野ファイターズさんと練習試合をやって頂きました。

いつもお世話になっている山武郡市の重鎮さんからの依頼で組んでもらった試合ですが
聞いていた相手と違ったので会場に行ってあれ?間違えた? ・・・と少し焦りましたが無事に試合を行えました。

前にも書きましたが練習試合は、沢山の大人達が動いてくれているから出来る事です。
相手がいないと出来ない事なので特に相手チームへの敬意と感謝の気持ちは、忘れないで欲しいと思います。

午後からスポーツ少年団千葉県大会の抽選も有りました。
こちらは、このチームとしてはリベンジしなければならない相手に決まりました。
この間も少し試合を見ましたが接戦に強くやりにくい相手です。
とにかくまずは、初戦突破目指して頑張りましょう。

そしていよいよ今日から千葉日報・関東学童の山武郡市予選が始まりました。

東金東クラブの初戦は、準々決勝 芝山リトルさんとの対戦です。

千葉日報か関東学童 ここを逃すとあとは、ろうきん旗だけになってしまいます。
常に目標を持って一年間戦えるように絶対に勝って県大会出場権を得たいと思います。
特に今は、チーム状態も良く選手に自信がみなぎっているように見えます。
しかし、自信と驕りは、紙一重です。
少年野球・・・そんなに甘い物では有りません。
とにかく一戦必勝 全力で目の前の一勝をもぎ取って欲しいと思います。

全日本学童、スポ少、南総大会、そして千葉日報・関東学童予選 大会が重なって大変ですが
勝ち進んでもっと大変な思いをさせて欲しいと思います。

保護者の皆さんにはご負担お掛けしますが頑張っている選手達の為、引き続き熱烈な応援お願い致します。


Posted on 2016/04/24 Sun. 20:29 [edit]

category: 2016

tb: 0   cm: 0

南総春季 2016 開幕  

4/16 練習試合
○7-0 御宿少年野球クラブ
○7-0 御宿少年野球クラブ

4/17 南総大会一回戦
○20-1 須賀スポーツ少年団

4/16 に御宿へ遠征。 4/17 は南総大会に参加しました。

御宿さんとの試合は、個人的にとても楽しみにしていました。

低学年の九十九地区のロッテ旗争奪戦で負けている(当時は御宿さんもうちも連合チーム)のですが
その試合で左右の良い投手がいてうちにも似たような投手がいたので高学年になったら
対戦してみたいと思っていました。

不思議な事に両チーム共に右投手は内野の主力になり登板機会は減っていて
捕手に当時はあまり目立たなかった選手がどっしり座りと・・・似たような経路でチームが
出来上がってきたのかなと思いました。
(昨年、5年生中心で一年間戦ったという点も似ていますね)

試合の方ですがここの所、好調の打線が上手く機能し二試合共に快勝する事が出来ました。
一月前でしたら押さえ込まれていたと思います。

選手達もあのクラスの投手にも自分たちの打撃が通用する事が分かったのは自信になったと思います。

・・・とチーム全体で大きな所では、成長して来ているのですが個々の課題に対して
成長が見られていない所がまだまだ有ります。

個々の課題が克服出来てくれば本当の強いチームになれると思います。

長所を伸ばすより短所を直すというのは難しいことです。
しかし、今選手達に克服してほしいと言っている部分は、野球を続けるうえで大事な部分なので頑張ってほしいと思います。


4/17 南総大会春季開幕です。

今年はどこまでいけるか楽しみですが厳しいブロックに入ったなというのが正直な感想です。

予報が悪かったので開会式は行われず写真撮影のみで「長生の森でやりたかったな」と・・・
後ろ髪を引かれながら試合会場に向かいました。

相手は須賀スポーツ少年団さんです。
千葉県大会 優勝経験もある名門チームですね。

前にもブログに書きましたが高校の先輩や同級生の出身チームで何かと緑を感じるのですが
前日に連絡があり同級生のこどもが入っているとの事でした。

試合の方は、非常に風が強く雨まで降ってきて途中中断という体験まで出来ました・・・
南総大会は、参加チームも多く運営とても大変だと思います。

うちとしても今後を考えると出来るだけ消化しておきたいというのも有りこの天候でも
試合終了まで出来たのは監督としては良かったです。

選手は、ちょっとかわいそうでしたがこういう状況でも淡々と野球が出来るようになった点は、
素直に成長した部分だと思います。

早いもので来週から関東学童兼千葉日報の予選がはじまります。
(シードされたのでうちは再来週からです)

色々な監督さんと話していると千葉日報に出たいという監督さんが一番多いです。
千葉県の少年野球児の晴れ舞台 優勝して出場権を勝ち取れるよう頑張りましょう!

Posted on 2016/04/17 Sun. 19:20 [edit]

category: 2016

tb: 0   cm: 0

全日本学童千葉県大会出場決定!!  


全日本学童 九十九支部代表決定戦


○18-0 茂原ドリームズ


今回は、いつもより長文になりますがとても思い入れが詰まった大会に出場が決まりましたのでお付き合いください。

監督になりたての頃、他チームの方にどこを目指してやっているの?と聞かれ
この大会を目指していると言った時に笑われた事もありました・・・
この事を別に恨んでいる訳ではありません。
返っていつかやってやるとモチベーションになり感謝しているくらいです。

今のチームで達成した出場ですが沢山の人の理解の元に達成した快挙です。

前スタッフ陣の方々
この方達が居なかったらそもそもサンダースに入部していなかったかも知れません。
チーム名の変更、合併 心から喜んでいる方は居ないと思います。
しかし、文句ひとつ言わず・・・伝統あるチームを任せて頂き感謝しているとしか言いようがありません。
少年野球への情熱、指導の難しさ、運営の難しさ・・・何よりも少年野球の楽しさを教えて頂きました。

現在のスタッフ陣の方々
皆、それぞれ仕事を抱えている中で出来るだけ協力しよう出来るだけ練習に行こうと文句ひとつ言わずに
ついてきてくれました。
非常に仲の良いスタッフ陣だと思います。
皆さんの支えが無ければここまで絶対に到達していません。

一年目の保護者の方達
この方達の理解が無ければ監督にはなっていなかったと思います。
今、思えばこの代から監督をやった事に大きな意味が有りこの結果が出たのはこの時に監督になったからだと思います。
負けてばかりでした。1-34 で負けた試合もありました。 土曜日も一日練習に変更しました。
沢山、不満もあったと思いますが最後まで任せて頂き本当に感謝しております。
ろうきん旗予選での奇跡の勝利。 そして東金東サンダースとしての最後の試合 今でもあんなに感動した試合泣いた試合はありません。

二年目の保護者の方達
連合での一年間の活動 いきなり知らない人が「監督です」となり戸惑ったと思います。
それでも任せてくれた豊成スタッフ、保護者の方達 たくさん我慢させてしまったと思います。
山武郡市初制覇 そして県大会出場 低学年チームでの県大会初勝利 合宿 BBQ 少年野球らしいチームになりました。
そして旧サンダースから一緒だった保護者の方達 一番人数の多い年でしたが一番辞めた選手も一番多い年でした。
辞めても大丈夫ここに拘る必要は無い そんな雰囲気が蔓延していた時期が有りました。
そんなチーム状況でも最後まで付いてきてくれた保護者の方達・・・感謝しかありません。

三年目の保護者の方達
非常に人数が少なく負担も大きかったと思います。
保護者として指導者として常に一緒に何とかしようやってやろうと
遅くまで語り合った事も多かったです。
意見がぶつかり合う事もありました。

真剣に取り組んでいたからこそだと思います。
しかし、最後はいつも私の意見を尊重してくれました。
5年生中心のチーム作り 我慢して貰った事も多かったと思います。
ろうきん旗では山武郡中で私たちしか予想していなかった県大会にも出場できました。
そして最後は、九十九シニア杯チャンピオンにまでなれました。
良い時も悪い時も苦楽を共にしてきてくれました。

現在の保護者の方達
早い子で1年生から5年間 一緒にいます。
息子がこの代という事で保護者であり指導者であり難しい事も沢山ありました。
しかし、終始一貫して胸を張って言えるのはグランド内では、皆、息子と同じと思い接してきたつもりです。
厳しい過ぎた部分があったのかも知れません。 
自分は、意図的に厳しくしている部分もあります。 メリハリが大事だと思っています。
しかし 全日本学童 千葉県大会に出るには必要な事だったと思っています。
まだ、この代の夢は続きます。 引き続き熱烈な応援宜しくお願い致します。

山武郡市の先輩監督達
山武郡というのは元来、野球のレベルとしてはそれ程高くない・・・というか県内でも弱い部類に入っていたと思います。
ご迷惑をお掛けするのでチーム名は出しませんが他地域の野球を必死に研究して取り入れ今のレベルまで引き上げてきた監督さん達がいらっしゃいます。
それこそ、色々な犠牲を払って得た知識だと思います。
中学や高校で山武郡の選手が活躍するようになったのもこの方達の努力あっての事だと思います。
そんな先輩監督からは、本当に沢山の事を教えて頂きました。
会えば直接 育成方法や戦術的な事をアドバイス頂ける事も有ります。
一生懸命やってる奴には、教えるよ・・・と言って頂けたこともありました。

自分のチームがもちろん大事なのですがもっと大きな視点で物事を考えていると思います。
そんな考えの監督さんが山武郡市には多いですしアドバイスのひとつひとつが今でも宝のようにこのチームに根付いています。

そして、サンダース前監督 豊成前監督・・・ボス
「常に選手の事を一番見てあげらる監督になってください」前監督からお願いされた事はこの一言だけでした。
もちろん節目、節目で色々相談はさせて頂いているのですがこの言葉だけはいまだに絶対守ろうと決めています。
野球に対する真摯で真面目な姿勢、超えられる事は無いと思いますがずっと目標にしています。

高校の先輩でもある豊成前監督
非常に野球が上手く 私より全然動けます。 チーム合併や連合にあたっては一番葛藤が有った方だと思います。
しかし、選手やチームに最善なのは何かを考え決断してきてくれました。
今のチームがあるのは豊成前監督の理解が無ければ有りえないです。

最後にボス
匿名になっていないのですが・・・
外から見ているといつも怒っていてなんだ?という感じなのですがこどもが大好きで毎週毎週何千本もの
ノックを打ってくれています。
ボスも色々、葛藤はあったと思います。
「結果を出してから言ってくれ」「監督がブレちゃダメ」とか厳しい事も言われた事も少なく有りません。
今の学年が全員辞めないでこの日を迎えられたのはボスのおかげだと思います。
いつもは厳しいように振る舞っていますが私が厳しい言葉をかけたあとに必ずフォローしてくれています。
二人三脚での3年間 やっと夢が叶いました。

他にも東金東サンダース、東サンダース、曙コンドルサンズ、豊成ハリケーンズ、つくもビクトリーズ、
豊成ビクトリーズなどのOBの皆さんのご理解とご協力が有りました。

マクドナルドトーナメント(全日本学童では県大会からマクドナルドトーナメントと呼びます)
名門と言われるチームでも出た事が無い いつかあのワッペンを付けたいというチームも沢山あります。
全ての団体スポーツの中で未だに国内最大のトーナメントと言われています。
千葉県においては唯一 連盟登録された全チームが戦うトーナメントです。

県大会に出れれば満足というチームは無いと聞きます。
どのチームも本気で全国を目指す各支部の代表16チームが集まるトーナメントです。

そこで戦える権利をやっと得られました。
今年、最大の目標で有り最低限の目標でもあった舞台に立てます。
(いつものように日本語が変ですがそういう事です)

これで4度目の県大会になりますがいつもは出たことに満足というのが正直な気持ちでした。
しかし、今回は出場権を得たことに安堵感はあるのですがすぐにもっと上という気持ちが
生まれこれからが勝負だと思っています。

"報恩感謝"

練習試合をしてくれた全てのチーム、応援してくれた全ての方の恩に報いる為、
感謝の気持ちと九十九支部の代表としての誇りを持って最高の舞台で最高の結果を目指してきます。

1460207001356_convert_20160410205226.jpg

Posted on 2016/04/10 Sun. 20:56 [edit]

category: 2016

tb: 0   cm: 2

練習試合 四連戦  

4/2 練習試合
○4-3 四街道ブルースターズ
○8-4 四街道ブルースターズ

4/3 練習試合
○13-1 花園ライオンズ
○ 9-0 花園ライオンズ


いよいよ来週に迫った全日本学童 九十九支部代表決定戦
決戦を前に全日本学童予選 印旛支部ベスト4 の四街道ブルースターズさん
千葉市中央大会ベスト4の花園ライオンズさんと練習試合を行いました。

どちらも1点差あと一歩の所で県大会出場を逃してしまったチームという事で
このタイミングで練習試合をして頂けるというのは感謝しかありません。

両チーム共に県大会上位進出の実績と伝統が有る県内の名門チームです。

四街道さんは、練習試合を申し込んで頂いたのですがその訳にかなり驚きました。
あくまでも個人的にでは有りますが私が今年の全日本の本命と思っているチームから噂を聞いてとの事でした・・・

この代としては、いつかやってみたいと目標にしているチームですのでそんなチームに
名前を知ってもらっているだけでも光栄ですが何とか全日本に出て挑戦させて頂きたいと思います。

試合の方ですがまずは四街道さんとの一試合目

今日は、いつもと先発・リリーフを入れ替えました。
これは防御率の部分でいつもリリーフしている選手の方が良かったからです。

相手投手がとても良く3点以内のゲームになるとは思ったのですが上手く先制して良い流れを作れました。
しかし、ここの所、ほとんど無かったミスが3つ続いて逆転されました。

相手チームの投手力を考えると逆転厳しいかなと思っていましたが結果逆転したという点は、
ここの所の練習成果が出て来た部分だと思います。

二試合目は、故障明けの選手を先発に持ってきました。
球速も有り安定感ありました。 十分、先発を任せられるレベルだと思います。

リリーフで昨年のエースをあげますがうーん 暫くは野手として頑張ってもらおうと思います。
彼の力が必要になる時が来るとは思いますので復活を待ちます。

二試合目も接戦だったのですがシーソーゲームで迎えた終盤に一試合目の凡ミスで交代した選手が
走者一掃・・・感動しました。

彼が努力しているのも見ていますし、とても期待もしています。
ディフェンス面で少し壁に当たっていると思いますがとても野球に対してひたむきな選手です。
必ず壁を克服してくると信じています。

続いて花園ライオンズさん戦

花見川区と東金では、高速を使っても1時間近くかかります。
こちらからの申し込みにもかかわらず朝早くからお越し頂きありがとうございました。

実は、水曜日のマリンスタジアムのイベントでお会いしていてもう挨拶させて頂いておりました。
試合観戦場所も近くてうちの選手にも監督さんから声をかけて頂きはじめての対戦という気がしませんでした。

二試合ともに皆、自分のやれる事をきっちりやろうと言って臨んだ試合でした。
内容的にも今シーズンベストと言えるような内容でした。

少し点差が開いたゲームでは有りましたが花園ライオンズさんの主将はじめみんなで
最後まで声を掛け合って諦めない姿勢とても見習う所が多いチームでした。

何かとご縁を感じるチームですのでまた機会があれば対戦させて頂きたいと思います。

今週の練習試合 4連戦で来週に向けてやれる事は全てやりきったと思います。
今まで練習試合の相手をして下さったチームの分まで恥ずかしい試合は出来ません。

とにかく全日本学童 千葉県大会に出たいという一心でここまでやってきました。

決定戦は、4/9(土)9:30 ~ 日向の森(出光)で行われる事が決まりました。

絶対に勝ちたいと思います! 皆さんの応援宜しくお願い致します!

Posted on 2016/04/03 Sun. 19:36 [edit]

category: 2016

tb: 0   cm: 0

QVC マリンフィールド 試合観戦 2016  

3/30

QVCマリンフィールドへ試合観戦に2年ぶりに行ってきました。
前日から準備くださった保護者会の皆様 本当にありがとうございました(^-^)/

QVCマリンフィールド 県内最大のグランドですが
今年はバックスクリーンが改修されオール液晶?となり県内のこども達にとって益々素晴らしい球場になっていました。

9:00 東金出発
10:30 記念撮影
11:30 キャップ交換
12:40 フィールドキャッチボール
13:00 試合観戦
17:00 帰宅

こんな感じのスケジュールでした。

フィールドキャッチボール 千葉ロッテマリーンズさんが数年前から県内全チームに体験させるとスタートした企画だと思います。

憧れのスタジアムでのキャッチボール
これだけでもとても良い思い出になるのですがこのイベントの面白い所は、試合前ですと観客が入っている中で行われる点です。

時間は、短いのですが1万人以上の観客がいる中でプレーするのは選手達にとってどんな気分なのでしょうか?
沢山のチームが居る中なので緊張は全くしないと思いますが・・・こんな体験は中々出来ませんね。

キャッチボールが終わると試合観戦となります。

こどもですから試合もそうですが売店がみんな好きですよね。
しかし今年は、みんな試合に集中していたように見えました。


うちのチームは8割くらいは、マリーンズファンのようでした。
私は、違うのですが・・・

選手の名前もあまり知らないので教えてもらいながらの観戦でした・・・

楽天戦だったので地元のスーパースター福田選手やオコエ選手も見られました。
(もう一人で福田選手に打席がまわってきたのですが残念ながら打席はみれず・・・)

ロッテには、うちのコーチの高校時代のチームメイトがスタメンで出ておりました。
楽天の美馬投手 すごい球投げていましたが別のコーチは高校時代対戦したそうです。
残念ながら私が高校時代に対戦したロッテのスーパースターは見られませんでした。

と色々、身近なプロを探しながら久しぶりのマリン観戦を堪能できました。

いつかここで俺も・・・みんな思っていると思います。
夢がある 未来がある 可能性がある・・・こども達が羨ましいですね。

少年野球は、野球だけではなくてこういうレクも時々あるチームも多いと思います。
うちのチームも合宿やBBQ、 プロ野球観戦、餅会、祝勝会などなど思考を凝らしたレクが有りますので
興味ある方は、お気軽にご連絡ください。


P3300915_convert_20160401075928.jpg
P3300971_convert_20160401080006.jpg

Posted on 2016/04/01 Fri. 08:01 [edit]

category: 2016

tb: 0   cm: 0

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード


▲Page top