東金東クラブ (旧東金東サンダース)ブログ

2015から東金東サンダースと豊成ビクトリーズは、登録名を東金東クラブに変更しました。

夏休みスタート  

7/23 練習試合
○6-1 南高津クラブ(6年生以下)
○18-3 南高津クラブ(4年生以下)

7/24 練習試合
○19-5 みつわ台スラッガーズ(4年生以下)

7/24 ロッテ後援会旗予選 一回戦
○9-4 九十九里Jr オーシャン

今週も低高ともに沢山の試合をやらせて頂き充実した夏休みのスタートとなりました。
この時期は、こちらで合宿をやられるチームとの対戦が非常に多くなるのですが普段出来ないチームとの対戦は、
良い経験になっていると思います。

まず、土曜日の練習試合 A戦から
相手は、春の関団連チャンピオンの南高津クラブさん。
全日本で西高津さんとの対戦が決まった後に西高津さんと互角の戦いをされていたのでやってみたいなと思っていたチームの一つです。
たまたま、こちらに合宿に来られるとの事でお申込み頂きロッテ後援会旗の抽選の結果、日程が空いたので練習試合を組む事が出来ました。
試合会場は、ウオーターガーデンの隣で同年代のこども達が楽しそうに遊んでいるのを尻目に皆、野球を楽しんでくれたように思います。

試合の方は、序盤に連打で得点を奪い優位に進める事が出来ましたがリリーフの選手を打ち崩して追加点を奪えなかったのは、日報杯に向けての課題です。
しかし、八千代には球の速い選手が多い・・・ 今日のリリーフした選手は、今年対戦した中でもトップクラスでした。
あと、三遊間の守備も体は小さいのですが素早く良い守備されていました。
常笑野球を掲げているだけあってとても選手達が自分達で考えて色々楽しんでやっているとても良いチームでした。
もう県大会の可能性は無くなってしまったとの事ですが選抜に向けて頑張って欲しいと思います。

次に、C戦
私の連絡ミスで城西さんにはご迷惑おかけしましたが急遽、集まって頂き試合が出来ました。
この試合、スタッフがいなかった事もありはじめて低学年の指揮をとらせて頂きました。
先週の練習試合の後には、練習も見させてもらった時に感じていた所を少し試すような形の試合になりました。
貰った得点も多かったですがこのチームの勝つ形のような物が出来て来たように感じます。
あとは、選手には言いましたがこのチームが抱えている大きな問題点も見えましたので大きな収穫だったと思います。

そして日曜日のC戦
相手は、若葉区のみつわ台スラッガーズさん。
昨日と同じような展開で良い形で勝利できました。
色々、選手の適性も試せて得点差はつきましたが来週に向けて良い形で大会に入れると思います。
みつわ台さんの選手、まだ試合慣れしていなかったと思いますが肩の強い選手が多くて将来、楽しみな学年ですね。

最後にロッテ後援会旗
相手は、先週 決勝であたった九十九里さん。
試合前に相手チームの保護者の方にも気を使って頂いたりと・・・出来れば決勝で対戦したかったチームです。
非常に嫌な形で先制をされてこちらの攻撃で先頭が倒れて・・・最後までもつれそうな予感がしましたが
復調気味の打線が爆発して初回に7得点と完全に主導権を握ったかに見えましたが最終回の相手チームの
猛攻で完勝とは言えず・・・課題を与えてもらった試合でした。
九十九里さん一人一人から何とかしようという気持ちが伝わってきてチーム状態があがってきたように感じます。
ろうきん旗予選では決勝まで当たりませんがまた成長した姿を見るのを楽しみにしています。

来週は、低学年がロッテ旗山武予選 高学年がロッテ山武後援会予選と大事な試合が続きます。
チーム状態としては、ようやく勢いが戻ってきた所という感じで選手も練習する事、練習して結果を出す事の
楽しさに少し気が付きはじめている選手もいるようです。
低学年は、代表決定戦を目指して・・・高学年は、マリンスタジアムを目指して悔いの残らないように
それぞれがやれる事をしっかりやって欲しいと思います。
スポンサーサイト

Posted on 2016/07/25 Mon. 12:12 [edit]

category: 2016

tb: 0   cm: 0

第9回夢まる旗争奪戦 優勝!!  

7/16 
夢まる旗争奪戦一回戦
○7-4 大網オリオン

7/17
夢まる旗争奪戦準決勝
○16-2 白里ウエーブ

夢まる旗争奪戦決勝
○2-1 九十九里Jrオーシャン

7/18 練習試合
○7-4 白子・小轡連合(6年生以下)
●6-10 白子ジュニアサンダース(4年生以下)

予報が悪く日程が心配されました、夢まる旗争奪戦ですが無事に開催され優勝する事が出来ました。
スポンサー会社様はじめ大会関係者の皆様、こども達のためにありがとうございました。

小さいな大会ではありますが今の代の選手達がはじめてタイトルを獲得したのがこの大会の低学年の部です。
(今年は、高学年の部だけで行われました)

その時は、自分達の強さも分からずあれよあれよと勝ち進みはじめて優勝という結果を勝ち取りました。
そして、勢いそのままにロッテ旗予選を優勝して県大会に出場する事が出来ました。
こども達が勝つ事、優勝する事の喜びを覚えた思入れのある大会です。

あの年は、4年生で高学年のレギュラーの選手もいたので3連休で8試合くらい試合に出てと・・・
今、思うとよくあの小さな体で頑張ってくれたんだなと思います。

まず夢まる旗の一回戦
相手は、大網オリオンさんです。
終盤まで7-1 とリードしていましたがこちらの拙攻が目立った事、そして大網さんのスイングが良い事も有り
終盤もつれるかなと思っていましたが予想どうりの展開となりました。

先攻だったのですが初回に連打で3点先制して良い展開でしたが私はイライラが止まりませんでした。
試合内容というよりも試合前の選手の表情や気持ちにどこか慢心が見えて試合が出来る事に感謝出来ていないように感じていました。
私がこうなるともうこのチームは、どんどんマイナスに進んで行きます。
試合後のミーティングでもう一度、試合が出来る事に感謝する事が出来ないと野球も上手くならないという話をしました。
その後、私は千葉日報県大会の抽選会があったので選手達だけで良く話し合うように伝えて抽選会に向かいました。

実は、抽選会場の隣 県野球場で親戚の子が登板していたので少しだけでも応援に寄って行きたかったのですが・・・
チームの事が気になりすぐに戻りました・・・帰って来てからの練習風景を見て少し安心しました。

続いて翌日の準決勝
相手は、この代としては、はじめて対戦する白里ウエーブさん
久しぶりに旧白里高校(現支援学校)に行ったのですがすごくきれいになっていてビックリしました。
試合の方は、緩急にうまく対応して相手ミスも有りましたが良く打ってくれたと思います。
その後、決勝まで時間があったので一緒に練習させてもらいました。
合同練習は、ほんとうにたまにですがやります。 
強い、弱い、上手い、下手 関係無くお互い刺激になるのでまた機会があれば一緒にやらせて頂きたいと思います。

そして決勝戦
相手は、九十九里Jr オーシャンさん
このチームとは、選手同士も仲が良く、スタッフも気心知れていますので公式戦では、やりたくないです。
(実は、来週も大会であたるのですが・・・)
スポ少の時もお互いに勝ち進み 特に何かあった訳では無いですが知っているチームが同じ会場にいるだけで
少しリラックス出来た気がします。

初回に1点ずつ取り合いますがチャンスは多いが追加点が奪えないという嫌な展開でした。
終盤に勝ち越しますが同点のピンチでビックプレーが有りそのまま勝ちきる事が出来ました。

年明けから言ってきた事ですがろうきん旗の頃には、他のチームにどんどん追いつかれてくるから
他のチームより練習しないと最後に負けるよと・・・今日の試合で身をもって分かったのでは無いでしょうか?

負けずに今日の経験を出来た事は、今後に向けてとても大きな意味があったと思います。

最後に最終日の練習試合。

抽選会で声をかけて頂き、願っても無い相手との試合になりました。
こちらのゲームも7-1 で進みますが最後に追い上げられました。
バッティングは、良かったと思いますが投手力を一段上げる必要性を感じ試合後の練習で少し調整した所、良い球投げていました。

潜在能力は、もともとある選手なのですが極端に打たせて取る投球に終始していた所があり性格的にも彼に合っているのかと
思っていた為、これまで直して来ませんでしたが想像以上でした。
今日の練習試合が無かったらこのままだったかも知れません・・・完全にものにするにはもう少し時間が必要かも知れませんが
これから先に向けて大きな選手になって欲しいと思います。

午後には、低学年も試合をやって頂きました。
敗戦が続きスタッフは、落ち込んでいたように思えましたが敗戦から学んだことは多かったと思います。
帰って来てからは、短い時間でしたが一緒に練習して悔しい思いをしたくなかったらという思いで指導させて頂きました。
(見る見る上手くなっていくので低学年は見てて面白いですね)
今週も練習試合が2試合あるのでロッテ旗に向けて悔いの残らないようにやれる事をやりましよう。

この三連休は、目標を失って燃え尽き症候群になりかけていたチームにまだ終わっていないと・・・
これからが少年野球の本番だと気が付かせてくれるような事が多くて・・・千葉日報の抽選会があった事も有りますが
また、皆で頂点を目指してという雰囲気が出来てきたように思えます。



Posted on 2016/07/19 Tue. 15:45 [edit]

category: 2016

tb: 0   cm: 0

課題  

7/10 練習試合

△2-2 誉田ベアーズ(6年生以下)

7/9 に鳴浜さんと練習試合を予定しましたが残念ながら雨で流れてしまいました。
日曜日は、緑区で長年 強豪として活躍されている名門 誉田ベアーズさんと練習試合を行いました。

試合前の打撃練習は、非常に好調でワンランク上に来たかなと思い非常に楽しみにしていましたが
実戦では、残念ながら不発という感じでした。

練習と実践は、違いますが試合で結果が出なかったからといってすぐに変える必要は無いと思います。

練習で良い形が作れなければ試合でも出せません。
今までの形に固執する事なく日々考え進化していって欲しいと思います。

試合の方ですがここの所、安定していた守備の乱れが出て先制されませすが良い形で逆転します。

最終回に追いつかれますが裏の攻撃でワンナウト三塁を作りサヨナラという場面でしたが
決めきれずに同点で試合終了となってしまいました。

この辺がこのチームの残っている課題だと思います。

選手達にとっては、緊張感のある良い練習試合になったと思います。

練習試合でこういう経験をさせてもらっている事に感謝して今日の反省点を公式戦に活かして欲しいと思います。

来週から公式戦が続きます。

夢まる、ロッテ後援会旗山武郡市予選、ロッテ旗、南総決勝、ポップアスリートそして千葉日報 
日程調整が入る試合もあるのでダブルになる事も多いと思います。

この夏、どこまで成長出来るかそして秋に笑えるチームになれるか6年生にとっては、少年野球もいよいよ最終章です。
とにかく悔いの残らないようにあとひと踏ん張り あと1段 階段を登れるように頑張って欲しいと思います。

Posted on 2016/07/11 Mon. 11:06 [edit]

category: 2016

tb: 0   cm: 0

練習試合&南総準決勝  

7/2 練習試合
○ 7-0 南条・日吉スポーツ少年団(6年生以下)
○ 10-9 南条・日吉スポーツ少年団(5年生以下)
○ 13-0 南条・日吉スポーツ少年団(6年生以下)

7/3 南総大会準決勝(5回戦)
○ 8-1 谷津サザナミ

7/2 に高校の大先輩が代表・監督をされている南条・日吉さんと練習試合を行いました。
監督一年目に練習試合で8連敗してこのまま一年間勝てないのではとさえ思いましたが
9戦目で4-3ではじめて勝利した思い出のチームです。

この時の勝利は、本当に嬉しくて今まで2個しか持っていないウイニングボールのひとつがこの時の練習試合の物です。
この時の6年生の中学野球も早いもので最終章 今週から総体が始まるとの事なので日程合えば応援に行きたいと思います。

A戦二試合ですが5投手の継投で0封、守備のミスも無くディフェンスは、ここの所 安定してきたと思います。
攻撃面では1試合目と二試合目で作戦を大幅に変えて臨みましたが相手がいないと中々出来ない攻撃パターンの
練習も出来てとても収穫のある練習試合になりました。
自分にとっては、南条・日吉の代表とじっくり選手育成に関してお話出来たのが一番の収穫でもあります。

続いてB戦 先週 日ハムが終わってしばらく公式戦は無いのにやる意味があるのか? と思うのかも知れませんが
一回戦負けのチームだからこそすぐにスタートしなければ追いつけないというのも有ります。

今回は、日ハムで連合していた城西さんが都合悪いとのことだったので単独での試合になりました。
1年生まで入れて10人ちょうど1人 休みだったので9人ぴったりで試合に臨みました。
昨年末に4年生以下の試合として最後の最後に単独で試合を行いましたがこの代のチームとしては、それ以来 久しぶりの試合になりました。

「試合が出来た事」「7回まで出来た事」「どんな形でも勝利した事」に意味が有ると思います。
この練習試合ひとつで何かが大きく変わる事は無いです。
しかし、一歩進んだ事は間違いないです。
小さな変化の積み重ねが大きな変化になると思っています。
色々な課題も多い試合でしたがどこまでこの子達が成長するのか伸びしろが大きい分、楽しみでも有ります。

そして、日曜日 南総大会の準決勝を戦いました。
相手は、習志野の谷津サザナミさん この代の4年生時の秋季南総チャンピオンです。

南総の準決勝ともなると弱い相手はいない訳ですが試合前の相手チームの練習を見てかなり接戦になるなという印象でした。
幸先悪く先制されますが打線が復調傾向である事も有り集中打で逆転に成功します。
その後も相手チームの鋭い振りから得点差はあるものの安心出来ないという展開で5回の裏を迎えます。
ここで課題を与えて望みちょっと幕切れはあっけなかったですが見事に決勝進出を決めました。

正直、とても強い相手だったのでもっとやりたいという気持ちと火が付く前に早く終わらせたいという気持ちと半々でしたが
公式戦なのでこの回で終えられて良かったと思います。

とても広範囲の地域からたくさんのチームが参加している大会でここまで来れたというのは感慨深い物があります。
あと一戦、 歴史に名前を刻めるよう頑張りたいと思います。

Posted on 2016/07/04 Mon. 14:41 [edit]

category: 2016

tb: 0   cm: 0

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード


▲Page top