FC2ブログ

東金東クラブ (旧東金東サンダース)ブログ

2015から東金東サンダースと豊成ビクトリーズは、登録名を東金東クラブに変更しました。

ロッテ旗 山武郡市予選 二連覇!  

6/23 ロッテ旗 山武郡市予選

〇12-0 大網・白里連合
〇10-2 成東ファイターズ

6/23 は高学年の公式戦が午後から予定されていましたが延期となりました。
遠方での試合なので行って中止というのは、非常につらかったのでお気遣い頂き感謝致します。

午前中、練習後 午後は雨予報の為、決勝の応援に行ってきました。
結果、見事に優勝しロッテ旗山武郡市予選 二連覇達成です。
毎年メンバーが替わる少年野球における連覇というのは非常に難しく代表はじめ低学年スタッフが低学年育成を
しっかりチーム全体で行っている結果だと思いますので非常に誇らしいです

試合の方は、低学年らしいと言えば低学年らしい試合でしたが3試合で2失点という事で
投手を中心とした守りの野球がしっかり出来ているのが勝因だと思います。

中盤接戦の中での6番バッターのタイムリー ここが勝負を分けたと思います。
誰でもヒーローになるチャンスがある野球というスポーツそして試合ごとにヒーローが替わる東金東らしいタイムリーで非常に嬉しかったです。
将来が楽しみな選手なのでこれをきっかけにもっともっと活躍出来るように頑張って欲しいと思います。

また、チーム全体でも我慢が良く出来ていたと思います。
この部分は、ここ三カ月でとても成長した部分だと思います。
全員がチームの為に成長出来ていると思います。

ただし、まだ県大会出場が決まった訳では有りません。(枠が決定しておらず南総との決定戦がある可能性が高いです)
また、この代の選手達が目指しているのはもっと上だと思います。
そういう意味では、県で勝っていくにはまだまだ力が足りません。

また、練習をたくさんして上手くなって欲しいと思います。
スポンサーサイト



Posted on 2018/06/25 Mon. 10:00 [edit]

category: 2018

tb: 0   cm: 0

ロッテ旗 山武郡市予選 二回戦  

6/17 ロッテ旗 山武郡市予選 準々決勝

〇12-0 松尾ブルーウイングス

前日の雨で一日順延となったロッテ旗 予選

東金東クラブも初戦を迎えました。
相手は、松尾さん

ちょうど昼時だったので高学年は、昼休憩を兼ねて応援に行ってもらいました。
低学年・高学年をきっちり分けて別チームとして活動するのも良い所も有るのですが
うちのチームは、人数が少なかった事も有り例年、高・低一緒に活動する事が多いです。

最近は、部員も増えて来たので別々に練習する事もありますがこの部分がこのチームの伝統となりつつ
有る部分だと思いますので監督をしている間は、基本的に続けていきたいと思います。

前日の練習では、高学年が練習相手となり低学年を送り出す形を取りました。
いつも高学年の応援をしてくれる低学年の為に、真剣に練習相手になってくれていたと思います。

そして当日は、私は不在でしたが心強い応援を送ってくれたと思います。

試合の方ですがスコアのみでの感想ですが非常に良いゲームだったと思います。

・ノーエラーだった事。
・下位打線が得点に絡んでいる事。

もちろん、何人かの中心選手はいるのですがたまにノック等を打つと控え選手やレギュラーでもぎりぎりの選手の成長に驚かされます。
低学年スタッフとても良く教えてくれていると思います。

絶対に勝つ! 強い気持ちを持って勝負に拘る! これも良い所、悪い所有りますがずっとそうしてきたチームです。
準決勝・決勝は高学年の試合と重なっているので応援も行けませんが低学年チームの躍動期待しています!

Posted on 2018/06/18 Mon. 12:15 [edit]

category: 2018

tb: 0   cm: 0

スポーツ少年団 千葉県大会 準決勝・決勝  

6/9 練習試合
低学年
〇12-1 豊田キッドシャークス

6/10 スポーツ少年団千葉県大会
準決勝
〇4-3 千城台レッドシャーク
決勝
●2-8 大森フライヤーズ

5/13 に開幕したスポーツ少年団千葉県大会 約一か月の長丁場になりましたが
最終日、最後のゲームまで進出する事が出来ました。

残念ながら決勝で敗退し千葉県の頂点には、またもや届きませんでした。

一昨年の三位 そして今年の二位 ・・・次こそは・・・と正直、まだそういう気分には
なれませんが弱小チームだったこの代が県の決勝までこれたというのは、本当に立派だったと思います。

練習は、裏切らない・・・成長した選手達を誇りに思います。

試合の方ですがまずは準決勝
心配された雨もほとんど降らず気温も低くベストコンディションで戦えました。
前日、レギュラーの選手が突き指して非常に焦りましたが何とか大事に至らず試合はベストメンバーで戦えました。

相手は、昨年度優勝の千城台レッドシャークさん。
非常に良いチームという評判通り体も大きくスイングも良いので良く練習しているチームだなという印象です。

この試合の事は、正直はっきりと覚えていません。
それ位の熱戦でどちらが勝ってもおかしくない試合でした。
最高のゲームを最高の舞台でやってくれたと思います。

間違っているかも知れませんがこんな感じの展開だったと思います。

初回に先制するも裏の攻撃で1死三塁を作られ同点のピンチを好プレーで凌ぎ
その後、同点に追いつかれるも下位打線の連打で3点差とする。
しかし、ノーアウトから一塁からフェンンスオーバーのエンタイトルを打たれ
その後、二者生還させるも1点差で凌ぎ最終回の攻防へ

相手チームは二番からで二番、三番、四番は本当に良いバッターだったがこれを三者凡退。
最後は、渾身のストレートで空振り三振

1時間32分くらいのナイスゲームだったと記憶しています。

この試合でもサインミスも有り完璧な試合だったとは言えませんがこういう試合を沢山落として来た
チームがこの大舞台で成長した姿には感極まるものがあり本当に嬉しい勝利でした。

そして決勝戦

ちょっと試合前に本部の関係者の方と話していた感じでは決勝は後日になるかもという事だったので
準決勝に全てをかけて戦えと言ってしまったので選手達の気持ちが切れてしまったように思います。
ただ、準決勝は、決勝の事を考えて戦っていたら勝てなかったとも思います。

私もはじめて感じる位 疲れていて選手達のケアを十分出来ずに試合に入ってしまったように思います。
初回に先制され4回に同点に追いつき白熱した展開だったのですが5回から雨脚が強まりエラーで勝ち越しされます。

そして最終回となった6回 完全に集中力が切れてしまい一挙に5失点 裏の攻撃も1点止まりで目標としていた関東大会には出場出来ませんでした。
天が味方してくれなかった・・・というのが正直な気持ちですが相手も条件は一緒・・・精神的な部分で
決勝に上手く気持ちを切り替えられなかったのが敗因だと思います。

1-3 から何とか二死満塁を作り一番信頼している打者に回す事が出来たのですがそこで一発が出ませんでした。
それでももう一度チャンスを・・・おそらく選手達にこの時には気力が残っていなかったように思います。

この選手に敗因を押しつける気は全く有りません。
ただ、あそこで打てばヒーロー 打てなければ・・・ 野球ってそういうスポーツなんですよね。

まだ全てが終わった訳では有りません。
というか野球人生はこれからが本番です。
この経験をこれからの少年野球にそして中学・高校で活かしてもらいたいと思います。

千葉県の市町村代表 63チームによるトーナメントでの準優勝・・・東金東クラブの新たな歴史になりました。
後輩達が次は、この歴史を塗り替えてくれると信じています。

最後に低学年
今週からロッテの予選が開幕しています。
GW以来、試合から遠ざかったいたので練習試合を組ませて頂きました。
少し試合勘の無さから立ち上がり不安定でしたが力のある学年だと思います。
何となく、試合に入らずにしっかりと集中して自分達の力を発揮出来れば優勝出来ると思います。
今年から新体制で私は、低学年の指揮は取りませんが今まで一生懸命教えてくれた監督・コーチの為に必ず優勝してきて欲しいと思います。

Posted on 2018/06/11 Mon. 10:52 [edit]

category: 2018

tb: 0   cm: 0

スポーツ少年団 千葉県大会準々決勝&南総大会  

6/2 南総大会 二回戦

●1-1(4-5) ちはら台ファイターズ

6/3 スポーツ少年団千葉県大会 準々決勝

〇7-0(5回C) 長南グリーンウエーブ


今週は、高学年の公式戦が土日に一試合ずつありました。
まずは、南総大会の二回戦

南総も勝ち進むと強いチームと沢山、対戦させて頂けるので出来れば
一試合でも多く、勝ち進みたいと思っていましたが残念ながら敗退となりました。

スポ少の方が完投OKという事も有り二番手、三番手投手に登板機会が無いので
この試合は、先発投手をいつもと入れ替えました。

非常に良い投球をしてくれて4回を1失点で先発の役割を十分果たしてくれました。
こちらの攻撃がガタガタで普段出ないようなサインミス、走塁ミスも沢山、出てしまい中々、波に乗れません。

何とか同点に追いつきエースも登板させますが1-1のまま7回を終えます。

特別ルールになると先攻が不利ですが4点取り相手の攻撃で1点失うもレフトゴロで
ワンナウト1塁・2塁 その後、ツーアウト2塁・3塁となり3点差でツーアウト
ほぼ、勝てたと思ったのですが・・・ここから消極的なエラーで1点差 そして
相手の必至の繋ぎに合い最後は、パスボール・・・で幕切れとなりました。

この試合から選手たちが感じた事・・・長生の森という素晴らしい球場で
ちはら台さんと対戦させて頂けた事 この敗戦、経験を明日に必ず活かすという話をしました。

正直、負けた方も試合内容も悪かったのですがこの試合でチームに蔓延しはじめた
おごりという部分が取れて非常に引き締まったように思います。

そして翌日のスポーツ少年団 千葉県大会 準々決勝

相手は、ダブルでこちらはシングル 平等な条件でやらせて頂ければとも思いましたが
今年は、天候、学校行事でついに予備日最終日まで来てしまっているので相手チームには
申し訳ありませんが仕方ないかなとも思いました。

この規模の大会で日程を調整してくれているスポーツ少年団関係者の皆さんには感謝しか有りません。

準々決勝の相手は、長南さん

一昨年のスポーツ少年団でも対戦させて頂きました。
非常に良い投手がいたのを覚えています。

試合の方ですがいきなり三者三振で立ち上がり二回に4点、三回に1点、4回に2点と終始優位に進めます。
昨日のようなミスも無く、自分たちの力を発揮出来たと思います。

最後は、センターからのバックホーム タッチアウトでゲームセットとなりました。

これで最終日 開会式をやった青葉の森にようやく帰る事が出来ます。
ここまで来たら優勝を意識しますがベスト4に残ったチームはどこも強いチームばかりです。

次の一勝、そして最後の一勝 ここから先は全て東金東の新たな歴史になります。

チーム合併から4年 前身の連合時代を含めると5年
沢山の人の協力のもと出来上がったチームです。

応援してくれる全ての人達の為に選手たちが青葉の森で躍動してくると信じています!!

PS: 昨日、今日で体験の子 3人来てくれました。
どの子もとても将来、楽しみな子でした。
是非、一緒に野球やりたいな^^

Posted on 2018/06/03 Sun. 17:33 [edit]

category: 2018

tb: 0   cm: 0

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード


▲Page top