FC2ブログ

東金東クラブ (旧東金東サンダース)ブログ

2015から東金東サンダースと豊成ビクトリーズは、登録名を東金東クラブに変更しました。

6年生選抜 代表決定戦  

10/28

6年生選抜 九十九支部代表決定戦

○山武選抜 6-2 南総選抜


今日は、自チームの話では無く今年の監督をしています山武選抜のお話です。

九十九地域は、山武と南総に分かれていて基本的に各大会の予選も別で行われます。
県大会の出場枠によっては代表決定戦が行われます。
全日本学童や関東学童などは地域一枠なので毎年、行われています。

そして、毎年 最後に来るのが今回の6年生選抜 代表決定戦です。

ろうきん旗、直後に行われた選抜選考会から約2ヶ月間 まずはこの試合を勝つ為だけに活動してきました。
昨年は、大敗し3年連続で出場を逃していますので今年は何としてもという思いが強かったです。
(私は、一昨年が監督、昨年がコーチでベンチに入っています)

選抜に選ばれなかった選手の分まで何としても勝とうとこの2ヶ月の間にやってきました。
作戦面等で選手に戸惑いがあったと思いますが今日の試合は、サインミスも無く良く二ヶ月で
覚えてくれたなというのが正直な所・・・本当は、もっと細かい事もやりたいのですが選手の
頭から湯気が見えていたので今年はこの位にしています(笑)

試合の方ですが非常に良い流れで初回を0に抑え裏の攻撃で一二番が連続ヒット・・・までは良かったのですが
山武が誇るクリーンナップが凡退で絶好のチャンスを逃します。

流れが変わり大ピンチを迎えますがとても良いプレーが出てピンチを乗りきりますがまだ流れは相手チームという
感じで序盤の攻防を終えます。

3回裏 ツーアウト3塁で平凡なサードゴロ、苦しい展開が続くかと思われましたが相手ミスがあり先制に成功
更に2点加点して非常に大きな三得点を得ます。

更に4回裏は、ここまで練習してきた攻撃を展開して選手たちが躍動 4回終わって6-0と大きく勝ち越します。

一発勝負ですので試合が終わるまで絶対に緩めるなと鼓舞しますがあと1点が奪えず最終回まで進みます。

簡単には終わらないだろうと思っていましたがやはり大ピンチを迎え投手交代しますが2失点・・・
何とかツーアウトを取りますが6-2 で満塁・・・左中間にかなり良い当たりを打たれピンチが続くと思いましたが
レフトが果敢に捕りに行きファインプレーでゲームセットとなりました。

3年越しの悲願 ・・・ ようやく6年生選抜の県大会に出場する事が出来ます。

このチームにかかわってくれた全ての方に感謝致します。

ろうきんの予選を控えている中で自チームの事を見れる時間がほとんど取れなくなっていました。
そんな中で選抜の事を理解してくれて決定戦の応援にも駆けつけてくれた東クラブの6年生と保護者の方達には、
特に感謝しております。
今日、勝てた事がせめてもの恩返しになってくれればと思います。

来月下旬に県大会がはじまるのでそれまでまだまだ、迷惑を掛けてしまうと思いますが今度は、九十九地域
100名余りの6年生の代表なので今日負けた南総さんと選ばれなかった他の6年生の分まで県大会で躍動出来る様に
準備していきたいと思います。
スポンサーサイト



Posted on 2018/10/29 Mon. 10:19 [edit]

category: 番外編

tb: 0   cm: 0

終戦  

ろうきん旗千葉県大会
●0-4 西新田こども会

さんむカップ
●2-9 八街マリーンズ

しばらく試合から遠ざかっていましたが8月の終わりに開幕したろうきん旗千葉県大会の初戦で敗れ終戦となりました。
試合の方は、9残塁と拙攻となってしまいましたが信頼している打者の所でチャンスだったのであまり采配に悔いは残っていません。
エラーが絡んで初回と6回に二点失った部分は悔いが残りますがこれも慣れないポジションを守らなければならなくなってしまった事情も有り
仕方なかったと思います。

千葉日報直前に主将が離脱してそこからなかなかベストメンバーを揃える事が出来なかった事で
チームとしても失速・・・主将の穴は、思った以上に大きかったというのが正直な感想です。

ただ、この試合でようやく打席に立つ事が出来ました。
中途半端な打席になってしまいましたがそれでもあそこに立ったというのが嬉しかったです。

主将抜きで戦った予選 ・・・チーム一丸となって優勝を勝ち取りました。
そして多くのチームの集大成となる千葉県大会に進む事が出来ました。

とても怪我人が多い学年でしたが皆、ボロボロの中で4年生含めて何とか穴を埋めて一年間戦ってきてくれたと思います。
残す所は、あと2大会になりますがこちらは、野球を楽しんで戦って欲しいと思います。

大急ぎで戻って5年生以下のさんむカップです。
主力選手にはかなり酷だったと思いますが練習不足 ・・・それだけです。

今まで先輩達がなぜ結果を出して来たのかどうやって少年野球を過ごして来たのかを話しました。
やるのは、選手です。
この時期の大敗というのが将来、良い方に転んでくれるこれをきっかけに変わって欲しいと思います。

Posted on 2018/10/22 Mon. 09:41 [edit]

category: 2018

tb: 0   cm: 0

進路 10月編  

○6-4 松尾ブルーウイングス(5年生以下)
○12-1 松尾ブルーウイングス(4年生以下)

三連休のうち二日間は、選抜でほとんどチームを見られませんでした。
中日も体育祭とシニアの方も有り午後から少し練習を見られた程度でした。

県大会を控えているのでチームの活動もしなくてはいけませんが
選抜という地域を代表するチームを率いている責任もあるので・・・難しいですね。

三連休 最終日は、練習試合を行いました。
スコアだけでは有りますが4年生以下の試合ではかなり打っていたようですが
5年生以下は厳しかったようです。

特に来年は、新6年生が少ないので投手の育成が鍵になってくると思います。

今は、昔より投手への負担というのは少なくなってきていると思いますが
練習試合を多く重ねるには投手の枚数が相当必要だなというのを感じています。

小さい頃から治しても投げ方ってなかなか治りません。
ただ、怪我をして試合に出られない選手を見ているともっともっと根気よく
この部分だけはやらないとダメだなと思っています。

ここに来て6年生は、もう一枚作り始めたという感じですが結構、面白いかも知れません。

春先の練習試合からどんどん投げさせて色んな子に投手経験を積ませて最後は誰でも
投げられるくらいのチームにしていかないと今の時代一年間厳しいのかなと思います。

6年生は、そろそろ色んな中学野球の指導者の方が挨拶に来てくれる時期が来ました。

みんなそれぞれの思いでチームを選んでいくと思いますが特に硬式をやる選手は、
お父さん、お母さんと良く話し合いチームを決めて欲しいと思います。

高校野球と違って中学硬式というのは、選手だけ頑張ればというチームは少ないと思います。

どこのチームでも多かれ少なかれ保護者の協力は必要になってきます。
親子で納得して決めたというのが大事だと思います。

そんな中学野球で頑張っている卒部生から嬉しいニュースが届きました。

一名 東日本の代表として台湾遠征のメンバーに選ばれたとの事です。
久しぶりに一試合まるまる見ることが出来ましたがギアチェンジが出来る選手になっていました。
とても自信があるように見えました。
話すと当時のまま・・・・聞き取れない位の声で何か言っていましたが・・・マウンドでの成長がとても嬉しかったです。

合併する前なので関わった期間は少ないですが高校野球の方も県大会ベスト4まで進みそこのクリーンナップを任せられている選手もいます。

他にも卒部生の話は、色々 聞いています。
今、悩んでいる・苦しんでいる子もいます。

それぞれの進路が正しかったかは分かりません。
もちろん、監督としてどういうチームが合っているかは助言させて頂きますが
それが自分で決めた道 お父さん、お母さんと一緒に悩んで決めた道なら終わった時に後悔はしないのでは無いかと思います。

成長した姿を見るのも楽しみですが悩んでいる時にグランドに顔を出してもらうのも嬉しいもんです。
何かあったら気分転換にグランドに顔を出して欲しいと思います。

Posted on 2018/10/09 Tue. 17:06 [edit]

category: 2018

tb: 0   cm: 0

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード


▲Page top