FC2ブログ

東金東クラブ (旧東金東サンダース)ブログ

2015から東金東サンダースと豊成ビクトリーズは、登録名を東金東クラブに変更しました。

第4回 TOSHO杯 優勝!!  

2/24 TOSHO杯
一回戦
〇11-1 富里ラディソンエンジェルス
二回戦
〇7-1 豊畑スポーツ少年団

2/25 TOSHO杯
準決勝
〇4-2 海上マリンキッズ
決勝
〇7-1 豊田キッドシャークス

今年も東金商業のOBが指導者にいる(いた)チームに参加して頂きTOSHO杯を開催致しました。
毎年恒例になってきましたが未だに段取りが上手くいかず開催までの間忙しい日々を送ってきました。

今年は、13チームに参加して頂きリーグ戦を3ブロック トーナメントを1ブロックという形で
初日に全てのチームが二試合行う形で翌日にブロック代表でトーナメントという形で行いました。

ご参加及びご協力頂いた全てのチームに感謝申し上げます。

初日は、うちはトーナメントに入りました。

一回戦は、富里ラディソンさん 一昨年は決勝で対戦させて頂きサヨナラ勝ちした試合は今でも覚えています。
今年は、若い選手が多く苦労されているようでしたが序盤は、2-1 で進みこれ負けパターン・・・と思っていたのですが
ここから踏ん張り、攻撃が噛み合うと一気に勝利する事が出来ました。

二回戦は、昨年のこの大会で敗戦して3連覇の夢を奪われた豊畑さん
秋にも対戦していますが特に守備が秋とは比べ物にならない位、鍛えられていました。
この試合は、序盤から着実に加点していき勝利する事が出来ました。
豊畑さんは、この日の夜に卒部式を控え、忙しい中、ご参加頂きました。
また、二試合目から移動 即試合と準備もままならない中で試合をさせてしまい申し訳無かったです。
また、ベストコンディションで対戦させて頂ければと思います。

翌日の準決勝
相手は、海上マリンキッヅさん
前の監督さんとは同学年だったという事も有り色々、交流させて頂いているチームです。
試合後に聞いたのですがセンターラインは、全て新5年生との事でした。
球速・制球とても良い投手だったので今年も来年も成長が楽しみですね。

試合の方は、序盤に1点を失い 追う展開となりました。
チャンスは作りますが中々、得点出来ずにいますが打つべき選手が打って同点
そして逆転すると終盤に加点してつき放すも追い上げられと非常に良いゲームでした。
先週までに変れない・・・と嘆いていた部分ですが この試合で何か掴んだように思います。

そして、決勝戦
相手は、練習試合でサヨナラ負けをしている豊田キッドシャークスさん
こちらのエースは、ルール的にはあと3回投げられましたが前の試合で4回/60球投げていましたので
投げさせてもあと20球かなと出来れば今日は、他の投手に踏ん張って欲しいという思いでしたが
見事に期待に応えてくれました。
序盤に4点そして終盤に3点加点して7-1 で第4回 TOSHO杯を制する事が出来ました。
基本的にポテンヒットや審判のジャッジ等 運が味方してくれての勝利だったと思います。
しかし、0-0 で進んだ序盤からの我慢比べに勝って勝利したという所に意味が有り勝ち方というのを覚え始めたように思えます。

来週からはじまる全日本学童 自分達のスタイルが出来てきたと思います。。
応援してくれる方、練習試合に付き合ってくれたチーム、この大会に参加してくれたチーム
全ての方達に感謝して全日本学童で結果を出して欲しいと思います。



スポンサーサイト

Posted on 2018/02/27 Tue. 11:58 [edit]

category: 2018

tb: 0   cm: 0

練習試合 四戦目  

2/17 練習試合
△3-3 辰巳ハニーズ(A戦)
●2-5 辰巳ハニーズ(A戦)

2/18 練習試合
〇6-1 白子ジュニアサンダース(A戦)
〇14-0 白子ジュニアサンダース(C戦)
〇6-2 白子ジュニアサンダース(A戦)

来週からのTOSHO杯前の最後の練習試合を今週末は行いました。
今年は、寒い日が例年より多くここまで試合数をこなせないかなと思っていましたが
何とか天候に恵まれAチームは、今年に入って9戦行う事が出来ました。

先週、今週と学校行事、体調不良となかなかベストメンバーが揃いませんでしたが
日曜日には、ようやく全員参加して最終確認をする事が出来ました。

まずは、土曜日の辰巳ハニーズさんとの試合。
毎年、この時期に対戦させて頂き私としては一番長くお付き合い頂いているチームのひとつです。

昨秋に5年生同士で対戦していますが例年ですと年明けには別チームになっている辰巳さん。
今年もここまで変わるかという程、変わっていてこの辺はさすが辰巳ハニーズさんという感じです。

特に今年は、非常に基本に忠実なプレーをする選手が多いなというのが印象的でした。
試合の方は、一試合目、二試合目ともに締まった好ゲームで両方、1時間半で7回終了できました。

1試合目は、先週も課題になった部分がまだ克服出来ておらずきっちりやる事をまだまだやれていませんでした。
正直、今年は投手力にも恵まれ冬場の練習量も多かったので投手中心の守りは、及第点まで来ています。
ただ、攻撃面で長打・長打と打てる程の打撃力は無くロースコアのゲームになる事が多いです。
その分、細かい野球が必要なのですがまだまだ理想には遠いです。
機動力もあまり無いの中での攻撃 どうやって点を取るかいかにチャンスを物にするか
ここが今年のチームの課題になると思います。

ただ辰巳さん相手に負けなかったという所は、1試合目の収穫です。
二試合目も6回まで1-1で進み完全な我慢比べ ここを乗り切ってくれればと思いましたが
精神的な弱さ・・・ここがもろに出たようで一挙 4失点 このまま終わるかと思いましたが
最終回にようやく気迫が伝わる攻撃で最後までチャンスを作りましたが1点しか返せませんでした。

おーここを越えれば変わる・・・ここだ・・・ここだ というのがこの代は、何度と無く有るのですがなかなか、越えられないでいます。
そこが何とももどかしいですね。

そして日曜日
こちらも何かとお世話になっている白子ジュニアサンダースさん。
相手先発 とても良い投手でしたがミスを突きながら1点、1点 加点していって投手中心に守備がしっかり守り
終始こちらのペースで試合を進める事が出来ました。

結果だけ見ると完勝なんですが・・・チャンスの作り方が自分達で作れていなかったのであのクラスの投手から
チャンスをどうやって作るか選手一人一人がもっと考えていかないと今後は厳しいなと思います。

二試合目の低学年
低学年監督、ヘッド共に不在だったので指揮を取りましたが。
本当に成長しているなと思います。
この時期に完封は凄いなと思いますししっかり野球になっていました。
ちょっと人数が少ないので休みを考えるとなかなか練習試合を組めませんがもう少し試合をさせてあげたいなと思います。

そして三試合目
1試合目にスタメンを外した2人にチャンスをあげますが二人ともに結果を出しました。
1試合目から外れた二人も1試合目で良いプレーが有りました。
嬉しい悩みが出て来ました。

選手達には、いつも言っていますが逃げない事 そして諦めない事 小学生の時にこういう経験をするのは、
酷な部分は有りますが将来きっと役に立つと思います。

今の中三の選手達ですがやはり野球を始めるのが遅くて最後の最後までスタメンは勝ち取れませんでしたが
中学でも野球を続けて県大会出場チームの主力として活躍しました。

彼達も最後まで諦めずに良く練習していました。
そして最後の方は、結果も出せるようになってきました。
その後は、小学校時代の悔しい思いをぶつけるように練習して立派な選手になったのだと思います。

小学校の時に主力で活躍していた選手もシニア・ボーイズに行くと否応なしに競争にさらされます。
高い所を目指せば目指す程、競争はつきまといます。

この競争を勝ち抜いたという自信が公式戦で活きてきます。
そして、例えそこで結果が出なくても努力した過程というのはその選手の将来にマイナスにはならないと思います。

あの時、もっとやっていれば良かったと思わないように最後まで諦めずに全員が出来ればきっとこのチームは
もっと良いチームになれると思います。

来週から始まる大会でも全員で競争して成長してそして結果を出して全日本予選に入れるように頑張りましょう。

Posted on 2018/02/19 Mon. 12:13 [edit]

category: 2018

tb: 0   cm: 0

練習試合 三戦目  

2/11 練習試合

●2-3x 豊田キッドシャークス(A戦)
△6-6 豊田キッドシャークス(A戦)

3連休は、練習2日、練習試合1日という予定でした。
日曜日の予報が悪かったので今週も流れてしまうかなと心配しましたが
冬場の九十九グランドは状態が良く無事に消化する事が出来ました。

初回からチャンスを作りますがやる事がきっちりできずにチャンスを潰していきます。
流れが悪い中、何とか先制しますが1点差のまま終盤に入ります。
練習試合は、内容が大事で勝敗は二の次という考え方も有りますが接戦になった事で公式戦を意識して勝ちに行きました。
しかし、1-2で迎えた最終回に逆転サヨナラ負けという結末でした。
勝ちに行っていただけにとても課題が多い試合でした。

二試合目は、メンバーをお互い落としていたので勝敗はあまり気にしていませんでしたがこちらも接戦になり途中から勝ちに行きましたが
逆転され再度逆転するも追いつかれとシーソーゲームを取りきれませんでした。

新人戦優勝で忘れかけていましたがこの代の選手達は、接戦を落として何度も悔しい思いをしてきた代です。
力的にはあると思うのですが接戦になるとどうも慌ててしまう事が多いと思います。
新人戦で克服出来たかなと思っていたのですが・・・・

今日の試合では、その頃と同じような継投をしましたがやはり克服出来ていないように思いました。
改めてこの代の戦い方というのをもう一度見つめ直し力を発揮出来るチームに仕上げていく必要があると思いました。
そういう意味では、もしあのまま勝っていたらまた目を瞑っていたかも知れませんのでこの時期に練習試合でこういう経験をさせてもらった事に感謝したいと思います。

豊田さんとは、監督一年目から交流させて頂いていますが今年で三人目の監督さんとの対戦でした。
しかし、監督さんが替わっても毎年、毎年 同じような”のびのび野球”でここがぶれないと言うのは本当に凄いなと思います。

力的にも今年は、拮抗していると思うので機会あればまた交流させて頂ければと思います。

Posted on 2018/02/13 Tue. 15:59 [edit]

category: 2018

tb: 0   cm: 0

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード


▲Page top