FC2ブログ

東金東クラブ (旧東金東サンダース)ブログ

2015から東金東サンダースと豊成ビクトリーズは、登録名を東金東クラブに変更しました。

全日本学童九十九支部代表決定戦  

全日本学童九十九支部代表決定戦

●2-4 豊田キッドシャークス

この代の最大の目標と思っていたマックトーナメント千葉県大会への出場は、あと一歩の所で届きませんでした。
結果は、悔しいですがこの代としてはここまでやりきって来たのでやってきた事には後悔していません。

この試合は、豊田さんの気持ちの方がうちを上回った結果だと思います。
野球を長く続けていけば負ける事、どこかで挫折する事 必ずあると思います。

その時にこれから何をするのか今度、同じような思いをしない為に何をするのかそれによって
この子達の野球人生が変わってくるのだと思います。

保護者・スタッフ・選手 とても悔しい思いをしたと思います。
寝られなかった人もいたと思います、どんなに悔やんでもこの日というのはやり直し出来ません。

ただ、親子で熱く 同じ夢を追いかける 親子で勝って喜ぶ、負けて悔しがる
真剣にやっている選手と保護者で無ければ出来ない事だと思います。
(いい加減にやっている人程、他人のせいにして終わりだと思います。)

色々な事情があって東金東クラブに集まった選手・保護者の方達には、この地域で一番大きな試合まで進んだ事だけは、誇りに思って欲しいと思います。
そして選手には、応援してくれる人がいるという事を忘れずに今後も頑張って欲しいと思います。

試合の方ですがここまでチームを引っ張ってきたエースが故障明けという事も有り主将に先発を託します。
大舞台の緊張もあったと思いますが見えないミスが二つ有り2点を先制されます。

ただ、今後、同じミスをしないでくれればそれで良いと思います。
裏の攻撃ですぐに1点返し追撃態勢を整えます。

しかし、豊田さん 良くバットが振れていてタイミングも合っていたので3回にエースをあげます。
絶好調に見えたのですが3回終了後に違和感が有るとの事だったのでここで無理をさせる訳にもいかず主将と心中と決めます。

しかしさらに2点加えられます。
1-4 3点差であればワンチャンス そう思いながら終盤に進みます。
この試合のターニングポイントは、初回の攻防と5回の裏のこちらの攻撃です。

流れを変えるようなプレーがこちらに何度も出ていたので必ずもう1回はチャンスが来ると思っていましたがそれが5回の裏でした。

下位打線でノーアウト2塁・3塁を作り1点差にするか一気に同点を狙うかという回でした。
打順の巡り合せも考えもう二本ヒットが出なければ追いつけないという場面でしたが同点を狙いに行きました。
しかし、一点どまりでいよいよ追い詰められました。
この場面も自分が信じた選手が一生懸命やった結果なので後悔はしていません。

その後のピンチも凌いだのでもう一度、チャンスが来ると思いましたがそのままゲームセットとなり残念ながら予選敗退となりました。

大きな試合の敗戦の後はいつもそうなのですが試合後はそれほど実感が湧かないです。
しかし、徐々に徐々に負けた事を理解していき実感が湧いてきます。
そういう意味では、この週末の二日間あまり寝られなく長い週末でした。

そして、気になった事が一点 ・・・・敗戦の後の選手達 あまり落ち込んでいないようでした。
やれる事を精一杯やった結果の表情 それともまた違いました。

良い所でもあるので引きずって欲しい訳では有りません。
でもまだ勝ちたいという気持ちが足りないのかなとも思います。
選手にはその事も伝えました。
ここで怒鳴ってやらせるのは簡単ですがそれでは、やらされている練習 選手が自分達でやりたいと勝ちたいと思うしかこのチームが勝てるようにはならないと思います。
こういうビックゲームを落としてからどんどん弱くなっていったチームも強くなっていったチームも両方見ています。

是非、後者になれるようにもう一度 自分達を見つめ直して頑張って欲しいと思います。
スポンサーサイト

Posted on 2018/03/26 Mon. 12:12 [edit]

category: 2018

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://tunders89.blog.fc2.com/tb.php/304-dc630eb8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード


▲Page top