東金東クラブ (旧東金東サンダース)ブログ

2015から東金東サンダースと豊成ビクトリーズは、登録名を東金東クラブに変更しました。

ゼビオ杯 一回戦  

5/28 ゼビオ杯

●6-7 内野シャークス

今週末は、運動会の学校が多かったのですが残念ながら一校だけ土曜日の予定が
日曜日に延期になりゼビオ杯と重なってしまいました。

試合開始時刻を1時間遅らせて頂きましたがそれでも主力の何人かが間に合わないという状況で
棄権も検討しましたがはじめての参加でご迷惑をお掛けしたくないという思いと5年生に公式戦を
経験させておきたいという思いで惨敗覚悟で臨みました。

初回、低学年中心の中 何とかアウトを重ねますが長打の連打を浴びていきなり三失点・・・厳しいスタートでした。
しかし、裏の攻撃でこちらも連打で同点に追いつきその後、主力が合流した事も有り逆転に成功しますがすぐに追いつかれます。

しかし、2点加点して流れがこちらに来ていましたが同点止まりで切り抜ける場面で痛恨のバックホームミスから逆転を許してしまいました。

前進守備をひかず同点覚悟でしたが3塁・1塁はバックホーム ここの指示をもっと明確にしておくべきでしたが
アウトをひとつづつ重ねようと言った部分の方に頭がいってしまった結果だったので私の指示の仕方が悪かったと思います。

時間的に最終回となった6回もワンナウト2塁3塁のピンチでしたが追加点を与えずこれで流れ的には最終回 逆転サヨナラだな・・・
勝つならこの形と思っていたパターンになりましたが残念ながらあと一本が出ませんでした。

あの緊張する場面で思い切り良い守備で守った相手チームの方が立派で力的に及ばなかったというのが正直な感想です。
内野さんこの時期の5年生チームとしては、かなり鍛えられていて強いチームだったと思います。
こういうチームと公式戦で好ゲームをやらせて頂きとても収穫のあった試合になりました。

ベンチ含めて反省する部分も有り、選手達ももっともっと野球を覚えなければという試合でした。
Bチームは、まだ出来立てのチームですが1点差でも負けは負け 何も残らないです。
前にも書きましたが1点差を絶対に落とさないチームが強いチームで1点差の中には大きな差があるのが少年野球・・・
1点差を勝てるチームになっていきたいと思います。
スポンサーサイト

Posted on 2017/05/29 Mon. 12:52 [edit]

category: 2017

tb: 0   cm: 0

友遊ボール 山武郡市予選優勝&練習試合  

5/20 友遊ボール 山武郡市予選
優勝!

5/21 練習試合
〇4-1 椎柴スポーツ少年団 (6年生以下)
〇13-4 椎柴スポーツ少年団 (4年生以下)
●5-7 椎柴スポーツ少年団 (6年生以下)

急に暑くなってきて今週末は、初夏を感じる陽気でした。

11人でスタートしたこの代のチーム いつの間にか部員が部員を呼んでくれて19名(+練習生2名)ともう少しで
ベンチ入り出来ない選手が出てくる規模になってきました。

グランドは有るのでもう少し増えれば高学年、低学年の練習を完全に分けて練習出来るようになると思います。

まずは、3年生以下の友遊ボール 山武郡市予選 三連勝で見事優勝して帰ってきました。
どんなに小さな大会でも優勝するというのは立派な事です。
試合が終わったら解散で良いよと伝えてあったのですがほとんどの選手がグランドに来て嬉しそうに優勝の報告をしてくれました。

県大会行きます!と言っていた選手達・・・I監督によーくお願いしてみてください。

4年生以上は、土曜日みっちり練習をした後に急遽、銚子市の椎柴スポーツ少年団さんにお越し頂き練習試合を行いました。
先週の敗戦で手応えが出て来てこれからスタートというタイミングだったので気持ちを入れて臨みました。

一試合目は、投手戦となりましたが先発投手は、かなり捕えられていましたがバックの守りにも助けられ形が出来て来ました。
球速がないけど四死球はほとんど出さないので計算出来る投手になってきましたがもう一段のコントロールと微妙な緩急が課題だと思います。

打線の方は、上向いてきたと思います。
基本的に好きなように好きなスイングで思いっきり打って欲しいと言うのが本音ですがこの代で勝っていくにはチームとして
バッティングを変えていく必要があるというのは先週までに書いた通りなのですが良い方向に進んでいるように思います。
接戦を取れたのは良かったと思います。

二試合目の低学年です。
バッテリーが良いので試合自体は作れるのですが守りの部分でまだまだという所が多いのも事実です。
二年生中心のメンバーですがとにかく一生懸命やってくれているので成長するのも早いです。
ロッテ予選の組み合わせも決まりいよいよこの代も本番目前です。
ロッテ旗 県大会 とても良い大会ですしここに出る出ないで練習試合の相手も変わってきます。
あと一ヵ月で予選開始 出来る事を精一杯やって欲しいと思います。

そして二試合目のA戦

2-0 2-2 3-2 3-7 5-7 という展開でした。
4回までとても良いゲームを出来ていましたが5回の4失点 ・・・ ここにこのチームの弱さが出てしまいました。
とても弱気なプレーが続いた失点だったのでミーティングではじっくりこの部分を話し合いました。

三試合通じてとても良い経験をさせてもらいチームが少し変わってきたのも感じる事が出来ました。

来週は、5年生以下の大会に出場します。
各年代がそれぞれ成長する事がAチームの成長に繋がりますので来週も精一杯頑張って成長していきたいと思います。

Posted on 2017/05/22 Mon. 11:28 [edit]

category: 2017

tb: 0   cm: 0

スポ少 千葉県大会開幕  

●0-7 矢指スポーツ少年団

スポーツ少年団千葉県大会が開幕しました!
昨年はベスト4に残った思い出の大会 毎週毎週の我孫子遠征 大変だったけど楽しかったな・・・

一回戦の相手は、東総地区の春のチャンピオンで力の差は有りましたが試合内容的には
四死球もエラーらしいエラーも無く締まった試合でした。

初回に連打で5失点 その後はお互いに0行進でしたが5回に二点追加され力尽きました・・・
ちょっと思い出せない位に久しぶりのコールド負けです。

初回の展開から酷い試合になってしまうかなと思いましたが選手たち良く集中して二回以降は、
ゲームを作れていたと思います。

打線の方も相手エースに真っ向から向かってチャンスは作れていたものの決定打が出なかったです。

今日の試合・・・日報予選で負けてからやってきた事が随所に見られ私としては成長したと思えた試合でした。

県大会レベルの戦いが出来るようになってきたようにも思いましたが県で勝っていくチームと
決定的な差を見た試合でもありました。

特に外野の守備範囲の差・・・ここは埋めようがないと思う程の差を感じました。

この話は、選手たちにしましたが今日の試合でうちの外野の特定の選手を責めた訳では有りません。
ただ、練習の時にどういう気持ちで臨むかで変えられる部分なのでこれから頑張ろうという話をしました。

試合後に選手には、時間がかかったけどやっとスタートラインに立てたという話をしました。
自分達のスタイルと課題がはっきりと見えた試合だったと思います。

選手たちも納得して聞いていたように思えました。

もしかしたらこの代は、私が少年野球で教えたい事、伝えたい事 教えきれないかもと思っていましたが
やっと不安より期待の方が上回る所に来れたように思います。

コールド負けで何言ってんのと思うかも知れませんが・・・なかなかレールに乗る事が出来なかったチームが
やっとレールに乗ってスタート出来る・・・私としてはそういう感覚になった試合でした。

これから脱線しないように鈍行から快速・特急・新幹線 せめて特急くらいにならないと県大会は難しいですが
少しだけ可能性が見えたそんな試合でした。

また来週から頑張りましょう!

Posted on 2017/05/14 Sun. 21:43 [edit]

category: 2017

tb: 0   cm: 0

GW 全14戦での変化  

4/29 千葉日報予選
●0-8 鳴浜BBC (6年生以下)

4/30 練習試合

●1-6 辰巳ハニーズ

5/3 エアーフロント低学年

○ 9-1 松尾ブルーウイングス(4年生以下)
● 2-10 大網・九十九里連合(4年生以下)

5/3 練習試合

●2-4 オール五井ヤップオーシャン(6年生以下)
○10-3 鳴浜BBC(6年生以下)

5/4 エアーフロント低学年 二位リーグ
●4-13 弥勒少年野球(4年生以下)
●2-4 成東ファイターズ(4年生以下)


5/5 練習試合

○8-3 市原若宮ウイングス(4年生以下)
●7-8 市原若宮ウイングス(5年生以下)
○6-5 市原若宮ウイングス(6年生以下)

5/7 練習試合

○10-1 南条日吉スポーツ少年団(4年生以下)
●0-10 南条日吉スポーツ少年団(6年生以下)
○20-3 南条日吉スポーツ少年団(5年生以下)

今年は、GWがとても長く感じましたが全14戦 皆さんのおかげで乗り切る事が出来ました。
6勝8敗という結果には満足出来ませんが各年代沢山の試合経験を積んで成長している部分を感じる事が出来ました。

昨年王者として臨んだ千葉日報予選は、準々決勝で敗退
中盤まで競りますがちょっとした事でリズムを崩し最終回までいきますが結果、0-8・・・
相手チームの良い所が出てこちらの悪い所が出た結果 最後は一方的な展開となってしまいました。
この試合のあとに選手たちにじっくり話をしました。
ここで変わる これから変わる ずっと言い続けてきている事ですがやるのは選手です。
自分の言葉をどのように感じどういう気持ちでこれから練習に取り組むのか・・・良い方に行ってくれると信じてやっていきます。

続いて辰巳さんとの練習試合
前の日と同じようなミス・・・取り返すという強い気持ち・・・野球がわかっていない。
指導力不足です。 力の差がある相手ですがもっと接戦に持ち込める展開になる場面がいくつかありました。
致命的なミスをするのも野球・・・ミスが目立つのも野球・・・活躍したのが目立つのも野球
状況・場面が頭に入っていればしなくて良いミス・・・まずはこれを無くしていかないと・・・
二日間で同じようなミスをした選手の親御さんはとても落ち込んでいましたが諦めたら終わり出来るまで諦めず頑張って欲しいと思います。

GW 後半のスタートは、高学年だけでは人数が足りないので九十九里さんと連合で試合を行いました。
一人・二人入るとチームが変わる・・・まさにそんな試合だったと思います。
一人一人が成長すればきっとチームは変わってくると思います。

低学年はエアーフロント 1勝3敗の8位という成績でした。
私はこちらに行っていたのですが低学年は、主力が2年生という事でかなりきつかったですが
試合経験を積む事でとても成長した試合だったと思います。
もっと活躍したい・・・そう思ってくれれば低学年は良いと思っていますので今後の練習に変化が現れる事を期待しています。

GW も終盤若宮さんと南条さんと練習試合を行いました。

私は、バッティング練習のメニューは色々、工夫するのですがスイングは最低限しか直しません。
これはバッティングには正解がない・・・過去に10割を打った打者がいないからです。
その子の持っている個性・感覚を大事にという方針です。

しかし、このままではという事で前日の練習から思い切って修正をしました。
そんな付け焼刃でと思うかも知れないのですが打席に入る時の気持ち、打つ時の気持ち この辺を教えました。
南条さんのエースは今打てるレベルに無かったですが他の試合では振りが変わったように見えました。
打球も鋭くなりました。
覚醒したと思われる選手もいました。

ちょっとしたきっかけで変わってくれる選手を見ているとやはり少年野球は教えがいがあるなと思います。
さて、いよいよ6年生に残された県大会をかけた戦いもろうきんだけになりました。
まだまだ、とても幼さを感じる6年生二人ですが・・・最後、どこまで成長するのか楽しみにしています。

Posted on 2017/05/09 Tue. 13:17 [edit]

category: 2017

tb: 0   cm: 0

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード


▲Page top