東金東クラブ (旧東金東サンダース)ブログ

2015から東金東サンダースと豊成ビクトリーズは、登録名を東金東クラブに変更しました。

H28年度 卒部式  

H28年度 東金東クラブの卒部式を行いました。

例年は、12月の終わりに行っていますが今年は、年明けに決勝戦を二試合残したので昨日の開催になりました。

在部生が少なく卒部生が多い中での開催だったので新保護者会長はじめ在部生の保護者の方は、
準備等、大変だったと思いますが素晴らしい卒部式を開催して頂き、監督としてそして卒部生の親として感謝申し上げます。

寒い日が続いていましたがこの日は晴天で気温も比較的高く天候にも恵まれました。

午前中は、スタッフ+保護者対6年生のガチンコ対決

中盤まで0-0 で進む物の最後は、大人の意地で突き放しました。(負けるか?と思いましたが・・・)
そして、親子対決 お母さんのハッスルプレーもあり大いに盛り上がりました。

そして、過去最長となった卒部式
7本の優勝旗と12個のトロフィ・盾などを飾りとても華やかで誇らしい式典になりました。

今年は、最初からあきらめていましたが泣かずにはいられない式典でした。
涙あり笑いありの本当に良い式典になったと思います。

毎年、贈らせて頂いている卒部生への最後の言葉ですが今年は「勇往邁進」を選びグローブ入れに刺繍をして贈らせて頂きました。
今年のチームは、常に高い目標を持ちそこに向かって突き進んだチームです。

残念ながら最大の目標「全国」へは届きませんでしたが千葉県中に東金東クラブという名前を轟かせる事が出来たと思います。
次のステージでも目標を持ってそのに向けて努力する事を続けて欲しいと思います。

卒部生へ最後のメッセージです。

#10 S・Y
3年生からAチームのレギュラーとして弱い頃からチームを支えてくれました。
特に守備力と打撃力は、山武郡を代表するような才能がありました。
主将であり監督の息子でもあったので大変な事も多かったと思います。
今日からは、普通の親子です。 
努力する事を覚えて次のステージで才能を開花させてくれる事を期待しています。

#1 W・Y
投手としても打者としてもとても才能のある選手だと思います。
気持ちの面で緊張し過ぎる所があったので大舞台での活躍を心配していましたが6年生になってからは、
堂々とエースの重責を果たしてくれましたこれからは沢山走って千葉県を代表するような左投手になってくれる事を期待しています。

#2 I・H
非常に高い身体能力でチームのレベルアップに貢献してくれました。
どこのポジションで育てるか非常に悩んだ選手です。
キャッチャーフライへの反応、肩の強さそして常にボールに触っていた方が良いタイプだったので捕手として育てました。
最後の方は、アイコンタクトでなんでも分かる位、私の意志を感じ取ってくれていました。
とても可能性がある選手です。
どこのポジションでも大きく成長してくれる事を期待しています。

#3 I・T
非常に人懐っこくて誰からもいじられていたT君。
ムードメーカーとしてチームに貢献してくれていましたが5年生位からメキメキ成長して
最後は、立派にクリーンナップを務めました。
とても努力した選手だと思います。 もう少し絞って守備も上手くなればどこでも通用する選手になると思います。
成長する姿を楽しみにしています。
たくさん食べて良いのでそれ以上に練習してくれればと思います。

#4 S・Y
1年生からずっと一緒に週末を過ごしたY君。
試合に出られなくても腐る事なくもくもくと練習していました。
残念ながら大事な時期に大けがが有り悔しい思いをしたと思います。
それでも練習を休まずチームの為に、ボール渡しなど出来る事を一生懸命やってくれました。
バッティングに関しては、チーム内でも上位の力を持っていたと思います。
それは、やはり練習していたからだと思います。
これからもっともっと成長出来る可能性があるので諦めずに頑張って欲しいと思います。

#5 I・T
誰からも好かれるとても性格の良い選手でした。
身体能力は、高いのですがどこか不器用で泥臭いプレースタイルでした。
とくにかくいつも全力で一生懸命やる姿が印象的でした。
とても良く練習していた選手だと思います。
体の使い方と試合・練習での気持ちの持ち方を少し変えれば大きく成長できると思うので上でも頑張って欲しいと思います。

#6 I・T
足も速く肩も強い そして遠くに打球を飛ばす能力を持っている。
野球選手としてとても才能がある選手です。
気持ちの面で中々、心を開いてくれなかったですが・・・本来とても明るい性格です。
自分をもっと出して100%の力を常に発揮して欲しいです。

#7 Y・A
足が速く内外野をこなせた選手です。
思えばうちに来た時から比べてとても上手くなったと思います。
体の事を言われるのは辛いと思いますがもう少し体重が増えればもっともっと上手くなると思います。
自分の特徴を活かして次のステージで活躍して欲しいです。

#8 Y・R
小さいですがとても足が速かったです。
4年生から外野のスペシャリストとして育成して守備範囲の広さは郡内でも指折りでした。
少し、集中力が無い所があったのでもっと集中してバントも上手くなると強豪チームでも活躍出来ると思います。
内野でも外野でも次のステージでは自分の好きなポジションでレギュラーをつかんで欲しいと思います。

#9 M・Y
身体能力が非常に高く野球センスがある選手でした。
抑え投手として小学生の間は、コントロール重視の部分が有りましたがもっともっと球速は出ると思います。
そしてバッティングも少しコツを掴めばもっともっと打てると思います。
声は、本当に出ませんでしたが声が出なくても実力で使わざるを得ない位の選手になって欲しいと思います。

#11 S・R
とても綺麗なバッティングフォームをもっている選手でした。
守備も堅実で安定感がありました。
思いっきりが良く羨ましい位でした。
もっともっとバッティングに磨きをかけて次のステージでも頑張って欲しいです。

#12 T・A
とにかく笑顔でいつも一生懸命プレーする選手でした。
とても勝負強く、何度もチームを救ってくれました。
特にバッティングに関しては、良く練習していたと思います。
試合に出られなくても腐る事無く練習を続けチームに貢献し続けてくれました。
次のステージでは、大好きな野球をもっともっと出来るようにレギュラーを掴んで欲しいと思います。


この日を迎え、12人 全員辞めずにこの日を迎えれた事、全員が中学でも野球を続けてくれる事が私は一番嬉しいです。
これからどんどん野球は厳しくなっていき辛い事もあるかも知れません。
悩んだり迷ったりした時は、グランドに遊びに来て欲しいと思います。

沢山の夢を見させてくれた選手達に感謝!


スポンサーサイト

Posted on 2017/01/30 Mon. 14:56 [edit]

category: 2016

tb: 0   cm: 0

第8回千葉ロッテマリーンズ後援会旗少年野球大会 成績繰り上げ  

もう終わった事でありますが正式に処遇が決まりましたのでご報告させて頂きます。

12月に行われた第8回千葉ロッテ後援会千葉県大会ですが優勝チームの香取ジュニアウイナーズに不正があった為、
優勝剥奪の上、成績繰り上げとなり東金東クラブは準優勝とすると連絡がありました。

不正の内容ですが県外のチームからも選手を招集した選抜チームでした。
この大会では千葉県少年野球の規則を採用となっていますので連合(合同)チームのルールに違反しています。

試合前に二チームの合同チームですと香取後援会の方は、説明していましたが実際には4チーム以上から招集されていました。
この後援会は、二年前にも同じ事をしていて問題になりましたのでルールを知りませんでしたは通用しないと思います。

尚更、勝たなければならない試合でうちの力不足だったとは思いますが単独チームが選抜チームに勝つと言うは並大抵の事では有りません。

このブログを見てくれている方は、わかってくれると思いますが私が他チームの事を批判的に書いた事は有りません。

しかし、こども達の夢、予選で負けた他チーム 正々堂々と戦った他後援会のチームの方達、全ての思いを台無しにして
堂々と優勝したとFacebookにあげている香取後援会の関係者の方がもしこのブログを見たのであれば他のチームがどれだけ
悔しい思いをしたかどれだけの事をしたのかを知って欲しいと思います。

そして願わくは、事実をきちんと後援会員の皆さんに伝えるべきたと思います。

自分達が勝てば、自分達さえ良ければ良いと言う考えだとは思いますが、試合は相手がいないと出来ない事で野球はルールがあるスポーツです。

ルールを守ると教えるのも学童野球では大事な事だと私は思います。

もう、何を言ってもあの舞台は帰ってきません。
楽しみにしていた他地域の強豪達との対戦も出来ません。

(一回戦で香取に負けた茂原BBMさんともとても対戦したかったです。)

ここで書いても選手・保護者・関係者の皆さんの悔しさが晴れる訳では有りません。

そして、こんな事を書く事がチームにとって不利益になるのは分かっていますが、何があったか皆さんにお知らせする義務が私にはあると思います。

また、大会自体は、素晴らしくとても夢のある大会です。

今後も継続して益々良い大会にしてもらう為、そして今後うちのような思いをするチームが出てこないようにして頂きたいという思いであえて書かせて頂きました。

決勝で敗戦した訳でもないのに準優勝・・・仕方ないですが富里さんと決勝で対戦したかったです。

チーム関係者の皆さんには、卒部式を前に嫌な事を思い出させてしまいましたがこれでこの件は終わりにしてすっきりと卒部式を迎えて欲しいと思います。

Posted on 2017/01/25 Wed. 18:25 [edit]

category: 2016

tb: 0   cm: 0

秋季南総大会優勝!!  

1/21 南総大会決勝

○ 1-0 千葉市原マリーンズ

1/22 卒部記念試合&練習試合

○11-2 東陽スポーツ少年団(6年生以下)
○9-2 東陽スポーツ少年団(5年生以下)

南総大会秋季大会で春季大会の雪辱を果たし優勝し有終の美を飾る事が出来ました。
この大会での優勝というのは、監督になってからの目標のひとつだったのでとても誇らしく思っています。

同時に本当に長い一年になりましたが翌日の卒部記念試合を持って6年生の全日程を終了する事が出来ました。

昨年、1月の今井さんとの練習試合を皮切りにほぼ毎週のように練習試合と公式戦が有りAチームだけで97試合を戦いました。
トータル 82勝13敗2分け 公式戦 52勝8敗という成績でした。
これだけの試合をやらせて頂けた事、そして対戦チームの皆様、大会運営スタッフの皆様、そして東金東クラブ関係者の皆様、すべての方に感謝申し上げます。

南総大会の決勝戦の相手は、千葉市原マリーンズさん

初回に固く1点を取って尚もツーアウト満塁というチャンスでしたが1得点止まり・・・結局これが決勝点となりました。
チャンスは作りますがノーアウト1塁2塁という場面で2塁ランナーが牽制死なども有り中々、追加点を奪えませんでした。

逆に終盤 大ピンチを迎えノーアウト1塁3塁からセンターへの浅めのフライでタッチアップから生還を許します・・・
しかし、ここはアピールプレーでダブルプレーとなりました。
(3塁側だったので良く見えたのですが審判の方が良く見てくれていたと思います。さすが南総審判団です。)

エンドランをしかけられショートのダイビングキャッチでダブルプレー等も有り終始つきがこちらにあったように思います。

この日の最後の投手は、背番号1をあげました。
三人の投手の中で誰が1番を着けてもおかしくない力がありましたが結局最後まで背番号1を守り続けました。
そして最後は、本当のエースと呼べるだけの投手に成長してくれたと思います。

このチームで公式戦がもう戦えないと思うと少しだけこみ上げる物が有りましたが笑って最後のミーティングを行う事が出来ました。

そして翌日、最終戦の練習試合を行いました。
昨年末に東陽さんに熱望して頂き実現した試合になります。

うちは、あまりレギュラー・補欠と明確に分かれているチームでは無いのですがいつも途中交代の選手を先発で最後まで試合に出せた事、
普段、チーム事情でやりたいポジションが出来なかった選手を希望のポジションで少しでも出場させてあげられたこと、とても意味のある試合になりました。

この一試合で全てが報われるとは、思いませんが特に途中交代が多かった選手は、とても楽しんでやってくれたように思います。
この試合を通じて上では、レギュラーを取ってずっと試合に出続けるという気持ちが少しでも芽生えてくれればと思います。

続いてようやく切り替えて5年生以下の練習試合です。
人数構成的に1年生を二人スタメンで使わなけれならないという新チームです。
(この一年生二人は、ただものでは無いのですが・・・)

12月から本当に大事な大会以外は、5年生以下で練習していました。
まずは、守備・・・ 今日は、5回まで0-0 という試合だったので良く守っていたと思います。

当たり前の事を当たり前にまずは、このチームはここなのですが守備に関しては、決してレベルは高くない物の基礎的なちからが備わってきたように思います。
私不在の中で鍛えてくれた代表はじめコーチ陣の努力に感謝致します。
バッティングの方は、もらった得点が多かったですが主力になる5年生二人の活躍で効率良く得点出来ていたと思います。
シートノックなどを見ていると東陽さんの方が格上だったと思いますが最初の目標まずは1勝をクリアしました。
次の目標 公式戦1勝 少しずつ少しずつ目標を達成していき最後に良いチームになれるようにスタッフ一丸で頑張っていきたいと思います。

来週は、いよいよ卒部式です。
この卒部式に出て欲しい一心で辛い事があっても耐えてきた保護者の方もいらっしゃると思います。
最後の晴舞台なので風邪などひかないようにして全員出席してもらう事が6年生への最後のお願いになります。



Posted on 2017/01/23 Mon. 12:20 [edit]

category: 2016

tb: 0   cm: 0

九十九リトルシニア旗杯 連覇達成!!  

1/8 第12回 九十九リトルシニア旗杯 決勝戦

○7-1 松尾ブルーウイングス

最初に日程の調整、グランド提供、ボールボーイから審判まで非常に手厚く少年野球の為に大会を盛り上げてくれた九十九リトルシニア関係者の皆様に感謝申し上げます。

決勝戦の相手は、松尾ブルーウイングスさん この代としては6年生になってからはじめての対戦です。
自分としては、山武郡を代表する強豪チームという事でずっと目標にしてきたチームでもあります。
弱かった年でも決して見下さずいつも全力で相手して頂き、そしてアドバイスを頂き監督としてそしてチームとしてこのチームの存在無くして今の東金東クラブは無いと思っています。

試合の方ですが一回にワンナウト三塁 二回にノーアウト二塁・三塁とチャンスを潰し不運な当たりがヒットになりと非常に流れの悪い展開でした。
私が下手だったのもありますが集中力が無いプレーがあったりと6年生らしからぬプレーが続きました。
三回もワンナウト三塁を作りますが最悪の形でツーアウト三塁となりここも潰すといよいよ完全に流れが行くなという場面でタイムリーが出てくれました。
その後は、徐々にいつも通りのプレーが出来るようになり中盤の連打で中押しそして終盤にダメ押しと理想の形で勝利する事ができました。

連覇を目指した九十九リトルシニア旗杯、過去12回の歴史上どのチームも無し得なかった連覇を達成しました。

閉会式では、最優秀選手に1名、ベスト9に7名も選出して頂きました。
また試合終了後には、楽天福田選手から祝福のコメント及び一緒に写真撮影をして頂き選手達にとっては、とても思い出に残る大会となりました。

6年生の大会もいよいよ南総大会の決勝 一試合を残すのみとなりました。
あとひとつ最後も笑って終えられるように頑張って欲しいと思います。


Posted on 2017/01/10 Tue. 09:42 [edit]

category: 2016

tb: 0   cm: 0

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード


▲Page top