東金東クラブ (旧東金東サンダース)ブログ

2015から東金東サンダースと豊成ビクトリーズは、登録名を東金東クラブに変更しました。

スポ少 千葉県大会開幕  

●0-7 矢指スポーツ少年団

スポーツ少年団千葉県大会が開幕しました!
昨年はベスト4に残った思い出の大会 毎週毎週の我孫子遠征 大変だったけど楽しかったな・・・

一回戦の相手は、東総地区の春のチャンピオンで力の差は有りましたが試合内容的には
四死球もエラーらしいエラーも無く締まった試合でした。

初回に連打で5失点 その後はお互いに0行進でしたが5回に二点追加され力尽きました・・・
ちょっと思い出せない位に久しぶりのコールド負けです。

初回の展開から酷い試合になってしまうかなと思いましたが選手たち良く集中して二回以降は、
ゲームを作れていたと思います。

打線の方も相手エースに真っ向から向かってチャンスは作れていたものの決定打が出なかったです。

今日の試合・・・日報予選で負けてからやってきた事が随所に見られ私としては成長したと思えた試合でした。

県大会レベルの戦いが出来るようになってきたようにも思いましたが県で勝っていくチームと
決定的な差を見た試合でもありました。

特に外野の守備範囲の差・・・ここは埋めようがないと思う程の差を感じました。

この話は、選手たちにしましたが今日の試合でうちの外野の特定の選手を責めた訳では有りません。
ただ、練習の時にどういう気持ちで臨むかで変えられる部分なのでこれから頑張ろうという話をしました。

試合後に選手には、時間がかかったけどやっとスタートラインに立てたという話をしました。
自分達のスタイルと課題がはっきりと見えた試合だったと思います。

選手たちも納得して聞いていたように思えました。

もしかしたらこの代は、私が少年野球で教えたい事、伝えたい事 教えきれないかもと思っていましたが
やっと不安より期待の方が上回る所に来れたように思います。

コールド負けで何言ってんのと思うかも知れませんが・・・なかなかレールに乗る事が出来なかったチームが
やっとレールに乗ってスタート出来る・・・私としてはそういう感覚になった試合でした。

これから脱線しないように鈍行から快速・特急・新幹線 せめて特急くらいにならないと県大会は難しいですが
少しだけ可能性が見えたそんな試合でした。

また来週から頑張りましょう!

Posted on 2017/05/14 Sun. 21:43 [edit]

category: 2017

tb: 0   cm: 0

GW 全14戦での変化  

4/29 千葉日報予選
●0-8 鳴浜BBC (6年生以下)

4/30 練習試合

●1-6 辰巳ハニーズ

5/3 エアーフロント低学年

○ 9-1 松尾ブルーウイングス(4年生以下)
● 2-10 大網・九十九里連合(4年生以下)

5/3 練習試合

●2-4 オール五井ヤップオーシャン(6年生以下)
○10-3 鳴浜BBC(6年生以下)

5/4 エアーフロント低学年 二位リーグ
●4-13 弥勒少年野球(4年生以下)
●2-4 成東ファイターズ(4年生以下)


5/5 練習試合

○8-3 市原若宮ウイングス(4年生以下)
●7-8 市原若宮ウイングス(5年生以下)
○6-5 市原若宮ウイングス(6年生以下)

5/7 練習試合

○10-1 南条日吉スポーツ少年団(4年生以下)
●0-10 南条日吉スポーツ少年団(6年生以下)
○20-3 南条日吉スポーツ少年団(5年生以下)

今年は、GWがとても長く感じましたが全14戦 皆さんのおかげで乗り切る事が出来ました。
6勝8敗という結果には満足出来ませんが各年代沢山の試合経験を積んで成長している部分を感じる事が出来ました。

昨年王者として臨んだ千葉日報予選は、準々決勝で敗退
中盤まで競りますがちょっとした事でリズムを崩し最終回までいきますが結果、0-8・・・
相手チームの良い所が出てこちらの悪い所が出た結果 最後は一方的な展開となってしまいました。
この試合のあとに選手たちにじっくり話をしました。
ここで変わる これから変わる ずっと言い続けてきている事ですがやるのは選手です。
自分の言葉をどのように感じどういう気持ちでこれから練習に取り組むのか・・・良い方に行ってくれると信じてやっていきます。

続いて辰巳さんとの練習試合
前の日と同じようなミス・・・取り返すという強い気持ち・・・野球がわかっていない。
指導力不足です。 力の差がある相手ですがもっと接戦に持ち込める展開になる場面がいくつかありました。
致命的なミスをするのも野球・・・ミスが目立つのも野球・・・活躍したのが目立つのも野球
状況・場面が頭に入っていればしなくて良いミス・・・まずはこれを無くしていかないと・・・
二日間で同じようなミスをした選手の親御さんはとても落ち込んでいましたが諦めたら終わり出来るまで諦めず頑張って欲しいと思います。

GW 後半のスタートは、高学年だけでは人数が足りないので九十九里さんと連合で試合を行いました。
一人・二人入るとチームが変わる・・・まさにそんな試合だったと思います。
一人一人が成長すればきっとチームは変わってくると思います。

低学年はエアーフロント 1勝3敗の8位という成績でした。
私はこちらに行っていたのですが低学年は、主力が2年生という事でかなりきつかったですが
試合経験を積む事でとても成長した試合だったと思います。
もっと活躍したい・・・そう思ってくれれば低学年は良いと思っていますので今後の練習に変化が現れる事を期待しています。

GW も終盤若宮さんと南条さんと練習試合を行いました。

私は、バッティング練習のメニューは色々、工夫するのですがスイングは最低限しか直しません。
これはバッティングには正解がない・・・過去に10割を打った打者がいないからです。
その子の持っている個性・感覚を大事にという方針です。

しかし、このままではという事で前日の練習から思い切って修正をしました。
そんな付け焼刃でと思うかも知れないのですが打席に入る時の気持ち、打つ時の気持ち この辺を教えました。
南条さんのエースは今打てるレベルに無かったですが他の試合では振りが変わったように見えました。
打球も鋭くなりました。
覚醒したと思われる選手もいました。

ちょっとしたきっかけで変わってくれる選手を見ているとやはり少年野球は教えがいがあるなと思います。
さて、いよいよ6年生に残された県大会をかけた戦いもろうきんだけになりました。
まだまだ、とても幼さを感じる6年生二人ですが・・・最後、どこまで成長するのか楽しみにしています。

Posted on 2017/05/09 Tue. 13:17 [edit]

category: 2017

tb: 0   cm: 0

日報杯山武郡市予選 初戦  

千葉日報・関東学童山武郡市予選一回戦
〇6x-5 九十九里Jrオーシャン

日報杯と関東学童の予選が一緒になって三年目でしょうか?
県大会まで通じる大会が減ってしまい
春先にろうきん以外の成績が決まってしまうので世代交代をどのように進めていくかが勝負になってしまいます。

初戦の相手は、盟友九十九里さん
練習試合の時は、人数的にも相当苦労されているという印象でしたがここに来て新戦力が加わり
チームとしてのまとまりも出て来ているように思いました。

この試合は、流れが相手に行ったりこっちに行ったりで最後までもつれる展開でした。
初回ツーアウトランナー無しから先制を許し最初に主導権を握ったのは九十九里さん
二回に長打を絡めて逆転した後は、終始こちらに流れがありました。

この試合は、結構 難しい采配が必要な試合でしたが一三塁から失点覚悟の盗塁阻止と
大事な場面でのスチール 根拠がある中での作戦でしたが失敗していれば完全に監督の責任だったと思います。

6回終わってあと2分という所で5-3で最終回に入ります。
6回の守備で三者凡退に抑えられればほぼ勝てると思っていましたがランナーを出してしまったので最悪、同点
ミスが出れば逆転まであるかなと思っていましたが悪い予感的中で同点に追いつかれます。

ここからは特別ルールに入った時を意識して戦いますが何とか裏の攻撃で一点もぎ取りサヨナラで準々決勝に進む事が出来ました。
公式戦なので一番大事なのは結果・・・良く勝ちきってくれたと思います。
負けていれば立ち直るのに相当苦労したと思います。

それ以上に成長した部分というか・・・守備の要の選手にうまく伝えられていなかったがずっと気になっているプレーが有って
そのプレーをきっかけに最終回同点に追いつかれてしまいました。

かなり、きつい言い方をしたと思うのですがあの場面であの言葉をかけられた事でかなり印象に残ってくれていると思います。
練習等で10回言うよりもあの場面で言った事に意味があってきっと変わってくれると思います。
きっと、中学高校でも野球を続けてくれる選手だと思います。上でやるには、ここだけは直さなければいけない部分なので一緒に直せるよう頑張って欲しいと思います。

この選手とは別の選手ですが試合後に少し練習を行いこの日は解散したのですがもう日も傾いた頃、用事がありホームグランドに行った所、
まさかと思いましたが練習している選手がいました・・・まだ低学年ですが上手くなる訳だよな・・・野球が好き 上手くなりたいとはこういう事
こんな選手がうちのチームに居てくれている事をとても嬉しく思いました。

Posted on 2017/04/24 Mon. 09:45 [edit]

category: 2017

tb: 0   cm: 0

春季南総大会開幕  

春季南総大会 一回戦

●1-7 辰巳ハニーズ

昨年は準優勝させて頂いた春季南総大会の開会式及び一回戦を戦ってきました。
相手は、ここ数年これでもかという位当たっている辰巳さん
毎年、練習試合もやらせて頂きとても親交のあるチームです。

今年も全日本学童予選の決勝まで進んでいますが惜しくも一点差で敗戦してしまったとの事です。

試合の方ですが正直、もったいない試合だったという印象です。
力の差は有り、なんとかロースコアで終盤にいってあとは、勝負のあやのような物がこちらに味方してくれるという展開で無いと
勝つチャンスは無いかなと思っていました。

二点先制された場面は不運なあたりが続いたのでこれは仕方なかったですが
何とか1点返して1-2で迎えた中盤の5失点 ツーアウト3塁からのエラーでそこから崩れてしまいました。
あそこを守れれば終盤もしかしたかも知れませんね。

大事な所でミスしない為に練習してミスが無いチームが勝ちあがっていくこれが出来るようになるのが
強くなったという事でこれが出来ないのだから実力不足・・・ここはこれで仕方なかったと思っています。

しかし、ミスした後 どういう気持ちでプレーするか・・・今日の試合も取り返すチャンスがありましたが
そういう気持ちが見えませんでしたのでその選手には公式戦の試合中では有りますがきつく叱りました。

今年のチームでは間違いなくチームを引っ張る立場の選手ですので代償は大きかったですがこの試合をきっかけに変わってくれると信じます。

この試合のあとは小学校に戻り 個人個人 課題と思っている部分の練習をしました。

練習の手応えというのがあるのですが前日の練習は、とても手応えが無かったです。
試合後の練習は、かなり手応えが有りました。
課題ごとに分かれて練習するには沢山スタッフが必要ですが皆さんよく協力してくれているので助かっています。

来週には、千葉日報の予選が始まります。
一年の1/3 がもう終わりました。
6年生に残されている時間は、ろうきんで県大会に行けなければもう5か月も有りません。

悔いの残らないようにここからもっともっと頑張って欲しいと思います。

Posted on 2017/04/17 Mon. 09:45 [edit]

category: 2017

tb: 0   cm: 0

天候  

ここの所、天候が悪く練習試合も流れ・・・なかなか思うようにチーム強化出来ていないといった状況です。
先週の日曜日は、試合出来る天候だったのですがチームレクと重なってしまいました。
・・・とは言え チームワークを高めるためにもレクの類は必要だと思っているのとこういうのも含めて少年野球なので
選手達が楽しそうにしている姿を見れたので良かったと思います。
朝早くから準備くださった保護者会の皆様、お疲れ様でした。

立て続けにレクの話ですが・・・始業式の後にマリンスタジアムに試合観戦&フィールドキャッチボールイベントが有り
参加してきました。

憧れの球場・・・ここで昨年試合をした事が遠い昔のように思えます。

今週は、抽選が二つありました。

ひとつめは、昨年準優勝した南総大会・・・これでもかという位 厳しいブロックに入りました。
一回戦の辰巳さんとはここ二年で本当に良くこの大会で当たっています。
今春も練習試合をさせて頂き、力の差をとても感じました。
どこまで喰らいつけるか・・・チームが変るきっかけになってくれればと思います。

二つ目は、日報・関東学童予選 こちらは一回戦で盟友との対戦となります。
この大会が終わると6年生にとっての連盟の公式戦は、ろうきんだけになります。
一戦一戦大事に戦って欲しいと思います。



Posted on 2017/04/10 Mon. 17:58 [edit]

category: 2017

tb: 0   cm: 0

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード


▲Page top